もう一つの利上げ:我々は暗号市場の暗黒の時を目撃するのか?

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

先週、Ethereumがようやく予定通りMergeを経た後、ETH価格が急落し市場の予想と一致しました。どうしても必要な好条件が揃わず、市場は弱気のまま、新しいシナリオが少なくなっているように感じます。

Web3ゲームや新しいパブリックチェーンはエキサイティングに見えますが、市場の反応は予想を下回っており、世界的なインフレで投資家が慎重になっていることが関係していると思われます。

9月13日にFRBが発表したデータによると、米国のインフレ率は8.3%に達しています。一方、欧州のインフレ率は9.1%です。

特にドイツでは30年ぶりの物価高になるなど、高インフレが深刻な影響を及ぼしています。

9月21日(UTC-4)には、米連邦準備制度理事会(FRB)が再び会合を開き、基準金利を調整する予定です。8月末のパウエル議長の講演によると、今回の会合で75bpの利上げが行われる可能性が高いようです。

事実であれば、FRBの今年3回目の連続利上げとなります。9月19日夜には、75~100bpの利上げになる可能性があるとの情報が流れました。

またFRBによる世界的な金融流動性の引き締めが続いていることも、今日の暗号市場の下落の大きな理由の1つとなっています。結局のところ現在の出来高では、暗号資産が米国の株式市場から独立し、独自に繁栄していく可能性は低いです。

世界のほとんどの通貨は、市場のセンチメントと相関関係にあります。例えばBTCの場合、これまでのFRB会議に対する市場の反応から、3月17日に発表された最初の利上げを除き、利上げのたびに価格は下落しました。

FRB会合後も相場は下落を続ける可能性が高いです。ただし、現在米国債の短期金利が長期金利を大きく上回っており、FRBがさらなる利上げを実施する余地がほとんどないことには注意が必要です。

率直に言ってもしFRBが利上げを続ければ、米国債の大量デフォルトが起こる可能性が非常に高くなります。最悪の場合、ドルの信用が失墜しより深刻な金融危機が引き起こされます。

マクロ環境の勉強は、川の観察に似ています。川の流れを予測し、それに基づいて取引を行うことはできても、川の中の一滴一滴の水がどのように動くかは誰にもわかりません。

投資分析も同じです。

次に、最近の統計に基づくBTCとEthereumの動向に目を向けてみましょう。

まずBTC価格と取引所ネットフローを見てみましょう。過去30日間で、BTCの取引所ネットフローがマイナスとなった日は15日間です。

しかも、9月13日に記録した数値は明らかに異常であり、市場の変動が続いていることを示しています。また市場センチメントも不安定であり、統計上、下降・上昇の傾向は見られません。

次にBTCのレインボー価格チャートですが、BTC価格は「1BTC=1BTC」に近いという。これまでのバブルやセンチメントに左右される評価は、暗号ベアによって取り除かれました。

つまり、彼らが言うように、BTC価格は “底を打った “のです。リバウンドを達成するためには、ビットコインは大規模な資金、有利なマクロ経済条件、さらに市場のフライホイールが必要です。

続いてEthereumです。ETCの価格はMerge以降下落しているが、市場は今後の価格動向に自信を持っています。例えば9月14日には、ネットワークがMergeを実施しようとしていたため、主にEthereumの大規模な取引所ネットフローが発生しました。

一方、一部の取引所はMergeと同時に起こったハードフォークにも対応しました。しかし、そのプロセスはスムーズではありませんでした。

例えば、関連するトークンの上場時間は取引所によって異なり、その価格も大きく変動しました。

Ethereumのレインボー・プライス・チャートによると、現在の価格ではETCは “基本的にファイアセール “になっています。

とはいえすべての指標は参考程度であり、暗号資産に投資する際に統計だけでは重要ではないことを強調しておきます。今日の弱気市場において、以前は有効だった多くの指標が投資家が市場動向を捉えるのに役立っていないのです。

例えば以前は、スピードが速くても遅くても、世界経済は間違いなく成長するというのがみんなの共通認識でした。しかし今、その予測は成り立たなくなっています。

産業革命がもたらした成長期は終わったかもしれません。今私たちは、不確実性に満ちた未来に向かっているのです。

この不安定な未来において、CoinExの金融サービスは、投資家が確実性を取り戻すことを支援します。CoinExの金融サービスでは、投資家は翌日から利息を得ることができ、そのリターンを即座に引き出すことができます。

さらに、金融サービスには最低入金額の要件がないため、遊休暗号資産を預けることで簡単に利益を得ることが可能です。また、5年前の創業以来、CoinExは一度もセキュリティ侵害に遭っておらず、セキュリティ性能が優れている証拠でもあります。

投資に関しては、「やらないほど儲かる」とよく言われます。現在のベアマーケットでは、多くのヒットプロジェクトがベアな市場環境に対して立ち上げられたものの、暗号ベアに苦しむほとんどのプロジェクトは非常にリスクが高いため、投資家は資産を適切に使用しなければなりません。

したがってTalebのバーベル戦略は、今日の暗号投資家にとって良いアプローチです。つまりCoinExの金融サービスのように、低リスクで安定したリターンを特徴とする商品に資産の大半を投入し、残りの資金を高リターンを約束するリスクの高いプロジェクトに投資すればいいのです。

遊休資産をお持ちの方は、CoinExの金融セグメントへの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

https://www.coinex.com/financial

免責事項:本記事は投資に関するアドバイスを提供するものではなく、ここに記載されたすべての統計は参照用です。本記事で提供される情報は、投資判断のために依拠することはできず、その責任はすべてユーザーが負うものとします。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!