株式会社Cryptoeconomics Labに対して、Plasmaを開発するための助成金を提供します

Tezos Foundationは、株式会社Cryptoeconomics Lab(本社:東京都新宿区、代表取締役:片岡拓)に対して、Plasmaを開発するための助成金を提供します

Tezos Foundationは、東京に本拠を置く、Cryptoeconomics LabがTezosのPlasmaレイヤーを開発するために助成金を提供することを嬉しく思います。

Plasmaは、ブロックチェーンのトランザクションスループットを向上させるレイヤー2のスケーリング技術です。

落合涉悟氏が率いるCryptoeconomics Labチームは、Plasma Groupの一般化された仕様に従ってPlasmaを実装し、リリース前に実装の監査を実施します。この実装は、Cryptoeconomic LabsのPlasma Rust Frameworkに統合されます。さらに、Cryptoeconomics LabはAndroidウォレットアプリケーションを開発し、TezosのPlasmaレイヤーのためにTezosのアプリケーション開発ツールセットであるPlasma Chamberに統合します。

Tezos Foundationの中核の使命は、Tezosプロトコルとエコシステムの長期的な成功をサポートすることです。

科学者、研究者、開発者、起業家、愛好家によって作成されたプロジェクトに資金を提供することにより、財団は分散型開発と強力な参加を奨励しています。

お問い合わせ 広告掲載はこちら