ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

ビットコインとは

ビットコイン(BTC)は、史上初の仮想通貨である。通貨単位はBTC。2008年10月に、サトシ・ナカモトと名乗る正体不明の人物あるいは組織が、インターネット上に公開したホワイトペーパーを基に誕生した通貨である。
日本円やドルのように、ビットコインは銀行のような中央機関を必要としない。特定の運営主体を定めない代わりに、ビットコインはピア・ツー・ピアと呼ばれる複数のコンピュータ同士が対等に通信を行う形で、決済ネットワークを保っている。
ビットコインを利用する際には、個人間で直接、インターネット経由での送金が可能である。海外送金などの手数料も、法定通貨と比べると格安だ。(ただし2021年6月9日、エルサルバドル共和国がビットコインを法定通貨として、採用を決定した。例外もある)


ブロックチェーン技術とは

こうしたビットコインの価値を担保している技術が、ブロックチェーンである。ブロックチェーン技術では、データが格納されたブロックを鎖でつなげるようにして情報を管理している。取引情報が古くなればなるほど、データを改変する難易度が指数関数的に上昇していく仕組みだ。そのため、ビットコインのネットワークを攻撃して取引記録を改ざんする行為は、極めて困難だとされている。


ビットコインの特徴

上記で説明したビットコインの取引情報については、誰でも閲覧が可能だ。その結果、二重支払いを無くし、加えて悪意あるユーザーによる通貨の偽造を防ぐ抑止力にもなる。取引記録の中に、個人情報が含まれていない点も安心だ。
また、ビットコインに関する取引の承認作業として機能するマイニング(採掘)には、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)方式が採用されている。マイナーと呼ばれるネットワーク参加者あるいは組織が、多大な計算量を要する問題に取り組み、マイニングを行っていく。この際、最も早く問題を解いたマイナーのみが報酬として、ビットコインを得られる。
最後に、ビットコインの総発行枚数は、2100万枚である。
新規発行スケジュールは事前に定められており、2140年までには2,100万 BTCすべてが発行される予定だ。その後、ビットコインが新規発行されることは永遠にない。

BTC関連ニュース

10/18 (月)
米ビットコイン先物ETF、ローンチは火曜日へ
ProShares社のビットコイン先物ETFは米時間19日にローンチすることがわかった。
10/18 (月)
エルサルバドル公式BTCウォレット普及進む、1日の送金額3億円超える
エルサルバドルのブケレ大統領は16日、ビットコインウォレット「Chivo」を利用した1日当たりの送金件数が2万4,076件となり、総額306万9,761ドル)に達したとツイートした。
10/18 (月)
ビットコイン、週足終値ベースで過去最高値を更新 先物ETFの米国初認可で
仮想通貨市場では、BTCが週足終値ベースで過去最高値を更新した。渇望されたビットコイン先物ETFがSECに初めて認可されたことを受け、高騰している。
10/18 (月)
米大手住宅ローン企業、仮想通貨決済を停止へ 
米大手住宅ローン企業UWMは14日、ビットコインなどの仮想通貨による決済の受付を停止したことを発表。仮想通貨決済の需要不足や、規制面の不確実性を要因として挙げた。
10/18 (月)
グレースケール社のビットコイン現物ETF、申請間近か=CNBC
グレースケール社が約65万BTCの運用額を誇るビットコイン投資信託(GBTC)をETFに転換する計画が判明。関係筋の話としてCNBCが報じた。
10/18 (月)
ビットコインマイニングの余熱を暖房に再利用 北米カナダの取り組み
カナダのビットコインマイニング企業MintGreenは14日、ノースバンクーバー市のエネルギー会社との提携を発表。仮想通貨採掘で生まれた余熱を暖房などに再利用する計画を打ち出した。
10/17 (日)
クリプトBAR第8夜、ビットコイナー反省会 東晃慈氏が来店【CONNECTV】
今夜のクリプトBARには、古くから暗号資産(仮想通貨)業界で活動をしており、YouTubeチャンネル「ビットコイナー反省会」を運営している東晃慈氏が来店し、現状をどう見ているのかについて語り尽くす。
10/17 (日)
インフレ率(BEI)から見るビットコイン相場、ETFの事実売りにも用心を
国内大手取引所bitbankのアナリストが、6万ドルに達した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。株や貴金属など各相場の週間・月間・年初来騰落率も掲載。
10/17 (日)
週刊仮想通貨ニュース|ビットコインETF承認でBTC700万円台に高騰、bitFlyerが第一種金商業ライセンス取得
今週は、SECが米国で初となるビットコイン先物ETFを承認した。仮想通貨市場ではETF承認を受けビットコインが急騰、700万円を突破するなど、一週間のニュースをまとめてお届けする。
10/16 (土)
国内仮想通貨企業Hyperithm、最大100億円規模のファンドを検討
国内仮想通貨関連企業Hyperithmは、最大100億円規模の仮想通貨ファンドの組成を検討していることがわかった。ビットコインなど3銘柄の組み入れを想定している。
10/16 (土)
米財務省、仮想通貨制裁回避の防止ガイダンスを発表
米財務省は、米国の制裁に関して、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界が法的遵守するためのガイダンスを発表。ランサムウェア攻撃に対する取り組みの一環ともなる。
10/16 (土)
米スクエア社、ビットコインの採掘システム開発を検討
米スクエア社は、仮想通貨ビットコインのマイニングシステム構築を検討していることが分かった。ジャック・ドーシーCEOが明らかにした。
10/16 (土)
日米欧30カ国、ランサムウェア対策で共同声明 中露を念頭
米ホワイハウスは、日本など30カ国が参加した仮想通貨などを利用したランサムウェア攻撃対策の会合において、共同声明を発表した。
10/16 (土)
米Bakkt、来週ニューヨーク証券取引所上場へ
米インターコンチネンタル取引所傘下の仮想通貨関連企業Bakktは、来週ニューヨーク証券取引所に上場する予定を発表した。
10/16 (土)
英ガーンジー管区、ビットコインETFを承認
イギリスの王室属領のガーンジー代官管轄区が資産運用会社Jacobiの仮想通貨ビットコインETFを承認したことが発表された。
10/16 (土)
豪州大手年金基金、仮想通貨投資可能に=報道
オーストラリアで5番目の規模の大手年金基金QICは、将来的に仮想通貨に投資することが可能になったことがわかった。
10/16 (土)
速報 米SECがビットコイン先物ETFを承認、同国初
米SEC(証券取引委員会)は米時間15日、ProSharesの仮想通貨ビットコイン先物ETFの申請を承認した。米国初のビットコインETFとなる。
10/15 (金)
ビットコイン約6万ドルまで急騰、CryptoQuant CEOはクジラの買いを指摘
仮想通貨ビットコイン(BTC)は15日に急騰し、約6万ドルに達した。オンチェーンデータは、クジラの購買行動が後押ししたことを示唆した。
10/15 (金)
JVCEA、仮想通貨のマネロン規制の改正案について意見を公募
日本暗号資産取引業協会は、仮想通貨交換業におけるマネロンやテロ資⾦供与対策に関する自主規制規則の改正案について意見の公募を開始した。
10/15 (金)
上場投資信託「ビットコインETF」とは|初心者向けに特徴と重要ポイントを解説
上場投資信託「ビットコインETF」が米国で初認可された場合、なぜ相場に大きな影響を与えるのか。主な特徴と重要ポイントについて初心者向けに解説。