XRP [リップル] XRP

XRP/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

XRP 基礎情報

XRP(エックスアールピー)は「価値のインターネット」を目指す国際送金ソリューションで、アメリカに本拠地を置くリップル社が開発・運営しています。国際間送金、特に銀行間送金における速度と安さを追求している仮想通貨で、国際間の送金・両替におけるハブ的存在になることを目標に活動しています。すでに銀行間の送金に採用される実例があります。

XRP関連ニュース

08/12 (水)
100,000仮想通貨XRP盗難事件、豪州女性を逮捕
2018年1月に発生した100,000のXRP盗難事件で、25歳のオーストラリア女性が逮捕された。仮想通貨の窃盗で起訴された最初のオーストラリア人だという。
08/09 (日)
リップル社仮想通貨XRP買い戻し、ネム好調、史上初の金2000ドル|週間ビットコイン重要ニュース
リップル社の仮想通貨XRP買い戻しや、LINE独自仮想通貨「LINK」の国内上場など、注目を集める出来事を網羅。全体相場は先週末の高騰からフラッシュクラッシュした。
08/07 (金)
野村総研、ビットコインや主要アルトの「新評価基準」提供へ 仮想通貨投資商品開発をサポート
野村総合研究所は7日、仮想通貨(暗号資産)の日本円での評価価格となる「NRI/IU暗号資産リファレンスプライス」の提供開始を発表した。
08/06 (木)
「楽天ウォレットPro」仮想通貨証拠金取引サービスの大幅スプレッド縮小を実施
楽天グループが運営する仮想通貨取引所「楽天ウォレット」は、6月からアルトコイン4銘柄(ETH・XRP・LTC・BCH)のスプレッドを縮小するサービスを開始。7月からビットコイン(BTC)のスプレッドを縮小するサービスを開始した。
08/06 (木)
バイナンスに新たな法定通貨ペア、XRP/AUDや韓国ウォンのステーブルコインなど
仮想通貨取引所バイナンスが複数銘柄アルトコインの法定通貨取引ペアの追加を発表した。XRPやBNBも対象となる。
08/05 (水)
京都大学、仮想通貨XRPバリデータ保守の人員を募集
京都大学が、XRPのバリデータ保守やデータ管理を行う技術補佐員を募集していることが分かった。
08/05 (水)
仮想通貨市場、日本と世界の関心度は──ビットコイン・イーサリアム・XRPで比較検証
米ドルをはじめとする法定通貨への不信感を映す形で金と共に上昇したビットコイン。DeFiブームなどを背景にしたイーサリアムの価格高騰など、仮想通貨業界が盛り上がりを見せる中、市場関心度は現在どれほどまで上昇しているのか。
08/04 (火)
LINEの独自仮想通貨「LINK」、6日から日本で取引開始
LINEのグループ会社LVCは4日、LINEの独自仮想通貨(暗号資産)「LINK」を日本で取扱いを開始すると発表した。
08/04 (火)
リップル社、市場から仮想通貨XRPを買い戻す方針示す:Q2最新報告書
リップル社が、2020年Q2(4〜6月)のXRPマーケット報告書を公開。XRP販売のほか、セカンダリー市場(投資家間で売買される市場)からXRPを買い戻す方針を取っていることが新たにわかった。
08/03 (月)
SBI e-Sports、仮想通貨XRPの実需拡大に意欲を示す
SBIグループが新設したSBI eSports株式会社が、Twitter上で仮想通貨XRP(リップル)の実需拡大に意欲を示したことがわかった。どのような施策を検討しているのか関心が高まっている。
08/03 (月)
仮想通貨XRP(リップル)のP2Pウォレット「Xumm」来年前半ローンチへ
リップル社XRPL Labsが多機能P2Pウォレット「Xumm」開発の最新ロードマップを発表。ほとんどすべての機能を組み込む「Xumm 2.0」は、2021年第1四半期のリリースを目指しているという。
08/03 (月)
ビットコイン、週末にフラッシュクラッシュ 1500億円相当の清算
週明け3日の仮想通貨市場は、乱高下した週末の仮想通貨市場の影響で全面安に。ビットコインは前日比5.5%安の118万円(bitFlyer)で推移、2日に高値128.5万円に到達するも、大幅下落した。
08/02 (日)
ビットコイン高騰背景に日韓の出来高増 イーサリアム・XRPも重要節目を突破
ビットコインの終値を1万1351ドルと、2017年末のバブル相場以来の高値となるなか、8月もその勢いは失速する様子がない。イーサリアム(ETH)が16%高の4.2万円、XRP(リップル)が14%高の31.2円とTop3が好調だ。
08/02 (日)
仮想通貨市場が全面高、SBIデジタル通貨、カルダノ大型アップグレード|週間ビットコイン重要ニュース
仮想通貨市場の週間ニュースランキングと重要ニュースをまとめてお届け。今週はXRPの新決済プラットフォームや、ビットコインを巡る米ワシントンDC裁判所の判断などに注目が集まったほか、SBIによるデジタル通貨プラットフォームの実験開始や、カルダノの大型アップグレードに注目。
07/31 (金)
仮想通貨TOP30の時価総額と出来高に「前例ない変化」|寄稿:CoinGecko
第一四半期の末に大きな暴落を経験したにも関わらず、第二四半期はマーケット全体が強気で、ビットコインを含む仮想通貨市場の時価総額は44.5%上昇。興味深い点として、時価総額と出来高に大きな乖離できたことは、過去に前例のない変化が見られている。
07/31 (金)
XRP有価証券裁判、リップル社の代表弁護士が「証明不足」を指摘
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐる裁判で、リップル社側の弁護士は「原告の主張が証拠不足」と反論した。
07/31 (金)
5周年のイーサリアム好調、先物取引高が過去最高に
時価総額上位の仮想通貨が好調だ。過去1週間、騰勢を強めていた時価総額上位の仮想通貨は、週間騰落率でビットコイン(BTC)が17%高、イーサリアム(ETH)が22%高、XRPが19%高となった。
07/30 (木)
仮想通貨ファンドは20年夏募集開始予定、eSports選手年俸にXRP支給検討=SBI決算説明会
SBI北尾社長が決算説明会を実施。「次の時代に必ず脚光を浴びる」とする仮想通貨について、ビットコインやXRP(リップル)を組み入れ9月に設立予定の暗号資産ファンドを筆頭に、次代への適応を目指す。
07/30 (木)
ソーシャルトレーディングのeToro、英国でデビットカード発売へ
世界最大級のソーシャル取引プラットフォーム「eToro(イートロ)」が英国でデビットカードを発売する。まず英国や欧州のeToro Club会員が対象となり、その後eToroユーザー以外にも拡大される予定。
07/30 (木)
仮想通貨XRP高騰受け、大手CMCで時価総額3位に
仮想通貨XRPの堅調な推移を受け、大手データサイトCoinMarketCapの時価総額で、USDT(テザー)を抜き3位にランクインした。リップル社の世界最大級カンファレンス「SWELL」を冠した地域別イベント『Ripple Swell Regionals』が、北米からスタートしている。