XRP [リップル] XRP

XRP/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

XRP 基礎情報

XRP(エックスアールピー)は「価値のインターネット」を目指す国際送金ソリューションで、アメリカに本拠地を置くリップル社が開発・運営しています。国際間送金、特に銀行間送金における速度と安さを追求している仮想通貨で、国際間の送金・両替におけるハブ的存在になることを目標に活動しています。すでに銀行間の送金に採用される実例があります。

XRP関連ニュース

09/25 (金)
ビットコイン以外の仮想通貨も「コモディティ(商品)」に──米国で重要法案提出
米国会に2つの新しい仮想通貨の関連法案が提出された。仮想通貨取引所のライセンス制度や新規上場の基準などを幅広くカバーしており、不透明性の強い有価証券問題の解消に繋がる可能性もある。
09/25 (金)
XRPレジャー財団が設立、XRPLの発展と採用を推進へ
独立の非営利団体「XRP Ledger財団」は24日に設立された。Ripple社、Coil、およびGatehubから約650万ドルの寄付金を受けている。
09/24 (木)
「BTC、XRP、XTZなど5銘柄」米著名投資家Tim Draperが保有する仮想通貨を明かす
ビットコイン強気派として知られるベンチャーキャピタリストTim Draperが、自身の保有する仮想通貨銘柄について初めて言及。BTC、XRP(リップル)、XTZなど5銘柄に投資していることを明かした。
09/24 (木)
XRPの積立投資サービス、Crypto.comアプリで開始
仮想通貨の決済サービスを提供するCrypto.comがXRPの積立投資を開始した。最大10,000ドルまでの購入が可能だ。
09/23 (水)
リップル社の共同創設者が5億XRPを送金──送金先は?
米リップル社の共同創設者Chris Larsenが、仮想通貨XRP(リップル)を約5億XRP分(125億円相当)送金したことが分かった。本人が事実を認め、送金先も明かしている。
09/18 (金)
米Kraken日本法人Payward Asiaの暗号資産取引所、口座開設可能に
米国老舗暗号資産取引所Krakenの日本法人Payward Asia株式会社が9月18日に日本向けの口座開設手続きを開始した。入金および取引の開始は9月下旬〜10月初旬となる見込みだ。
09/18 (金)
Joseph Young「ビットコインドミナンス回復とアルト相場への影響」
仮想通貨アナリストのJoseph Youngは、直近安値から反発するビットコインのドミナンスに言及、ドミナンスの拡大はアルトコイン相場のさらなる上昇を抑制し、DeFiバブルに終止符を打つ可能性があると論じた。
09/17 (木)
金融包摂目指すモジャループ、リップル社がサポート継続
金融包摂を目指し5月に正規に活動を開始した団体、モジャループ財団(Mojaloop Foundation)にPhonePeとRipple社がスポンサーメンバーとして参加した。
09/15 (火)
「Flare Networks」XRP保有者へのSparkトークン付与、取引所ごとの対応方針一覧
仮想通貨XRP(リップル)保有者へのエアドロップとして、リップル社の投資部門Xpringが出資を行なうFlare Networksの「Spark」トークンの付与方針を受け、国内仮想通貨取引所の対応情報をまとめた。
09/10 (木)
バイナンス、トルコで仮想通貨取引所をローンチ ビットコインなど6銘柄を上場
大手仮想通貨取引所バイナンスが本格的にトルコ市場に参入することを発表。トルコリラで取引ができる「Binance TR」をローンチした。まずはビットコインなど6銘柄を取り扱う。
09/09 (水)
欧州の仮想通貨取引所、ビットコインなど6銘柄が不正流出
欧州の仮想通貨取引所ETERBASEのホットウォレットから、ビットコインなど6銘柄が不正流出した。被害総額は532.3万ドル(約5.6億円)に上る。
09/08 (火)
Krakenグループ日本法人が仮想通貨交換業の登録完了 BTC、ETH、XRPなど5銘柄取り扱い予定
Krakenグループ日本法人Payward Asiaは8日、暗号資産(仮想通貨)交換業の登録完了を発表した。ビットコイン(BTC)、ETH、XRP(リップル)など5銘柄取り扱う予定。
09/08 (火)
XRP保有者向けトークン付与、4つの仮想通貨取引所が対応表明
仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対してエアドロップが行われるFlare Networksについて、新たな情報が明らかに。対応を決定したり、サポートの検討を発表した取引所が分かった。
09/07 (月)
リップル社、XRPレジャーの監視強化で人材募集 
リップル社が分散型台帳XRP Ledger(XRPL)上の取引を分析する職種を募集、不正アクティビティの監視を強化している。
09/07 (月)
仮想通貨投資の目的、中長期的運用へ=bitFlyer調査
「仮想通貨(暗号資産)投資の目的が、短期的な利益から中長期の運用へと変化している」日米欧で仮想通貨取引所を運営するbitFlyerがアンケート調査結果として公表した。
09/04 (金)
Flare NetworksのXRP保有者へのSparkトークン付与、SBI VC Tradeも取り扱い検討へ
東証1部上場SBIHD傘下の仮想通貨取引所「SBI VC Trade」は、Flare NetworksによるXRP保有者に対する「Sparkトークン」付与の件で取扱いを検討していると発表した。bitbankに続き2社目。
09/04 (金)
リップル社の大型カンファレンス『Swell 2020』 レジスター公開
米リップル社が主催する年次の最重要カンファレンス「Swell2020」の登録フォームがホームページで確認された。初めてのバーチャル開催で誰もが視聴することができるようだ。
09/03 (木)
仮想通貨詐欺集団PlusTokenの資金状況、XRP分散型台帳で分析=XRPlorer社CEO
XRPlorer社のCEOが、仮想通貨詐欺集団PlusTokenの関連アカウントから3200万XRPが取引所に送金されたことを報告。送金がPlusTokenによるものなのか、法執行機関によるものかは分かっていない。
09/02 (水)
英大手仮想通貨ファンド、投資銘柄の監査レポートをリアルタイム提供へ ビットコインなど4銘柄に対応
英大手仮想通貨ファンドCoinSharesが、子会社のXBT Providerが提供する上場投資商品(ETP)に、リアルタイムで監査レポートを閲覧できる機能を追加。信頼性と透明性を向上させる。
09/01 (火)
XRP保有者向けトークン付与、12月に保有量の確定予定─Flare Networks
仮想通貨XRP(リップル)の保有者に対してエアドロップ(通貨付与)が予定されるFlare Networksは1日、保有者に対し通貨付与の数量を決定するスナップショットの日時を2020年12月12日に予定することを発表した。