ビットコイン(BTC)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
11/15 (火)
ビットコイン反発、投資信託などの資金フローは4200万ドルの流入超過に転じる
暗号資産(仮想通貨)市場では、バイナンスの事業再生ファンド設立発表の影響もありビットコインが反発。資金フローで4200 万ドルの流入超過に転じたほか、CoinGlassのデータでも史上2番目の純残高増を記録した。
CoinPost
11/15 (火)
15日朝の金融市場短観|NYダウ底堅い、仮想通貨TWTは前週比+150%
今日のニューヨークダウ平均は横ばい。ブレイナードFRB副議長は14日、次回政策会合で利上げペースの減速を検討する可能性があることを示唆。仮想通貨市場ではTWTが前週比100%高。
CoinPost
11/14 (月)
Crypto.com、540億円相当のイーサリアムを誤送金 全資産返還済
Crypto.comが約544億円相当の仮想通貨イーサリアムを、別の取引所に誤って送金していたことがツイッターユーザーに指摘された。同社のKris Marszalek CEOがその事実を認め、経緯を説明する事態となった。
CoinPost
11/14 (月)
投資家のリスク回避強まり仮想通貨の資金抜け加速、アラメダ関連銘柄中心に大幅続落
業界大手のアラメダリサーチおよびFTXグループの破綻で大混乱に陥った暗号資産(仮想通貨)市場。アラメダ関連銘柄のFTTやソラナ(SOL)が大幅続落、ビットコインやイーサリアムも大きく反落するなど投資家の資金抜けが目立つ。
CoinPost
11/13 (日)
FTTショック余波への懸念燻るも、来週は18000ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、FTTショックで激震走った今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
CoinPost
11/13 (日)
週刊仮想通貨ニュース|FTX破産申請に注目集まる、自民党Web3PTが仮想通貨税制で緊急提言など
今週はFTXの破産申請など、関連企業の財務危機を巡る一連の動向に最も多くの関心が集まった。このほか、自民党Web3PTが仮想通貨税制で緊急提言したことなど、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
11/12 (土)
12日朝の金融市場短観|FTX破産法申請 仮想通貨市場乱高下
今日のビットコイン相場は大幅安。仮想通貨取引所FTXが米連邦破産法11条の適用を申請したことにショック。顧客資産の行方が焦点になる。
CoinPost
11/11 (金)
CPI好感で日米株大幅高、仮想通貨反発もアラメダ(FTX)騒動は各方面に飛び火
警戒されたCPI(米消費者物価指数)結果が市場予想を下回ったことを受けダウや日経平均が高騰。前日まで暴落していたビットコインなど仮想通貨相場も反発したが、アラメダリサーチやFTX騒動の影響は各方面に波及し、予断を許さない。
CoinPost
11/11 (金)
11日朝の金融市場短観|NYダウ・仮想通貨市場大幅反発 米CPI伸び鈍化など
米株市場は10月CPI値の低下を受け急反発。インフレ抑制の効果が出た格好だ。仮想通貨市場については一部の銘柄が30%以上の大幅反発。FTXの一部出金再開やジャスティン・サン氏の協力が材料視された。
CoinPost
11/10 (木)
ビットコイン一時15500ドル台まで暴落、ソラナ(SOL)は前日比40%安に
マクロ経済と金融市場 9日の米NY株式市場では、ダウは前日比646ドル(2.0%)安の大幅反落で取引を終えた。 2024年の大統領選の前哨戦となる米中間選挙の開票が進む中、株高…
CoinPost