Tezos FoundationはLIGOとMarigoldをサポートするための助成金を発表

6/21、Tezos Foundationは、Tezosのアクセシビリティを向上させ、より多くの開発者がより簡単に構築できるように、スマートコントラクト言語をサポートするというコミットメントを発表しました。
6/21、Tezos Foundationは、Tezosのアクセシビリティを向上させ、より多くの開発者がより簡単に構築できるように、スマートコントラクト言語をサポートするというコミットメントを発表しました。そのコミットメントの一環として、財団は、The Marigold Projectに、Tezosのレイヤー2スケーリング実装のようなTezosスマートコントラクトを作成するための静的型付け高水準言語であるLIGOの開発を支援するための助成金を発行しました。

6/21、Tezos Foundationは、Tezosのアクセシビリティを向上させ、より多くの開発者がより簡単に構築できるように、スマートコントラクト言語をサポートするというコミットメントを発表しました。

そのコミットメントの一環として、財団は、The Marigold Projectに、Tezosのレイヤー2スケーリング実装のようなTezosスマートコントラクトを作成するための静的型付け高水準言語であるLIGOの開発を支援するための助成金を発行しました。

Michelsonは、Tezosでスマートコントラクトを書くために使用されるドメイン固有の言語です。

LIGOはMichelsonまでコンパイルし、使いやすく、拡張性があり、安全であることを目指しています。

Pascaligo(Pascal風の構文)やCameligo(OCaml風の構文)などの代替構文をサポートするように設計されており、VS CodeやEmacsなどのコードエディタで簡単に統合できます。

任意の計算を安全にチェーン外で実行することを可能にするPlasmaレイヤー2スケーリング技術を参考にして、MarigoldはTezosがその規模のアプリケーションを可能にするためのレイヤー2プロジェクトです。

Marigoldの主な焦点は、開発経験をできる限りスムーズにして、幅広い開発者がMarigoldを使ったアプリケーションを構築できるようにすることです。将来的には、Marigoldはプライバシーを保護する機能を統合し、状態チャネルや再帰的なzk-snarksなどの技術を介してプロトコルの対話性を低くする(または非対話的にする)予定です。

LIGOとMarigoldの両方について興味がある人がもっと学ぶ事を助けるためにドキュメンテーションとトレーニング資源を作っています。さらに、Marigoldプロジェクトは他のTezos開発チームと協力して、その修正プロセスを通じてTezosに実装される可能性のある修正提案を行います。

Tezos Foundationの中核となる使命は、Tezosプロトコルとエコシステムの長期的な成功をサポートすることです。科学者、研究者、開発者、起業家、そして愛好家によって想像されるプロジェクトに資金を提供することによって、財団は分権的な開発と積極的な参加を奨励します。

お問い合わせ 広告掲載はこちら