CoinPostで今最も読まれています

bitFlyerで「ふるさと納税」がもっとお得に|返礼品・ビットコインの二重取りも

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産(仮想通貨)取引を行っている方々の中には、今年の投資利益を見込んで「ふるさと納税」を検討している方も多いかもしれません。「ふるさと納税」は、寄付金額に応じて所得税や住民税から控除される仕組みがあり、地域の特産品を返礼品として受け取ることができるため、多くの人に支持されています。

また、「ふるさと納税」を利用する際に、特定のキャンペーンや追加サービスを活用することで、さらにお得になる可能性があります。この記事では、暗号資産取引所bitFlyerが提供する独自のふるさと納税サービス「ビットコインをもらおう」に焦点を当て、その特徴と魅力を詳しく解説します。

目次
  1. bitFlyerとふるさと納税
    1. 国内最大手の仮想通貨取引所「bitFlyer」
    2. 誰でも簡単に節税できる「ふるさと納税」
  2. bitFlyer経由でふるさと納税、ビットコインを二重取りしよう
  3. bitFlyerがおすすめするふるさと納税サイト
    1. ふるさとプレミアム
    2. ふるさと本舗
    3. さとふる
        
  4. ビットコインを受け取る上での注意点
    1. 未付与のビットコインの取消
    2. 確定申告の必要性
  5. 節税しながらビットコインを保有しよう

bitFlyerとふるさと納税

本記事を読まれている方の中には、「bitFlyer」または「ふるさと納税」について、あまり知見がない方も多いのではないでしょうか。そのため、本題に入る前に、2つの概要や仕組みについて解説します。

国内最大手の仮想通貨取引所「bitFlyer」

bitFlyerは、国内最大級の仮想通貨取引所として知られ、22月末時点に総預かり資産が2,695 億円となりました。また、国内のビットコイン取引量は6年連続1位です。※1

特長として、22種類もの通貨を取り扱っており、ビットコインであればレバレッジ(証拠金)取引も対応してます。積立サービス、ステーキングなど、豊富なサービスを提供しており、bitFlyerユーザーであれば様々な仮想通貨取引を楽しむことができるでしょう。

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

誰でも簡単に節税できる「ふるさと納税」

ふるさと納税と聞くと、「納税」の印象が強いですが、その実態は都道府県や市区町村への「寄付」に近いものです。自己負担金2,000円と寄付金を応援したい自治体に寄付することで、その寄付金額に応じて、翌年の所得税や住民税を一部控除できます。

また、税金の控除だけでなく、寄付金額に応じてお肉やお米、地域の特産品などを返礼品として受け取れるのです。このお得な「ふるさと納税」を利用することで、今以上に節税意欲が湧くのではないでしょうか。具体的な流れは、下記を参考にしてください。

出典:ふるさと本舗

bitFlyer経由でふるさと納税、ビットコインを二重取りしよう

bitFlyerでは「ビットコインをもらう」というサービスがあります。。このサービスでは、ユーザーが指定された広告をクリックし、ネットショッピング、旅行の予約、アンケートの回答などを行うことで、報酬としてビットコインを獲得できます。

さらに、このサービスは「ふるさと納税」にも対応。bitFlyerを通じてふるさと納税を申請することで、寄付金額に応じた一定レートのビットコインを受け取ることが可能です。これにより、ユーザーは通常のふるさと納税の返礼品を受け取りつつ、ビットコインという形での追加の報酬も得られるのです。

出典:bitFlyer

bitFlyerがおすすめするふるさと納税サイト

bitFlyerが提携するふるさと納税サービスのうち、報酬率が1%を上回るのは下記の3種類。各サービスごとに条件は異なり、bitFlyerの個人口座へ還元されるビットコイン量も異なります。(23年12月時点)

提携サイト一覧

ふるさとプレミアム
ふるさと本舗
さとふる

ふるさとプレミアム

特徴 オリコン顧客満足度調査にて1位に輝いたこともある大人気ふるさと納税サービスサイト。特産物だけではなく、家電関連の返礼品を多く取り扱っています。
ビットコイン還元率 商品価格の3.5%相当(23年12月時点)
獲得時期 最短40日

ふるさと本舗

特徴 ふるさと本舗は、飲食料品や定期便に特化したポータルサイトです。海や山で収穫し厳選した季節の食材や飲料が返礼品。
ビットコイン還元率 商品価格の3.3%(23年12月時点)
獲得時期 最短60日

さとふる

特徴 さとふるは、毎日更新のランキングや評価レビューを基に、返礼品を選ぶことができるふるさと納税サービスです。また、手続きが非常に簡単で、確定申告など分からない点は手厚いサポートを受けられる。
ビットコイン還元率 商品価格の1.3%
獲得時期 最短60日

ビットコインを受け取る上での注意点

ふるさと納税を通してビットコインをもらう場合、気を付けるべきことは「ビットコインの抹消」と「確定申告の必要性」です。

未付与のビットコインの取消

bitFlyerが公式サイトで提示している利用規約にて、第4条に「未付与ビットコインの取消」が記載されています。

当社の判断により、登録ユーザーが以下のいずれかの項目に該当する場合は、登録ユーザーの未付与ビットコイン残高から一部または全部を取り消すことが出来るものとします。また取り消された未付与ビットコイン残高に対し、当社は何らの補償も行わずまた一切の責任を負わないものとします。

  1. 2年間以上「ビットコインをもらう」を利用していない場合。
  2. ドメイン指定受信拒否などの操作により、当社からのメールを1週間以上、受信できない状態が継続した場合。
  3. 当社または加盟サイトに届け出た情報に事実と異なる内容があった場合。
  4. 成果に違反することその他不正な手段によってビットコインを取得した場合。
  5. 本規約又は「ご利用規約」に違反したと当社が判断した場合。
  6. システムの故障等により、通常付与される以上のビットコインが付与されていると合理的に判断出来る場合。
  7. 第三者になりすまして「ビットコインをもらう」を利用した場合。
  8. 登録ユーザー以外の第三者に自己の名義で「ビットコインをもらう」の利用をさせた場合。
  9. 複数のアカウントを作成した場合。
  10. 理由の如何にかかわらず、登録ユーザーの登録が取り消された場合(登録ユーザーが自ら登録を取り消した場合も含みます)。
  11. その他当社が登録ユーザーに付与されたビットコインを取り消すことが適当と判断した場合。

簡単に要約すると、提出した情報に不備があった場合や不正行為が発覚した場合、受け取ったビットコインが取消されるという内容です。その他にも、2年間当サービスを利用しない場合や利用規約の別条に反した場合には、取消対象になるため注意しましょう。

確定申告の必要性

ビットコインを受け取り長期的に保有した場合、ビットコインの市場価格が上昇するとそれに応じて運用益が発生します。現在の税制度では、仮想通貨の運用益は「雑所得」に分類され、「総合課税」の対象となります。

つまり、ふるさと納税でビットコインを受け取った場合においても、運用益は課税対象となり、確定申告を経て税金を納付しなければなりません。確定申告書では、給与所得などと合算し合計所得を算出した上で税金を計算します。

ただし、仮想通貨は法定通貨と取引(売却)した際に利益が一定額を超えると課税が発生するため、現物保有のままであればその年の所得として見なされません。普段から仮想通貨運用していない方には馴染みのないことですが、一定以上の利益が出た場合には納税は必ずしなければいけないので注意が必要です。

【確定申告特集1】知っておきたい仮想通貨にかかる税金を税理士が解説|Aerial Partners寄稿
ビットコイン・イーサリアムなど2020年度は仮想通貨市場が大きく盛り上がった年となりました。仮想通貨取引での所得について、どのような税金がかかるのか、税務に詳しくない方にもわかりやすく説明していきます。

節税しながらビットコインを保有しよう

本記事では、bitFlyerが提供するふるさと納税サービス「ビットコインをもらおう」を基に、ふるさと納税の概要や主な手続きのやり方、各種注意点について解説しました。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア