ネム(XEM)保有者の新通貨受取り表明、来月15日から開始へ Symbolロードマップも更新

オプトインは9月15日から

仮想通貨(暗号資産)ネムの新組織「NEMグループ(NEM Group Ltd.:NGL)」のDavid Shaw CEOが、新ブロックチェーン「Symbol」で利用されるトークン「XYM」について、オプトインは来月9月15日から開始することを発表した。

オプトインは、ネム(XEM)所有者が自主的にXYMを受け取る意思表明を行う新通貨の付与方式のことで、オプトインの開始は、新通貨を受け取りたいユーザーの手続きが開始されることを意味する。以前は7日開始の予定だったが、テストやユーザーインターフェイスなどの改良に8日の期間を設けた。すでにテストは行なっているが、この時点では問題は起きないとの見通しを示している。

オプトインのウェブページと規約は15日に利用できるようにする。またXYMのオプトインはローンチ後6年間可能となっているが、その方法に関する詳細については、今後発表するとしている。以下が今後のスケジュールだ。

出典:Symbol

15日からオプトインが可能となるのはネムのデスクトップウォレットとアンドロイド版のモバイルウォレットのみ。iOS版はまだ準備に時間がかかるため、この時点では利用できない。またマルチシグアカウントのオプトインは、デスクトップウォレットで行うように説明している。

現時点でXYMを付与する仕組みを整える可能性がある日本の取引所は、XEMを取り扱う扱うZaif(対応表明)、CoinCheck(対応検討)、GMOコイン(対応検討)、bitFlyer(XEM取扱開始直後)。新トークンの受け取りと取引所の重要性については、以下の記事で説明した通りである。

月間高値付近でレンジ相場を形成するビットコインに対し、日本で取り扱われる仮想通貨では、ネム(XEM)が好調だ。取引所上場の重要性と最新発表をまとめた。

自身でオプトインを行うことを懸念するユーザーは、申請作業の代行を行う可能性がある取引所にアカウントを開設しておくことも重要な前準備となる。

ロードマップの更新

また、シンボルメインネットローンチに向けたロードマップを最新のものに更新していることも確認された。

最新のロードマップは以下のように設定されており、ネムグループは、「今回の更新は、先週にもCOOが発表していたものをロードマップ上に反映したものです」とCoinPost編集部に回答している。

出典:symbolplatform.com

参考資料 : NEMグループ

合わせて読みたい注目記事

本日の速報をチェック

速報

新着記事

人気記事ランキング