ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

08/04 (水)
米SECゲンスラー委員長「現在流通する仮想通貨の大半は、証券法対象となる可能性がある」 
米証券取引委員会のゲンスラー委員長は、市場で流通している多くの仮想通貨が「未登録の有価証券である可能性がある」との見解を示した。
08/04 (水)
ビットコイン37000ドル台まで続落、相場全体で様子見基調強まる
7月末までに9連騰した反動で、8月以降のビットコインなど仮想通貨市場は苦戦を強いられている。しかし、専門家やアナリストは強気姿勢を崩していない。
08/04 (水)
露裁判所、仮想通貨取引を行っていた顧客の銀行口座凍結を不適切と判断
ロシア貯蓄銀行が仮想通貨ビットコインの取引を行っていた市民の口座を凍結していたことについて、ロシアの地方裁判所が不適切と判断した。
08/04 (水)
仮想通貨取引所FTXはどう規制に対応するか サムCEOが語る見解
グローバル大手仮想通貨取引所FTXのサムCEOはCNBCの取材でFTXのコンプライアンス体制や規制展望について見解を披露。
08/04 (水)
Bakkt、ビットコイン決済を試験導入へ 米レストランチェーンとの提携で
デジタル資産関連企業Bakktは、レストランチェーンQuiznosとパートナーシップを締結。Quiznosでの支払いに仮想通貨ビットコインを試験導入する。
08/03 (火)
ビットコインは売りのターン継続、NFTコレクティブルゲームで数億円規模の高額落札相次ぐ
仮想通貨市場では、ビットコインが直近高値から約3000ドル下落して調整色を強めた。NFT(非代替性資産)市場は再び活性化しており、CryptoPunks(クリプトパンク)では数億円規模の高額落札が相次いだ。
08/03 (火)
米大手銀ウェルズ・ファーゴ、富裕層向けに仮想通貨投資商品を提供開始=報道
米金融大手ウェルズ・ファーゴが適格投資家向けに仮想通貨投資商品の提供を開始したことが判明。Business Insiderが関係筋の話として報道した。
08/03 (火)
米マラソン社、ビットコインマイニングマシンを100億円超発注
米仮想通貨マイニング企業Marathonが、ビットコインマイニングマシンを新たに30,000台、ビットメインから購入することが分かった。100億円を超える規模の注文となる。
08/03 (火)
ビットコインATMオペレーター、米エンタープライズ決済大手が買収へ
米エンタープライズ決済大手NCRはビットコインATMプロバイダーLibertyXを買収する。仮想通貨決済関連事業を拡大する狙いがある。
08/03 (火)
米大手ヘッジファンドSkyBridge、運用のビットコインによるCO2を相殺へ
米SkyBridge Capitalは、ファンド運用する仮想通貨ビットコインが排出した温室効果ガスを相殺するため、気候テック企業MOSS Earthとパートナーシップを締結したことを発表した。
08/02 (月)
ビットコイン相場好転の背景に3つのデータ傾向
7月末の仮想通貨市場。イーサリアムの投資家センチメントは5月以来となるプラスに回復。ビットコイン市場の直近のデータトレンドも掲載した。
08/02 (月)
米大手銀行BofA、エルサルバドルのビットコイン採用がもたらすメリットを説明
米大手銀行のバンク・オブ・アメリカは、ビットコインの法定通貨採用が、エルサルバドルに様々な恩恵をもたらすと評価しているようだ。
08/02 (月)
石油企業とビットコインマイニングのシナジー 最新事例と今後の展開
中東サウジアラビアの石油大手Saudi Aramco(サウジアラムコ)に対し、ビットコイン(BTC)マイニングへの参入を検討するよう交渉している動きがある。石油の副産物であるガスなどを仮想通貨採掘に再利用する活用例は増えている。
08/02 (月)
連騰後のビットコインは調整安、思惑先行のパレットトークン一時23倍の約95円まで高騰
仮想通貨市場ではビットコイン42000ドルの抵抗帯で調整安となったが、大型アップデート控えるイーサリアムやXRPが前週比で堅調。国内初IEOのパレットトークン(PLT)は、思惑先行で公募価格の23倍まで高騰する場面があった。
08/02 (月)
米スクエア、豪アフターペイを買収へ ビットコイン購入サービスが拡大
米決済アプリ大手スクエア社が豪決済企業アフターペイ社を29億ドル相当で買収すると発表。2022年1Qの最終決定を見込んでいる。
08/02 (月)
7月のビットコイン採掘収益、約1000億円に 難易度も2ヶ月ぶりプラス調整
The Blockリサーチが、月間のビットコインマイナー収益データを公開。7月のビットコインマイナー収益は、9億7,000万ドル(1063億円相当)を超えた。
08/02 (月)
PayPal、仮想通貨関連チームをアイルランドで結成か=報道
決済プラットフォームを運営するPayPalが、アイルランドで仮想通貨関連のチームを立ち上げる準備をしていることがわかった。アイルランドの大手現地紙であるIrish Independentが報じた。
08/01 (日)
三役好転目前のビットコイン、来週も気の抜けない1週間となるか
ビットコイン(BTC)は先週から日足で10連続の陽線を記録、31日になって価格が450万円を突破した。マイクロストラテジー社がビットコイン投資継続を発言するなど、ポジティブなニュースも。
08/01 (日)
週刊仮想通貨ニュース|SBIレミットXRP利用の国際送金サービス提供開始、コインチェックに国内初IEOパレットトークン上場
今週は、SBIが仮想通貨XRPの国際送金サービスを開始、注目を集めた。また、ビットコインの決済導入が報道されたアマゾンはその後公式に否定。一週間のニュースをまとめてお届けする。
07/31 (土)
仮想通貨レンディング大手BlockFiに証券法違反の疑い、規制当局の指摘事例まとめ
【随時更新】ビットコインなど仮想通貨レンディング大手BlockFiが、米国の複数の州において証券法違反を指摘されている。各州からの指摘事例と同社の対応をまとめている。