CoinPostで今最も読まれています

リップルネットの進化版「Ripple Payments (リップルペイメント)」発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Ripple Paymentsへ進化

米リップル社は7日、国境を超える決済の容易さを一段と向上させる新しいソリューション、「Ripple Payments (リップルペイメント)」を発表した。

かつてリップルネットと称されていたこのシステムは、専門的な知識がない企業でもブロックチェーン技術を簡単に採用できるようにすることを目指し、迅速かつ低コストで効率的な国際送金を実現するエンタープライズ水準のインフラを提供する。

リップル社のプレジデントを務めるモニカ・ロング氏は、「リップルは当初から、現実世界の問題を解決する製品を開発することに注力してきた。Ripple Paymentsへの進化は、国境を越えた決済体験を高める当社の継続的な努力の一環だ」と述べた。

Ripple Paymentsの主要な更新点は次のとおりだ。:

  • グローバルネットワークを拡張し、クリプトと従来のペイアウト市場を含む70以上の市場へアクセスを可能にする。これにより、一つのプロセスで世界的に展開できるようになった。
  • 規制への深い理解を反映した決済システムであり、企業レベルのセキュリティを確保している。シンガポールの金融規制当局である「MPI」や、アメリカ国内で30を超える「MTL」など、広範囲のライセンスを取得し、多様な顧客層にサービスを提供している。
  • XRP Ledgerの分散型取引所(XRPL DEX)との統合を実現し、製品のパフォーマンスを高め、新たな市場への参入障壁を下げた。
  • 通貨や目的地に依存しない、24時間365日のオンデマンド流動性オプションを提供し、決済製品のスケールに応じた最適化されたエクスペリエンスを継続的に提供する。

関連:アラブ通貨基金、リップルネットをCBDCの代替策として言及

技術とコンプライアンスに強み

近年、Web2の大手企業や既存の決済機関も、ブロックチェーン技術への投資を加速させており、リップル社の「2023 New Value Report」によれば、世界の金融リーダーの80%以上が、今後3年以内に何らかの形で仮想通貨を取り入れると考えているという。

こうした市場の流れに対応する形で、リップル社は自社の決済プラットフォームを一層洗練させ、あらゆる通貨、時間、目的地においても、最速で最も効率的な国際決済ソリューションを目指している。

リップル社の決済製品責任者であるブレンダン・ベリー氏は、「リップルは支払いをデジタル資産の主要な用途と見なしており、その実現には、現実世界の問題を解決するためのシームレスなユーザーエクスペリエンスが不可欠である」と指摘する。さらに、「私たちのゴールは、多様性、迅速性、使いやすさ、法令順守を融合させた、全方位的な製品を市場に提供することにある」と述べている。

関連:ジョージア国立銀行、リップルと共に中央銀行デジタル通貨の試験実施へ

RocketFuelが採用

Ripple Paymentsは、金融機関がデジタル資産を扱う際の課題を軽減し、中小企業(SME)が国際市場で競争する上で平等な機会を提供することを目的としている。

「リップルの国境を越えた支払いソリューションの仕組み」より抜粋
出典:Ripple社

ブロックチェーンと暗号技術の力を借りて、リップルは従来の銀行間決済システムの代替品を提供し、顧客がより低いコストで、より速く、より透明性の高い方法で取引できるよう支援する。

Ripple Paymentsを導入した最初のクライアントの一つが、米国のフィンテック企業RocketFuelである。この企業は、仮想通貨や法定通貨を用いた支払いの送受信を行いたいと考える加盟店向けの支払いゲートウェイを提供する。

RocketFuelのCEO、ピーター・ベネットは、リップル社の新しいシステムについて、「私たちのクライアントにとって、スピード、セキュリティ、コストの観点から大きなメリットがある。リップルとのパートナーシップにより、当社のサービスはさらに価値あるものになるだろう」と語った。

関連:リップル主催の大型カンファレンス「SWELL2023」開幕迫る、注目のセッションを紹介

CoinPost リップル社特集

XRP一時6%高、米判事がSECの中間控訴認めず リップル裁判 リップル社CEO、SECの仮想通貨規制や有価証券訴訟について見解示す
米リップル社CTO、XRPLedgerの今後について語る|WebXインタビュー ゲンスラーSEC委員長、リップル裁判の判決に初コメント
米リップル、シンガポールで仮想通貨決済拡充へ 米SECが提訴した「リップル裁判」まとめ(20年12月〜23年10月)
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア