Triathon:ブロックチェーンに“風洞実験”を|Triathon Now!

Triathon:ブロックチェーンに“風洞実験”を|Triathon Now!

概要

  • ブラックボックステストはブロックチェーン空間における風洞実験である。
  • Triathonは暗号化プロジェクトをテスト、審査する風洞実験を行う。
  • レイヤー1のネットワークとして、守護者(Daemon)はTriathon中のテストをサポートする。

1901年秋、1901年の秋、二人の青年がハンドルに車輪を取り付けた自転車でデイトンの街を行き来した。

これはとても不思議な光景に映ったかもしれない。しかし二人は、グライダーをより高く上昇させるための空気条件をシミュレーションしていたのだ。彼らは3ヶ月間のテストを経て、世界で最も詳細な翼の設計データを入手した。

これが風洞実験の始まりである。 この2人の若者こそ、世界で初めて成功したモーター付き航空機を発明し、飛行に成功したライト兄弟である。

それ以来、すべての航空機は、空を飛ぶ前に風洞実験をしなければならなくなった。 風洞はすでに、航空機誕生の地と化している。

また、風洞実験の概念は、暗号化プロジェクトの領域にも適用されるなど、航空宇宙分野以外でも広く活用されるようになっている。

ブロックチェーンの“風洞実験”

ブロックチェーンは当然、その空間の中に“ブロック”が満ちている。

人々はプロジェクトが利益を生むかどうかに悩まされ、良心的なプロジェクト発起人は常に激しく不公平な競争にさらされ、無実のホルダーは巨大な情報格差によってリスクを負うことを余儀なくされている。

このような“ブロック”を取り除き、暗号資産を保護するためには、プロジェクトを立ち上げる前にテストを行い、監査する必要がある。

一般的に、プロジェクトが安全であるかどうかを確認するには、ホワイトボックステストとブラックボックステストの2つの方法があり、 両者は補完関係にある。

1990年代に登場したホワイトボックステストは、静的テストとも呼ばれ、アプリケーションの内部構造や動作をテストするソフトウェアテストの手法である。これはシステムの内部構造に基づいて行われるもので、基本的にはコードがどのようにして実装され、動作するかを確認するためのテストである。

一方、ブラックボックステストの目的は、システムがユーザーのニーズを満たすものであるかどうかを検査するものである。つまり、プログラムのコードや内部構造に対する知識は必要ではない。このテストの主な目的は検証である。

テスターはコードを実行し、発見した問題を文書化する必要があるため、ブラックボックステストは動的テストとして扱われる。 これがブロックチェーンの”風洞実験”である。

あるプロジェクトに投資する前に、我々は考えなければならない。 新しいプロジェクトであれば、オリジナルコードはあるのか。 また、そのコードはどのように交付されるのか…

この時、ホワイトボックステストのようにコードをテストするだけでは不十分であり、ブラックボックステストも必要なのである。

インキュベーション・プロジェクトの場合は、コミュニティが定義する一定レベルのテストに合格して初めて、新たな資金調達の段階に入ることができる。およそプロジェクトは、実生活の中におけるユーザーのニーズに耐えてこそ、評価や資金、合意を得ることができるのである。

ブロックチェーンの風洞実験を進める力になるーー。これがTriathonの初志である。

ファシリテーターとして

Triathonは、ブロックチェーンおよび分散型アプリケーション(DApps)のための、分散化されたコミュニティ主導のテストおよび監査フレームワークである。

敷居を可能な限り低くし、一人でも多くの方にコミュニティに参加していただくことを目指している。 大きなユーザーベースがあってこそ、分散型の精神が育まれるからである。

ゲームを好きという人は多い。したがって、テストのプロセスをより包括的で楽しいものにするために、Triathonでは、ユーザーがゲームをプレイしながら報酬を得ることができるバトルフィールドを提供している。 プレーヤーであるか技術者であるかに関わらず、楽しくゲームをしながらTriathonの検証に参加することができる。

Triathonでは、パブリックチェーン、Dapps、スマートコントラクトサイドチェーン、Web 3.0プロジェクトなど、さまざまなブロックチェーンプロジェクトをテストすることを目的としている。

ここで、一つの疑問が思い浮かぶかもしれない。これだけ多くの種類のプロジェクトをテストするだけのパワーがあるのだろうか、と。

Triathonのバトルフィールドには、3つのキャラクターがある。すなわち、守護者(Daemon)、妄想者(Delusionist)、破壊者(Destroyer)である。これらはシステム全体のコアとなっている。簡単に言えば、

  • 守護者はユーザーが保護メカニズムを定義、有効にすることを許可し、ターゲットとなるチェーンが攻撃されるのを防ぐ。
  • 妄想者はユーザーがテストタスクをターゲットのチェーンに割り当てるのをサポートする。
  • 破壊者はターゲットのチェーンに対して、ユーザーが指定した攻撃を行う。

この3つのキャラクターの中で、守護者は他のチェーンの下で動作するテストフレームワークで、レイヤー1のネットワークである。

Triathonバトルフィールドの礎として、守護者のプロセスは戦闘の発動、攻撃、防御をサポートする。

その背景には、テストや監査能力を確保するための信頼可能な防御システムがある。

  • Triasの信頼可能な実行環境(TEE)技術を信頼可能な分散型技術へとアップグレードする。
  • 分散型AIの信頼性評価基準を増加させることで、信頼できる防衛システムの自動化を促進する。
  • 様々なチェーンをプラグインでサポートし、信頼性の高いコンセンサスチェーンを実現。
  • 信頼されたルートノードの基礎となるハードウェアプロトコルを通じて、ノードのハードウェアレベルで暗号化が可能になる。

守護者のサポートのもと、妄想者がタスクを割り振り、デストロイヤーがテストネットへの攻撃を開始する。 さらに、テストの進行状況を示すデモダンジョン(Dungeon)があり、テスト用ネットの仕様もすべてここに展示される。

Triathonのテスト・監査サービスの中核として、守護者はTriathonがブロックチェーンの風洞試験をどのように実現するかを示しているのである。