イーサリアム [Ethereum / ETH]

ETH/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

ETH 基礎情報

Ethereum(イーサリアム)は、2013年にVitalik Buterin氏によって発案された、開発者が分散型アプリケーション(dApps)を構築できるプラットフォームです。Ethereumはスマートコントラクトのパイオニアです。ETHはEthereumプラットフォームのネイティブ通貨であり、スマートコントラクトを利用する際の取引手数料、および、ブロック形成・内容の検証を行うノードへの報酬などとして機能します。

ETH関連ニュース

08/14 (金)
イーサリアム高騰で400ドル超え、「ビットコインは今後2年間で最もパフォーマンスの高い主要資産に」
昨今のDeFi(分散型金融)や大型アップデート「ETH2.0」の影響により、投資家のイーサリアムへの関心はますます高まっている。14日には、前日比一時10%高の430ドル(46,000円)台を記録。ビットコインの上昇を後押しした。
08/13 (木)
ロシア規制当局、仮想通貨取引の監視ツールを開発
ロシア連邦金融監視サービス(FMS)が人工知能を活用して、仮想通貨取引を追跡するツールを開発している。ツールの特徴や対象銘柄が明らかになった。
08/11 (火)
中国大手OK Group傘下オーケーコイン・ジャパン、仮想通貨取引サービス提供開始
中国大手OK Group傘下のオーケーコイン・ジャパン株式会社は、20日より暗号資産交換業者として、暗号資産(仮想通貨)現物取引サービスの提供を開始することを発表した。取り扱い銘柄はビットコインやイーサリアムなど4通貨。
08/11 (火)
仮想通貨取引所を国の規制下に アイルランドでも
アイルランドで間もなく「マネーロンダリング・テロ資金調達修正法案2020」が承認される見込み。新たに仮想通貨事業を政府の管轄下に置くもので、仮想通貨取引所やウォレットも対象となる。
08/10 (月)
仮想通貨業界でDeFi銘柄のリターンが大きい理由=Synthetix CEO
仮想通貨デリバティブプラットフォームSynthetixのCEOが10日、最近急成長を見せているDeFi(分散型金融)の利回りの大きさについての解釈を一連のツイートで語った。
08/09 (日)
リップル社仮想通貨XRP買い戻し、ネム好調、史上初の金2000ドル|週間ビットコイン重要ニュース
リップル社の仮想通貨XRP買い戻しや、LINE独自仮想通貨「LINK」の国内上場など、注目を集める出来事を網羅。全体相場は先週末の高騰からフラッシュクラッシュした。
08/08 (土)
ETCの51%攻撃で、イーサリアム開発者が予防法を探る
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)で直近2回も起きた「51%攻撃」を受け、イーサリアム(ETH)の開発者らは予防する可能性ついて討論を行なった。
08/07 (金)
Zaif、フランク三浦制作の「Zaif時計」デザイン案を公開
株式会社フィスコが運営するZaif Exchangeは7日、フランク三浦に制作を依頼していた「Zaif時計」のデザイア案を公開した。
08/07 (金)
野村総研、ビットコインや主要アルトの「新評価基準」提供へ 仮想通貨投資商品開発をサポート
野村総合研究所は7日、仮想通貨(暗号資産)の日本円での評価価格となる「NRI/IU暗号資産リファレンスプライス」の提供開始を発表した。
08/07 (金)
急成長するDeFi(分散型金融)をデータで読み解く|寄稿:CoinGecko
現在最も仮想通貨業界の注目を集めている領域の一つ、DeFi。上半期全体で見ると、トップ5のDeFiトークンの時価総額は133%成長しており、トップ5ステーブルコインの成長率(114%)を凌いでいる。
08/07 (金)
成功裏にローンチしたイーサリアム2.0最終テストネット、開発者が起動前後の問題点を検証
仮想通貨イーサリアムの2.0正式ローンチ前の最終テストネットとなる「Medalla」が稼働したが、ローンチ前後の問題点について、開発者コミュニティが検証した。
08/07 (金)
グレースケール、イーサリアム投資信託をSECに登録申請 ビットコインに続き2例目
大手投資信託企業グレースケールが、自社発行のイーサリアム投資信託(ETHE)を米証券取引委員会に登録するための申請を行なった。仮想通貨イーサリアムの強気相場において注目される機関投資家関連の動きだ。
08/06 (木)
「楽天ウォレットPro」仮想通貨証拠金取引サービスの大幅スプレッド縮小を実施
楽天グループが運営する仮想通貨取引所「楽天ウォレット」は、6月からアルトコイン4銘柄(ETH・XRP・LTC・BCH)のスプレッドを縮小するサービスを開始。7月からビットコイン(BTC)のスプレッドを縮小するサービスを開始した。
08/06 (木)
「スパム取引が原因の一つ」イーサリアム手数料高騰について新たな分析
仮想通貨イーサリアムの手数料が高騰している原因について、DeFiにおけるスパム取引が原因との指摘が挙がった。これまでDeFi市場の成長の影響などが考えられてきたが、新たな視点からの分析となる。
08/06 (木)
金融庁の新長官、仮想通貨の規制緩和に慎重姿勢=ロイター
先月金融庁長官に就任した氷見野良三氏が、仮想通貨の規制緩和に慎重な姿勢を示した。ロイターのインタビューで、仮想通貨やデジタル通貨(CBDC)、ブロックチェーンに対する見解を語っている。
08/05 (水)
大手掲示板Redditのトークン発行計画、スケーリング提案で22プロジェクトが名乗り上げる
海外大手掲示板のRedditのトークンプロジェクトに対し、Matic NetworkやOMG Networkなど計22の仮想通貨関連プロジェクトがイーサリアムのスケーリングの提案を行ったことが分かった。各プロジェクトがコストの低さなどで優位性をアピールしている。
08/05 (水)
仮想通貨市場、日本と世界の関心度は──ビットコイン・イーサリアム・XRPで比較検証
米ドルをはじめとする法定通貨への不信感を映す形で金と共に上昇したビットコイン。DeFiブームなどを背景にしたイーサリアムの価格高騰など、仮想通貨業界が盛り上がりを見せる中、市場関心度は現在どれほどまで上昇しているのか。
08/05 (水)
DeFi基盤の取引所Opyn、4000万円相当の仮想通貨USDCが不正流出
分散型金融で仮想通貨のオプション取引を提供するOpynが、ETHプットオプションの脆弱性で計371,260 USDC(約4000万円)を盗まれた。
08/05 (水)
コカコーラのボトル業者、DeFiシステム応用で業務効率化を目指す
北米コカコーラのボトルサプライヤー業者が、分散型金融(DeFi)のシステムを応用して業務効率化を目指す。「Coca-Cola Bottling Harbor」という新たなプロジェクトでサプライネットワークの合理化を図る。
08/05 (水)
米SEC、DeFi(分散型金融)を調査・監視へ
米国証券取引委員会がスマートコントラクトの監視ツールの購入を検討している。DeFi活動を視野に入れる動きだ。