ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインは、サトシ・ナカモトという正体不明の人、あるいは組織が2008年に公開したホワイトペーパーが発端で開発がスタートした史上初の仮想通貨です。ユーザーの力を借りて運営されるピア・ツー・ピアの決済ネットワークであり、運営に銀行のような中央機関を必要としません。

BTC関連ニュース

01/18 (月)
イラン政府「大規模停電はビットコインマイニング(採掘)が一因」
イラン政府は同国で発生していた大規模な停電の要因として仮想通貨マイニングを批判。弊害として首都テヘランでは大気汚染の悪化に拍車がかかっている。
01/18 (月)
ビットコイン高騰で関心高まるオプション市場、高度なトレード戦略をプロが解説
高騰する仮想通貨ビットコインでは、機関投資家の参入と共にオプション市場の取引量も増加傾向にある。大きな反響を呼んだ36000ドルの巨大ピンなど、オプション取引の狙いをプロが解説。
01/18 (月)
政府・中央銀行がビットコインを購入するシナリオは?
カナダのスティーヴン・ハーパー元首相が米ドルに続く準備資産として金やビットコインなどを挙げた。米マイアミ市でも組み入れが検討されるビットコインの供給量を考察する。
01/18 (月)
ビットコインクジラが示す買い集めライン、Pantera Capitalは8月にBTC11万ドルの強気予想を示す
大口投資家(クジラ)の購買行動を可視化したWhalemapから浮かび上がった下値支持線は。仮想通貨ファンドPantera Capitalは、過去の半減期サイクルからBTC11万ドルもあり得るとの強気レポートを示した。
01/18 (月)
イーサリアムが圧倒的なパフォーマンス、上位30銘柄の年間成長率=CoinGecko
仮想通貨データ分析企業CoinGeckoが2020年の報告書を発表。仮想通貨の時価総額やステーブルコインの成長、ゴールドなど他資産とビットコインの比較などを行っている。
01/18 (月)
ビットコインの激しい価格変動、機関投資家の考えは?
今年に入り、最高価格を記録後、激しい値動きを見せているビットコインに対する機関投資家の見方は?ボラティリティに警告を発する機関投資家がいる一方で、強気派も多く存在するようだ。
01/18 (月)
米CMEビットコイン先物、625ドルの「窓」
CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、625ドルの「窓(ギャップ)」で取引を再開した。
01/17 (日)
中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット
中国をはじめとする各国は、独自の中央銀行デジタル通貨(CBDC:Central Bank Digital Currency)の構築競争を繰り広げています。ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)ではなく、独自のデジタル通貨の導入を目指すのはなぜでしょうか。
01/17 (日)
コインチェックが2020年利用動向を公開、値上がり率はネム5.8倍、イーサリアム5.3倍
ビットコインなどを扱う、暗号資産(仮想通貨)取引所サービスのコインチェックを運営するコインチェック社が、2020年のサービスの利用動向を公開した。最も値上がりした銘柄についても明かしている。
01/17 (日)
次週注目ファンダ「米国の複数企業でXRP取引停止」|ビットコイン難易度調整は+10.79%
次週注目ファンダは、仮想通貨リップル(XRP)に関して複数の企業が取引停止を予定。ビットコインはマイニング難易度調整が行われ変動率+10.79%に。
01/17 (日)
「ビットコイン利益確定売り局面も、底堅さ続くか」bitbank仮想通貨週間市況と各金融市場の騰落率
国内大手取引所bitbankのアナリストが、4万ドルまで大幅反発を見せた今週のビットコインチャートを図解し、次週の注目イベントなど今後の展望を読み解く。株や貴金属など各相場の週間・月間・年初来騰落率も掲載。
01/17 (日)
週刊仮想通貨ニュース|金融庁「日本法ではXRPは有価証券に該当せず」、欧州中銀の総裁がビットコイン規制を訴える
今週はビットコインの半減期について大局的な見解の記事が読まれた。仮想通貨市場はコインチェック銘柄のIOSTなど、アルトコイン含め変動の大きい相場が続く。
01/16 (土)
米グレースケール、機関投資家主体に約3400億円の資本流入=20年Q4レポート
米仮想通貨投資大手グレースケール社は2020年Q4レポートを公開。機関投資家を主体に約3400億円の資本流入を記録した。
01/16 (土)
カナダ3iQのビットコイン投資信託、運用額が800億円超え
カナダの投資企業3iQ Corpは仮想通貨ビットコイン投資信託「QBTC」の運用額が10億カナダドル(約820億円)に達したことを公表した。昨年11月から資産規模が急増。
01/16 (土)
ビットコイン上場投資商品(ETP)、ヨーロッパでトップのETFと互角の取引高に
ドイツ取引所で取引されている仮想通貨ビットコインの上場投資商品(ETP)は、今年に入り最もポピュラーな株式ETFとも互角の取引高を記録していた。
01/16 (土)
米マイアミ市長、市の財務資産にビットコインを組み入れる構想
米国のマイアミ市長は市の財務資産の一部として仮想通貨ビットコインを保有する構想について話した。仮想通貨による税金や手数料支払いも検討しているという。
01/16 (土)
インド当局、1億円相当のビットコインをハッカーから押収
インドで25歳のハッカーは約1億円相当の仮想通貨ビットコインをハッキングで不正取得していたことが判明。インドではハッキング件数が世界平均よりも多い傾向が見られる。
01/16 (土)
英投資アドバイザー、政府に仮想通貨の取引禁止を求める嘆願書提出
一人のイギリスのファイナンシャル・アドバイザーは同国でのビットコインなど仮想通貨の取引を禁止する嘆願書を、英国政府に提出した。「ビットコインに本質的な価値はない」「詐欺」「犯罪に利用」との主張がその論拠となっているという。
01/16 (土)
マウントゴックス民事再生に進展──90%のビットコインの返還を要求する選択肢を債権者に付与=ブルームバーグ
マウントゴックス事件で、債権者にビットコインの返還を要求する選択肢が与えられたことが分かった。マウントゴックスに残されているビットコインの90%の返還を、法的な請求内容が決定する前に求めることができる。
01/16 (土)
新たなビットコイン投資信託「OBTC」、フィデリティ仮想通貨子会社がカストディ担当
米仮想通貨投資企業Osprey Fundsはビットコイン投資信託「OBTC」を販売し主要OTC取引所OTCQXで取引される予定だ。類似した商品には、グレースケールの「GBTC」がある。