Verasityは次世代の動画プラットフォームを目指します

Verasityは次世代の動画プラットフォームを目指す
VerasityはYoutubeやTwitch,Vimeo,JWPlayer,Kalutura,VideoJS,Flowplayer,そしてOoyalaというオンラインビデオプレイヤーの95%以上を占めるプラットフォームを統合するモジュールをプログラム。このマイルストーンが達成されれば、Verasityは何百万ものパブリッシャーが利用することが可能になり、報酬型ビデオとロイヤリティ・プログラムをエンゲージメントと収益化を増やすために提供が可能となる。

なぜVerasityが次のキラーアプリケーションになるのか

Verasityは関心度をベースとした報酬が与えられる動画モデルにおけるトップ企業としてポールポジションにあり、現在のオンライン動画産業が持つ問題点を解決する取り組みを行なっています。よく聞かれる質問は、すでに存在し、そしてそのほとんどが失敗している今までのソリューションとVerasityは何が違うのかという点です。

現在の動画産業の課題とは

Verasityがどのよう他のサービスと違うのかを理解するには、いまの動画制作業界を苦しめている問題を理解することが大切になります。現在のパブリッシャーと広告主、視聴者の三者は、視聴者がパブリッシャーと広告主、そしてブラウザーに反抗するような構図になっています。

この関係は言わば取引をしている関係であり、視聴者はストリーミングサービスの利用の代わりに個人情報を取引しており、広告動画を見させられています。

殆どの人はこれが不公平な取引だと認識し、視聴者は広告を見せられ、プラットフォームはユーザーの個人情報で利益を得ていると主張しています。

当然のこととして、視聴者は広告をブロックするために手を尽くし、それがコンテンツの提供者が私たちが求めているような素晴らしい動画を制作することをますます難しくしています。

つまり、視聴者は広告をブロックすることによって、私達のデータを盗む人たちに利益をもたらしながら、同時に自分たち自身の首を絞めているのです。

この問題に対処するため、視聴者にもリワードがあり、コンテンツの提供者とパブリッシャーにフェアであることをアピールするような、たくさんの新しいビデオシェアプラットフォームが作られてきました。

しかし、残念なことに、私たちはお気に入りのプラットフォームから立ち去り、新しいものへ移動しなければなりませんでした。さらには、パブリッシャーはプラットフォームの切り替えのために、作業を大幅に変更する必要がありました。

その結果として、変化は何も起きませんでした。視聴者はフェアで優れた動画のシェアプラットフォームには移らず、パブリッシャーはその需要に答えて今のプラットフォームに留まり、お金を失い続けています。

パブリッシャーの移行作業の煩雑さとユーザーの習慣と傾向というハードルは、新しいサービスのアーリーアダプターの規模を押さえ込み、ユーザーを獲得することは不可能ではなくても、とても難しいものになっています。

最も良い例は世界で二番目の登録者数を誇るyoutuberであるPewdiepieのDLiveへの移行です。彼の9500万人のファンのうち、彼と共に移行したのは僅かおよそ0.25%でした。

ソリューション:オプトインによる価値の取引所

では新しいプラットフォームに移動する必要がないとしたらどうでしょうか。または私たちの習慣か好みを変える必要がなく、私たちの関心やエンゲージメントに満足のいくような形で報酬が貰えたらどうでしょうか。

これはおそらく大きな変化をもたらすのではないかと思います。視聴者は今まで自分たちが欲しかったようなサービスを利用することができます。パブリッシャーは仕事内容にわずかな変更をするだけで済み、満足げな視聴者から利益を得て、広告収入を増やすことが出来ます。

実際のところ、一般的な視聴者は広告を見る事に対して、そこまで拒否感を示してはいません。しかし、新たな収入もまた、良いコンテンツをつくるコンテンツの提供者に流れると知りながら、それに対して払わされたら、大半は満足するのではないかと思います。

この点において、報酬のあるビデオはパブリッシャーを助けるのかという質問をするのは正しいことです。

広告産業の基準を策定する団体であるIABが出した2018年の第4四半期のデータによれば、報酬型ビデオはパブリッシャーを従来に比べ、5倍から10倍援助することを示唆しています。

これは、報酬型ビデオモデルが優れていることを示す明らかな指針です。収入が増えることにより、パブリッシャーはよりクオリティの高い動画をより頻繁に届けることができるようになります。

では、Verasityはどのようにしてパブリッシャーや私たちの動画視聴習慣に影響を及ぼさずにやるというのでしょうか。

Verasityのソリューション

Verasityは複雑な問題に取り掛かり、逆転の発想にたどり着きました。それは、人々がそれに従うような、全く新しい革新的なインフラを作り上げるのではなく、既存のインフラを使いながら、フレームワークを内側から変えていこうというものです。

VerasityはYoutubeやTwitch,Vimeo,JWPlayer,Kalutura,VideoJS,Flowplayer,そしてOoyalaというオンラインビデオプレイヤーの95%以上を占めるプラットフォームを統合するモジュールをプログラムしました。

このマイルストーンが達成されれば、Verasityは何百万ものパブリッシャーが利用することが可能になり、報酬型ビデオとロイヤリティ・プログラムをエンゲージメントと収益化を増やすために提供します。

これらのパブリッシャーはひと月で1100億回の再生数を誇ります。(既にverawallet.tvへ移行したものもいます)

私たちのモジュールは、報酬システムとロイヤリティ・プログラムを一つのビデオプレイヤーウォレットに統合します。

ウォレットとは、チェーンに含まれる視聴者、パブリッシャー、そして広告主を含む全ての参加者によってシェアされるものです。Verasity.ioで私たちのアプリがYoutube上で動く様子を見てみてください。

現在、一貫したリワードと、一つの場所であらゆる報酬システムあるいはロイヤルティを統合することができ、且つ、全てのビデオプラットフォームでシェアされるロイヤルティウォレットはありません。(これは非仮想通貨と同様に仮想通貨も含みます。)

このアプリは、パブリッシャーがたった数分で今の業務に取り入れることができる、報酬システムのあるプラットフォームで、視聴者が何かを新しくダウンロードする必要も、視聴習慣を変える必要もありません。

全ての新しいビデオシェアリングプラットフォームはパブリッシャーや視聴者の行動習慣を変えようとしていたため、サービスを拡大することに失敗してきました。

現在のOVP(オンラインビデオプラットフォーム)上で、SDK(ソフトウェア開発キット)のモジュール統合と、様々なロイヤリティ及び報酬プログラムを組み立てることにより、Verasityはサービスを拡大します。

この革新的なアプリはすでに10億人のユーザーと1100億回の再生数を持つ160万のビデオパブリッシャーが利用可能です。

さらに、Verasityは流動性の高いトークンで、現在HitBTCやBinance,STEX、その他取引所で取引されています。

Verasityについて

Verasity.ioは私たちのテクノロジーを世界中のビデオパブリッシャーに提供する先進的なビデオプレイヤーです。私たちのビデオプレイヤーは現在、特許出願中で、独自仮想通貨であるVRAを使った報酬システムが採用されており、ビデオプレイヤーウォレット内でのマネタイズとロイヤリティの仕組みを可能にします。

私たちの独自プレイヤー技術は既に10億人のユーザーと1100億回の再生数を持つ160万のビデオパブリッシャーが利用可能です。これはYoutubeからパブリッシャーのサイトへと新たな収入と視聴者をもたらします。

私たちの関心度に基づいたモデルは活気のあるVRAトークンエコノミーを視聴者、パブリッシャーそして広告主の間で作り出します。

Verasityはオンラインビデオの未来です。

VerasityのプロダクトはVeraWalletとverawallet.tvを含みます。

VRAは以下の取引所で取引可能です。

VRAは年率36.5%をhttps://verawallet.tvで受け取れます。CoinMarketCapでVRAをフォローしてみてください。

詳細はこちらから

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
プレスリリース公開企業
業種

Blockchain, Social, Entertainment

代表者名

Mark Hain

プレスリリース公開日時

Verasity Foundation Company Limitedの新着プレスリリース一覧


お問い合わせ 広告掲載はこちら