Bitcoin [ビットコイン] BTC

08/27 (木)
押収された「過去最大規模の仮想通貨」、米下院議員がトランプ政権に情報開示要求
米下院の国家安全小委員会の理事長らは、トランプ政権が主要テロ組織から押収した仮想通貨をめぐり、トランプ政権に情報の開示を求めている。立法プロセスのために報告が必要と説明。
08/27 (木)
仮想通貨テザー(USDT)、平均送金額でビットコインを上回る
ステーブルコインの一つ、テザーは直近の平均送金額がビットコインの送金額を上回ったことが確認された。DeFi人気の高まりなどが背景にあり、CoinMetricsは「大きなマイルストーン」だとしている。
08/27 (木)
米金融大手フィデリティ、ビットコインファンドを提供か
米金融大手フィデリティの幹部が、ビットコインのファンドを提供するための申請書類を、米証券取引委員会(SEC)に提出。ファンドの概要が明らかになった。
08/26 (水)
イーサリアム共同創設者率いるポルカドット(DOT)高騰で時価総額7位ランクイン、ビットコインは調整継続
イーサリアム共同創業者ギャビン・ウッド率いるPolkadotプロジェクトの仮想通貨「DOT」が高騰、CMCの時価総額7位まで浮上した。調整局面のビットコインは一時120万円を割り込むなど売り優勢の展開続く。
08/26 (水)
スターバックス、ブロックチェーン技術で消費者とコーヒー豆農家を繋ぐ
世界最大手のコーヒー・チェーン、スターバックスのブロックチェーンを利用したコーヒー豆のサプライチェーン追跡が、一般消費者にも利用できるようになった。現在は米国の店舗で購入するコーヒー豆に限定されている。
08/26 (水)
中国内モンゴルの電力会社、仮想通貨採掘業者へ「安価な電力供給」を停止か=報道
中国の報道によると内モンゴル自治区が仮想通貨マイニング事業へ安価な電力を提供することを止める方針であることが判明。この措置は電力価格を約33%増加させることになりマイナーの間で懸念を広げている。
08/26 (水)
ビットコイン1万ドル超えの日数、17年の仮想通貨バブルに次ぐ長さに
ビットコイン価格が心理的節目である1万ドル(約106万円)を超えている日数が本日で30日目になる。仮想通貨バブル期に次ぐ長さとなっているが、当時と変化はないのか、専門家が見解を語っている。
08/26 (水)
仮想通貨取引所FTX、Blockfolioを1.5億ドルで買収
仮想通貨デリバティブ取引所FTXが仮想通貨のポートフォリオ管理アプリBlockfolioを1.5億ドルで買収したことを発表した。現金、FTTトークンおよび株式も支払いの手段となる。
08/26 (水)
ビットコイン、次の半減期でゴールドの希少性を超える=金融大手フィデリティ
米金融大手フィデリティの仮想通貨専門企業FDAが、ビットコインは希少性において、2024年以降にゴールド(金)を上回ると主張。価値の保存手段をテーマに、BTC投資に関するレポートを公開している。
08/25 (火)
分散型取引所(DEX)と分散型金融(DeFi)の急成長 20年7月 CoinGecko月刊レポート
先日CoinGeckoは、マーケット概観・DEX(分散型取引所)・DeFiトークンなどのトピックに焦点を当てた、2020年7月のマーケットレポートを公開しました。
08/25 (火)
Bybit、Youtubeで仮想通貨をテーマにしたトークショーを主催
仮想通貨取引所のBybitは新たにトークショー形式のメディア「ワールド・シリーズ・オブ・トレーディング(WSOT)by Bybit」を開始することを明らかにした。
08/25 (火)
「インフレ局面のビットコイン上昇論はミスリードだ」Bitfinexの元ランキング1位が指摘
法定通貨のインフレ懸念が台頭し、ビットコインの中長期的価格上昇が見込まれる中、米ドルのインフレ自体が発生しないとの指摘も見られる。有識者や大手銀行は分析を披露した。
08/25 (火)
ビットコインの大口保有者数、過去最高に【アドレス推移】
ビットコイン(BTC)を1000BTC以上保有しているアドレス数が、過去最高を記録。機関投資家や大口投資家の需要の高まりが実際に数字に反映している可能性がある。
08/25 (火)
マネロン対策の報告義務化、仮想通貨取引所等に対象拡大 イギリス規制当局が計画
イギリスの金融行動監視機構(FCA)は、マネーロンダリングへの取り組みレポートの提出義務について、その対象企業を拡大し、仮想通貨取引所も対象とすることを計画している。
08/25 (火)
「ビットコインは大相場の初動にすぎない」大手取引所クラーケン幹部が示す5つの根拠
米仮想通貨取引所クラーケンの幹部Dan Heldが、ビットコインの強気相場が始まったと考える根拠を5つ提示。ビットコインのデータやマクロ経済の状況をツイートした。
08/25 (火)
BitMEX、日本に続きオンタリオ州居住者の仮想通貨取引を禁止へ
仮想通貨取引所BitMEXが、カナダのオンタリオ州の居住者からのアクセスを9月1日から制限することがわかった。オンタリオ州証券委員会から命令を受けたためだ。
08/24 (月)
ビットコインの採掘難易度、過去最高値を更新 「+3.52%」で調整完了
ビットコインネットワークは24日、難易度の調整を前回比+3.52%で完了した。難易度は17.56 T、平均ハッシュレートは125.59 EH/sで共に過去最高値を更新した。
08/24 (月)
国際通貨基金(IMF)が再掲載、基礎金融用語として「仮想通貨」を解説
国際通貨基金(IMF)がビットコインなど、仮想通貨についての動画と記事を再紹介。仮想通貨を基礎的な金融用語の一つとして説明し、その利点とリスクをまとめたものだ。
08/24 (月)
活況つづくアルト市場、調整中のビットコインは悲観・楽観で見解割れる
仮想通貨市場では、ネム(XEM)が前日比20%近くと高騰し10円台を回復。Cosmos(ATOM)が前日比14%高、前月比112%高を記録するなどアルト市場は引き続き活況を示す。調整局面で悲観予想の増えるビットコインは、下値支持線で踏みとどまるか。
08/24 (月)
イラン、無許可の仮想通貨マイニング工場を閉鎖 1100拠点
イラン配送電公社Tavanirが、無許可でマイニングを行っていた1100のマイニングファームを閉鎖したことがわかった。内部告発者が当局に報告したことが、違法マイナーの特定に繋がったという。