Bitcoin [ビットコイン] BTC

BTC/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

BTC 基礎情報

Bitcoin(ビットコイン)は、サトシ・ナカモトという正体不明の人、あるいは組織が2008年に公開したホワイトペーパーが発端で開発がスタートした史上初の仮想通貨です。ユーザーの力を借りて運営されるピア・ツー・ピアの決済ネットワークであり、運営に銀行のような中央機関を必要としません。

BTC関連ニュース

10/19 (月)
米国の仮想通貨税金事情、年末の税金額確定に向けビットコイン売り圧は生じるか?
今年度の税金額を確定する12月が迫り、年末までにビットコインへの売り圧力が生じる可能性があるとして海外トレーダーが警告した。アメリカの仮想通貨課税事情から読み解く。
10/19 (月)
黎明期にビットコイン決済導入、ドイツにある伝説のレストラン閉店へ
2011年からビットコイン決済を受け付けていたドイツのレストラン「Room77」が閉鎖され、仮想通貨コミュニティからも嘆きの声が上がっている。オーナーは閉店に際して「今では誰もビットコインを止めないことが明らかになった」と宣言した。
10/19 (月)
中長期の相場観、ビットコインとイーサリアムの強気を示す複数のシグナル
仮想通貨市場とBTC(ビットコイン) 19日の暗号資産(仮想通貨)市場。 ビットコイン(BTC)価格は、前日比+0.72%の120.7万円(11,460ドル)に。 攻防の要であ…
10/19 (月)
ビットコイン、マイニング指標が過去最高値
ビットコイン(BTC)ハッシュレートが145.09 EH/s、最新の難易度調整を前回比+ 3.62 %で完了。マイニング指標が過去最高値を更新した。
10/19 (月)
ビットコイン先物 135ドルの「窓」─米CME
週末の変動幅を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、135ドルの「窓(ギャップ)」で取引を開始した。先週末の終値11,370ドル(1,197,710円)に対し、始値が11,505ドル(1,211,930円)となった。
10/18 (日)
「ビットコインキャッシュ(BCH)上昇も逆境相場の下支えに」bitbankビットコイン週間市況と各金融市場の騰落率
ビットコインキャッシュ(BCH)の材料が相場の下支えとなった理由について解説。株や貴金属を含めた各相場の週間・月間・年初来騰落率、仮想通貨取引所bitbankアナリストによる週間ビットコイン市場レポートを合わせてお届け。
10/18 (日)
「DASHプラットフォームアップデート、20日に迫る」今週の注目ファンダとビットコイン採掘速度
仮想通貨市場のクリプト指標と注目ファンダをピックアップ。先週のBTCハッシュレートの最低値は10月04日の135.6TH/s(前週比100%)、最高値は10月10日の141.7TH/s(前週比99.9%)でした。
10/18 (日)
リップル国際カンファレンスSwellの模様、大手取引所OKEx出金停止が市場に影響|週間仮想通貨ニュース
今週のニュースでは、リップル国際カンファレンスSwellのレポートや10年間眠っていたビットコインが移動した記事に注目が集まった。仮想通貨市場では、中国大手取引所OKExの出金停止騒動などがマイナス材料に。
10/17 (土)
仮想通貨にも使えるテクニカル分析|トレンド途中で現れるフラッグ・ペナントとは?
仮想通貨ビットコイン市場にも応用可能なテクニカル分析の基礎「ペナント、フラッグ」を使ったチャート分析について、金融のプロが初心者にもわかりやすく解説。
10/17 (土)
Bakktのビットコイン先物取引高が過去最高記録、高まる機関投資家からの需要
Bakktの直近一か月間のビットコイン先物の取引高が過去最高を記録した。他の取引所でも先物の取引高が高まっており、ある調査会社は、機関投資家からの需要の高まりを指摘している。
10/16 (金)
出金停止中のOKExへ ビットコインの大口送金
仮想通貨銘柄の出金を停止したOKExへ、大口のビットコイン送金があったことがわかった。中華系取引所大手HuobiからOKExへの送金が複数回確認された。
10/16 (金)
「ビットコイン、イーサリアムは証券に該当せず」英王室属領・マン島が新ガイダンス
英王室属領「マン島」は、仮想通貨ビットコインとイーサリアムについて、新たなガイダンスで証券とみなさないとした。
10/16 (金)
マウントゴックス、民事再生計画案の提出期限を再延期
2014年に巨額のビットコイン消失で破綻した仮想通貨取引所マウントゴックスの最新状況で、再生計画案の提出期限を延期したことがわかった。
10/16 (金)
ビットコインとポルカドットを繋げる「PolkaBTC」2021年Q1ローンチへ
ポルカドットはトークン化されたビットコイン「PolkaBTC」を発表した。来年の第1四半期のローンチを予定しており、ビットコインでDeFiを利用する手段がまた一つ増えることになる。
10/16 (金)
ビットコイン急落、大手仮想通貨取引所OKExの出金停止措置を受け
大手仮想通貨取引所OKExの出金停止措置発表を受け、ビットコインなど仮想通貨が急落した。BitMEXのネガティブサプライズ等が連想されたものと思われる。
10/16 (金)
欧米圏のパンデミックで世界経済に再び暗雲、Dan Tapieroは採掘ビットコインの枯渇を示唆
欧米で新型コロナウイルス感染症のパンデミック懸念が急上昇するなか、ビットコイン価格は高値水準をキープ。仮想通貨投資ファンド創設者は、グレースケールの影響力がさらに強まれば「ショートは一巻の終わり」との見解を示した。
10/16 (金)
ビットコインの大型アップグレードで進展──TaprootがBitcoin Coreに統合
ビットコインの二大アップグレードとして長期に渡って期待されているタップルートとシュノア署名が、Bitcoin Coreに統合された。あとはデプロイされるのを待つのみとなっている。
10/15 (木)
米投資ファンドWilshire Phoenix「ビットコイン先物市場の価格発見機能は現物市場を超える」
米投資ファンドWilshire Phoenixが、ビットコイン(BTC)の価格発見機能に関するレポートを公開。現物市場よりも先物市場の方が、BTCの価格発見機能に影響を与えているとの見解を示した。
10/15 (木)
一般投資家に仮想通貨購入制限 露中銀が検討──年間約80万円を上限に
ロシア中央銀行が、無資格投資家による仮想通貨の購入に制限を設けることを検討していることが判明。案によると購入額は年間最大60万ルーブル(約81万円)に制限されることになる。
10/15 (木)
日本政府に対し追加給付金の要望書提出、景気刺激策が相場に与える影響
新型コロナ対策で三次補正を合わせた追加給付金が新たに提案され、政府が検討に入った。米国では、景気刺激策が仮想通貨市場などビットコイン相場にも影響を与えている。