ビットコイン採掘と電気料金における新しいパラダイムシフト

2019年の終わりを迎えるにあたり、電力がビットコインマイニングの収益性を決める最も重要な要素の1つになっていることは明らかです。特に、ハードウェアの効率と投資収益率の関係についての会話の中で、常に電力について語られています。

2019年以前は、ビットコインマイニング事業を構築する上で最も重要な成功要因は、最新で最も効率の良い機器を選択することであり、電力代金は二の次の考慮事項でした。しかし、今では経済状況が変わってきました。

これは、新世代のハードウェアによる効率改善のペースが低下したことや、大量のハードウェアが割引価格で導入される結果となった「仮想通貨の冬時代」の影響もあります。この新しい現実が、ビットコインマイニングの新時代を切り開いたのです。

その理由を探ってみましょう。

ハードウェアの効率性

ASICマイニングの初期には、各新世代のマシンが電力効率を大幅に改善しました。こうした改善により、新世代のチップは旧型の2倍から3倍の効率を実現していました。

ビットコインの採掘装置の電力効率の評価

Source: Cambridge Center for Alternative Finance

この傾向は2017年には薄れ始めました。新世代のチップは依然として効率を改善したが、以前ほど劇的な改善ではありませんでした(以前の200~300%の増加に対して40~50%の改善)。しかし、このチップ効率の鈍化は、2017年の仮想通貨バブルによって隠蔽されてしまい、仮想通貨への関心の高まりは、マイニングハードウェアへの信じられないほど多くの需要をもたらしました。メーカーはチップ用のウェハーを大量に予約注文し始め、将来の需要を見越して在庫を積み上げました。その結果、2018年に「crypto winter」が襲ってきたとき、未使用で積み上がっているハードウェア在庫がたくさんありました。その在庫の多くは2018年後半に大幅な割引価格で販売され、残りは2019年の夏の価格上昇で販売されました。

市場の成熟化

難易度の上昇と競争の激化により、ビットコイン価格が上昇しているにもかかわらず、マイニング収益は前年比で減少しています。2018年には、ハードウェアのペタハッシュ/秒あたりの平均収益は、最大で月16,800ドルでした。これは、今年はビットコイン価格がほぼ2倍に上昇したにもかかわらず、2019年末には月5,000ドルに向かって減少しました。

ビジネスロジックとして、マイニング収益が低下した場合、利益を増加させるための唯一の方法は、コストを削減することです。電力代はここでは重要なドライバーであり、事業の収益性に劇的な違いをもたらす可能性があります。ビットコインマイニングの独自性は、アルゴリズムがビットコインの価格を気にしないことです。プロトコルに従って、あらかじめ設定されたコインの量で採掘者に報酬を与えるように設計されています。運用コストが低ければ、ビジネスモデルはより弾力性があり、効率の悪い採掘者から市場シェアを奪う一方で、より長い期間にわたって採掘することが可能になります。

下の表は、さまざまな効率のマイニングマシンの2年間のマイニングオペレーションコストを比較したものです。

Two-year operating costs of mining equipment by efficiency. Source: Bitfury

2年という期間は、機器のライフサイクルと期待される投資収益率の一般的な基準です。
電気料金が約3セント/kwhの地域で60J/THのマイニングマシンを使用している場合、運転コストは約32ドル/THになります。あなたが40 J/THマシン(より効率的なマイニングマシン)を購入したとしても、6セント/kwhの業界平均の電気料金とエリアに配置すると、あなたの運用コストは42ドル/THとなり、約30パーセント増加してしまいます。

電気料金と運用コストに関する分析において最も印象的なのは、ほぼ時代遅れの100 J/THマシンを購入しても、2セント/kwhの場所に設置した場合、運用コストは2年間で約35ドル/THになります。これは、はるかに高性能のマシンを使用することで生まれる経済性を打ち負かします。
こうした分析からも、いかに電気料金を抑えるかということがマイニング・エコノミクスにおいて非常に重要なドライバーになっていることは明らかです。

新しいビットコイン・マイニング・エコシステムで成功するために

要するに、ビットコインマイニングへの新規参入者は、「最新」世代の技術を使うことに気を取られる必要はありません。上記で述べさせていただいたように、技術進化スピードは鈍化しています。つまり、ハードウェアの寿命が長くなることを意味しています(ハードウェアの大幅なアップグレードの間には、より多くの年があるため)。
今後、新しいマイニングマシンのエネルギー効率はゆっくりと改善され、新世代マシンが発売されるまでには平均で2.5年以上かかると予想されます。さらに、私たちはすでにエネルギー効率の改善率の低下を目の当たりにしています。新しくマイニング事業に参入される方にとって、これは購入するマシンの選択肢が広がることを意味します。2016年には、前世代のマイニングマシンを購入することは言語道断でしたが、今では、より高価格の「最先端」マシンに代わる魅力的な選択肢が幅広く提供されています。

マイニングの新規参入者は、マクロ経済や規制要因にもっと気を配る必要があります。採掘に不利な地域への投資は、技術レベルに関係なく、長期的に当局がマイニング事業に敵対的な姿勢を示すならば、採算が取れなくなる可能性があります。
まとめると、インテリジェントな戦略としては、もはやハードウェアの新製品がリリースされるたびにそのマシンを追いかけることではなく、その代わりに、マイニングが長期的な投資であるという考え方に適応し、マイニングに友好的な管轄区域で長期的に安価な電気料金を確保することにまず焦点を当てるべきであると考えられます。