CoinEx |NFTの初心者向け入門講座

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

CoinEx |NFTの初心者向け入門講座

2021年、ブロックチェーンが軒並みブームとなりました。ビットコインとイーサリアムが最高値を更新し、強気市場を引き起こし、GameFiはAxie InfinityのPlay-to-Earnモードによって爆発的に普及し、典型的な新しいMEMEコインであるShiba Inuは市場の大きな興奮を引き起こし、ConstitutionDAO、BanklessDAO、CityDAOなどあらゆる興味深いDAOがキノコのように萌えたのです。

NFTの分野では、「Beeple’s Everydays (The First 5000 Days)」がクリスティーズで6934万ドルで落札されたこと、「クリプトパンク」が初期のNFTとしてトップを維持したこと、2021年5月に発売された「BAYC」がNFTアバターを新たなステージに導いたことなどが挙げられます。この1年間でNFT市場全体が繁栄し、Meebits、RTFKT、Art blocks、Loot appearingなどの有名なプロジェクトの出現を目の当たりにすることができました。NFTSCANの統計によると、イーサリアム上には少なくとも3900万件のNFTアセットと6500万件以上のNFTトランザクションが存在するとのことです。

しかし市場に殺到する初心者は、暗号詐欺の被害者になったり、過大評価されたNFTを購入したりする可能性が高いです。なぜならNFT市場では毎日たくさんの新しいプロジェクトが立ち上げられ、その多くが詐欺師によって運営されているからです。本日は、NFTの基本的なコンセプトから始まり、新しいNFTプロジェクトに関わる全プロセスを説明することで、NFTの簡単な初心者向け入門書をご紹介します。

1. ブロックチェーンノウハウ

NFTはブロックチェーンを利用したデジタル資産で、Openseaは現在、NFT市場の絶対的なリーダーとなっています。DeFiにおけるDEXと同様に、OpenseaにおけるすべてのNFT取引はブロックチェーンと相互作用します。つまり、メタマスク(https://metamask.io/)のようなオンチェーンウォレットを通じて直接NFTを購入する必要があるのです。そのため、基本的なブロックチェーンのノウハウが必要です。アカウントの登録、資産の移動、署名など、暗号ウォレットがどのように運用されているかを理解する必要があります。一方で、ニーモニックフレーズにも気を配り、不明なリンクのクリックや署名認証の提供は控える必要があります。暗号空間では、ウォレットのセキュリティは主要な側面です。

2. 有望なNFTの特定

現在市場にはNFTプロジェクトが溢れており、良いものも悪いものもあります。まばゆいばかりのプロジェクトに直面し、初心者はどこから手をつけていいかわからないことが多いでしょう。このような時こそ、有望なNFTを見極めることが重要なのです。

ここで提案したいことがあります。すでにNFTを購入し、そのようなプロジェクトに参加したことのある友人と話をしてみてください。NFTのユーザーは、その経験やアプローチに違いがあります。彼らはしばしばチャットグループ(Discordなど)でプロジェクト情報を共有し、多くの人がこうしたソーシャルメディアグループでチャットする際に新しいプロジェクトを紹介されます。さらに、TwitterなどのメディアプラットフォームのNFT KOLは、新しいトレンドのNFTプロジェクトを事前に調べることもあり、NFTのリリース前にそのようなプロジェクトに注目が集まります。

潜在的に有望なプロジェクトを特定するのに役立つNFTツールやウェブサイトも登場しています。例えば、NFT関連の統計を扱うウェブサイト「NFTGO」では、「Drops」というセクションで今後のNFTプロジェクトを紹介しています(https://nftgo.io/nft-drops)。オンチェーンデータ分析に特化したウェブサイト「Nansen」には、NFT分析のセクションがあり、新しいNFTのオンチェーン統計をリアルタイムで監視できる「Mint Master」という機能があります(https://www.nansen.ai/)。

3. コミュニティ分析

有望なプロジェクトを発見したら、コミュニティメンバーやKOLなどの第三者からの情報を精査して、そのプロジェクトの質を検討する必要があります。KOLがお金をもらって宣伝しているプロジェクトもあるので、見知らぬ人からの提案は詐欺師の可能性もあり、注意が必要です。NFTプロジェクトの品質に関しては、多くの基準があり、ユーザーはさまざまな基準に依存しています。初心者の場合は、フォロワー数、ユーザーエンゲージメント、人気度などの観点から、プロジェクトのコミュニティを観察するのが最も直感的な方法です。

