Polygon(MATIC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
06/29 (水)
台湾テック大手HTC、メタバース対応スマートフォン「Desire 22Pro」リリースへ
台湾の大手テック企業HTCは、メタバース向けの最新型スマートフォン「Desire 22 pro」を発表した。イーサリアムやNFTなど仮想通貨関連のウォレットも利用できるとされる。
CoinPost
06/26 (日)
週刊仮想通貨ニュース|ソラナラボ発表のWeb3スマホに注目集まる、仮想通貨事業者に相次ぐ出金要請など
今週は、ソラナブロックチェーンを開発するソラナラボが発表したWeb3スマホ「Saga」に関するニュースが多く読まれた。そのほか、仮想通貨事業者に相次ぐ出金要請に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
06/25 (土)
英高級自動車ベントレー、NFTドロップを9月に実施へ
高級自動車メーカーのベントレーは、9月に208のNFTをドロップをすることを発表した。Web3へのアプローチの先駆けで、ブロックチェーンにはポリゴンを採用している。
CoinPost
06/24 (金)
ビットコイン2万ドル付近で下げ渋る、アルト市場ではMATICが前週比50%高に
米株指数反発に後押しされ、ビットコインは2万ドル前後で再び反転した。アルト市場の個別銘柄では、ポリゴン(MATIC)が前週比50%高と高騰、UniSwap(UNI)など好材料のある銘柄は買われている。
CoinPost
06/24 (金)
米コインベース、ポリゴンとソラナ版USDCに対応へ
米最大手暗号資産取引所コインベースは24日、USDCの対応するネットワークにポリゴンとソラナブロックチェーンを追加する予定だ。
CoinPost
06/08 (水)
日本初、ポリゴンがbitbankに上場へ
国内仮想通貨取引所ビットバンクは、ポリゴン(MATIC)の取り扱いを近日中に開始することを発表した。国内取引所がMATICを取り扱うのはこれが初めて
CoinPost
06/08 (水)
米Circleの決済サービス、ポリゴン版USDCに対応開始
米Circleは7日、ポリゴン基盤のUSDCに対応することを発表した。
CoinPost
05/30 (月)
日本のWeb3開発コミュニティ「UNCHAIN」、Fracton Venturesと提携
Web3コミュニティUNCHAINを主催するshiftbaseは、Fracton Venturesとの提携を発表。世界に挑戦できるweb3プロダクトが創出される、スタートアップエコシステムの構築を目標とする。
CoinPost
05/28 (土)
BlockFi、仮想通貨利率を大幅引き下げ
大手仮想通貨貸借プラットフォームBlockFiは複数銘柄で利子付き口座の利率を引き下げることを発表。同社はその背景を説明している。
CoinPost
05/24 (火)
米eBay、同社初のNFTコレクションを販売 ポリゴンのブロックチェーンを活用
EC大手のeBayは、同社初となる限定NFTコレクションをローンチ。仮想通貨イーサリアムのスケーリングソリューションを提供するポリゴンのブロックチェーンを基盤にする。
CoinPost

Polygon(MATIC)の概要

2017年10月にローンチされたポリゴンは(旧Matic Network)は、イーサリアムブロックチェーンのL2(レイヤー2)ソリューションにあたり、ネットワーク手数料のGAS代高騰問題を解消する、開発者向けプロトコルおよびフレームワークだ。

混雑の続くETHチェーンのメインネットとは異なる拡張を持たせることで、スケーラビリティ問題を緩和。ポリゴンのスケーリング・ソリューションは、400以上のdAppsや、約150万人以上のユーザーに幅広く利用されている。

セカンドレイヤー・ソリューション

ポリゴンは多くのレイヤー2ソリューションと同様に、複数のレイヤーから構成される。ポリゴンの核となるのは実行レイヤーとネットワークレイヤーだ。

実行レイヤーはポリゴンのEVMとしてスマートコントラクトの実行を担う。そしてネットワークレイヤーはポリゴンで構築されたブロックチェーンで、個別にコンセンサスをとりブロックを生産する。ポリゴン上のブロックチェーンは互いに通信が可能で、これによりdApps間の連携と価値の受け渡しが簡単に行える。

MATIC

ポリゴンの独自仮想通貨であるMATICという名称は、2021年2月にPolygonとしてリブランディングする前のプロジェクト名に由来し、通貨名のみが今も存続している形だ。

毎月リリースされるMATICトークンは、1兆MATICが発行上限となっており、ポリゴンエコシステムにおけるユーティリティトークンおよびガバナンストークンとして使用される。

国内の対応について

また、ポリゴンを利用できるサービスとしては、国内ではNFTマーケットプレイス「nanakusa」がβ版サービスを21年4月に開始したほか、MCH+支援タイトルがポリゴン対応を実施。国内では初のマルチチェーン対応の事例となった。

NFTの市場規模は2021年以降大きく拡大しており、ゲームやアート関連分野で特にその期待は厚い。なお国内取引所において、MATICは22年2月現在、未上場。