ただしTwitterのフォロワー数は絶対的な基準ではないので、特にフォロワーを買ったり、エアドロップを提供したりして数をジャックするプロジェクトがあることを考えると、注意が必要です。そのようなプロジェクトに関しては、ツイートの質やユーザー背景に注意する必要があります。ツイートに「いいね!」やコメントをつけているユーザーのほとんどがフォロワー数の少ないアカウントであれば、そのプロジェクトのフォロワーは買われている可能性があります。逆に、多くのKOLもフォローしているユーザーがフォローしているプロジェクトであれば、信頼性が高いと言えるでしょう。

Discordは、NFTプロジェクトのもう一つの拠点となっています。優れたNFTプロジェクトのDiscordチャンネルは、タグが明確に付けられていることが多く、コミュニティ管理者が秩序を保ちながら初心者を指導し、プロジェクトチームのメンバーもコミュニティと交流しています。

4. プロジェクトの基本を検証する

有望なNFTプロジェクトを予備的にスクリーニングした後、そのファンダメンタルズについてより集中的な分析を行う必要があります。各NFTプロジェクトには、チームの背景、プロジェクトプロファイル、コミュニティ文化、ビジョン、個人の興味などの要素にまたがる、独自のストーリーと特徴があります。

-チーム背景

プロジェクトに投資することは、その背後にいるチームに投資することと同じであることが非常に多くなっています。これは、NFTの投資にも当てはまります。例えば、代表的なNFTプロジェクトであるCryptoPunksを支えるLarva LabsとBored Ape Yacht Club(BAYC)チームは、暗号コミュニティでよく知られている存在です。そのため、彼らの後続の新プロジェクトであるMeebitsとMutant Ape Yacht Club(MAYC)も強力なチームと大きな市場の熱意に支えられており、こうした大物チームが作ったプロジェクトが市場で支持されることが多いのは当然と言えるでしょう。

最近では、ポップ界のスーパースター、ジャスティン・ビーバーの「inBetweeners」、中国を代表する歌手ジェイ・チョウの「Phanta Bear」、NBAの伝説的プレイヤー、シャキール・オニールの「Shaq Gives Back」など、従来の主流だったセレブも自分に焦点を当てたNFTプロジェクトを発表し始めています。同時に、ナイキ、アディダス、コカ・コーラなど、多くのビッグブランドもNFT市場に参入しています。有名人や大企業が発行するNFTについては、その知名度だけで購入の判断をすることはできません。それよりも、そのプロジェクトの将来的な発展のためのロードマップを持っているかどうかを確認することが重要です。

とはいえ、名声だけがチーム評価の基準ではありません。ブロックチェーン領域には、草の根のサクセスストーリーがあふれています。例えば、BAYCを設立した時のYuga Labsのチームは、ごく普通の若者数名で構成されていただけです。むしろ、明確なビジョンとロードマップを持ち、プロジェクトに情熱を注いでいるメンバーであれば、信頼できるチームとみなされるのです。

-プロジェクト概要

NFTの範囲は広く何でもNFTになる、と言われています。Openseaでは、NFTのカテゴリにはアート、コレクターズアイテム、ドメイン名、音楽、スポーツカードなどがあり、よく耳にするNFTプロジェクトの中にはコレクターズアイテムがあります。Openseaの30日間の取引量によると、上位のNFTカテゴリは、猿のNFT(BAYC、MAYC、PAP)、人間のNFT(CryptoPunks、Doodles、World of Women)、有名人・ブランドのNFT(PhantaBear、CLONEX、Adidas Originals)、ランドNFT Sandboxが挙げられます。

-コミュニティ文化

NFTプロジェクト、特に草の根的な背景を持つプロジェクトは、多くの場合、強力で結束力のあるコミュニティによって支えられています。動物NFTから人間NFT、その他のNFTプロジェクトに至るまで、コミュニティメンバーは自分のお気に入りのプロジェクトに貢献します。例えば、プロジェクト開発への提案をする人もいれば、NFTをベースにしたミームなどの作品を作り、そのプロジェクトがより多くの市場に露出されるようにする人もいます。また、NFTのアバターに写真を変えたり、プロジェクト名をプロフィールに追加したり、Twitterで同じコミュニティのメンバーをフォローするなど、NFTを活用した新しいソーシャルメディアパラダイムが形成されています。

-文化や個人の趣味

文化や個人の趣味も広い範囲に及びますが、より主観的な要素に左右されます。たとえば、中国のポップミュージック界におけるジェイ・チョウの地位は、欧米のユーザーにはよくわからないかもしれませんが、ファンタベアの背後にあるIPは、中国語を話すユーザーの興味を容易に引きつけます。同じように、他の地域のユーザーは、欧米で人気のあるミームを評価しないかもしれません。NFTに投資する場合、初心者は市場に殺到するのではなく、自分が理解し、評価できるプロジェクトに固執すべきです。多くの人々にとって、NFTは単なる投機ツールではありません。より重要なのは、彼らが好む消費財であることです。

5. 一次参加

一次参加とは、NFTの販売に参加することで、ホワイトリストの取得やMintの取得などが含まれます。NFTの希少性を確保するため、プロジェクトではNFTシリーズでリリースする作品数に上限を設けることが多く、10000、8888、5000、あるいはそれ以下とすることが多いです。NFTの販売を開始する前に、プロジェクトチームは、ホワイトリストのユーザーが定価でNFTに最初にアクセスできるように、特定のイベントを通じて一定数の作品を予約することがよくあります。登録抽選、リツイート抽選、Discord招待コンペ、Discordチャットアップグレード、アート制作など、さまざまな形で行われるこれらのイベントは、プロジェクトがNFTの販売を開始する前に、熱心なコミュニティを作り、市場の関心を十分に集めることを目的としています。

トレンドのプロジェクトであればあるほど、多くの人がホワイトリストのスポットをつかもうとします。そのため、ホワイトリストスポットは、他のイベントやプログラムよりもはるかにアクセスしにくいことが多いのです。初心者にとって、ホワイトリストは最も安全なNFT参加モデルです。しかし、市場にはNFTプロジェクトが横行しているため、注意も必要です。例えば、紹介制の競争によってホワイトリストのスポットを提供しようとする粗悪な模倣プロジェクトが常に存在します。このようなプロジェクトは、あなたの時間と労力を費やす価値はありません。

Mint(ミント)とは、一定の製造コストと取引手数料でNFTを生成することを指します。このプロセスは、ホワイトリストMintとオープンセールという2つの段階に分けられます。ホワイトリスト・ミントは、あらかじめ一部の枠が確保されているため、ユーザーが指定時間内にNFTの造成を成功させることができることを確認します。例えば、トレンドのプロジェクトには多くの参加者が集まり、ガス戦争が起こる可能性があります。これはどういうことかというと、参加者同士が取引手数料をつり上げて競争するということです。時には、ガス代がNFTの価格を上回ることもあります。

6. 二次参加

ミントの段階が終わると、多くのNFTプロジェクトはミステリーボックスの段階に入ります。つまり、具体的な内容を開示せず、最初はすべてのNFTが同じものとして表示されるのです。この面白い仕組みは、宝くじを買うようなものです。NFTにはさまざまな希少価値があるため、その市場価格もさまざまです。超レアなNFTを引き当てようと、開封前にミステリーボックスを買いだめする人もいます。そのため、ミステリーボックスの段階でのNFTの底値は非常に高くなることが多くなります。箱が開封されると、プロジェクトチームが本当の中身をアップロードし、ホルダーは箱を更新することで購入した本当のNFTを確認することができる。レアなNFTや上位のNFTを引いたユーザーは大儲けでき、普通のNFTや下位のNFTを引いたユーザーは下値で売ることができるかもしれません。

ミステリーボックスを開封すると、ユーザーは異なる価値を持つNFTを手に入れることができます。売却したい場合は、下限価格とレアリティ(https://rarity.tools または https://app.traitsniper.com/)を基に価格を決定することができます。また、特定のNFTが気に入り、長期的に保有する場合は、この段階でより安いNFTを見つけやすくなります。

7. NFTのその後の保有状況

NFTを長期で保有しようと思った場合、どのように利用すればよいのでしょうか。まず、初心者の方にはっきりさせておきたいのは、NFTは単なるJPEGではないし、見栄えがいいかどうかで価値が決まるわけでもないということです。むしろ、その根底にある資産、社会的価値、ゲーム内機能、文化といった要素に注目すべきです。例えば、質の高いアバタープロジェクトは、コミュニティのメンバーがお互いを容易に認識できるようにし、ソーシャルネットワークを拡大するための共有価値や文化を表しています。そのため、ユーザーがNFTのアバターをプロフィール写真として使い始めると、Twitter上で同じシリーズのNFTを持つコミュニティメンバーを明確に認識することができます。

結論

多くの人は、NFTをただの写真、高価で醜い写真と思うかもしれません。しかし、オープンで包括的な考え方でNFTを見れば、NFTは投機ばかりではなく、それぞれに独自のコミュニティや文化があることがわかるでしょう。この簡単なチュートリアルを通して、この全く新しい世界に興味を持った読者の皆さんと一緒にNFTを探求していければと思います。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!