Ethereum 情報(日本語要約)

08/05 水曜日
11:28

開発アップデート

前回の更新から数ヶ月が経ち、ethereum.orgで何が起きているのかをお知らせ。ギャツビーを使用、新鮮なイラスト、新しいページのデザイン、新しいフレームワーク、ethereum.orgは30言語に対応などを報告している。
[出典元]
08/03 月曜日
11:14

eth2クイックアップデートに関するお知らせ

2020年08月04日22時、メダラのテストネットおよび新しいマルチクライアント攻撃ネット「mc-attack-0」の開始を発表。また、この新しい攻撃ネットはベータ1に分類され、ルールを更新。クリティカルな攻撃に対して最大15,000ドルの付与が行われる。
[出典元]
07/29 水曜日
11:54

Ethereum.org翻訳プログラムに関するお知らせ

Ethereum.orgが30の言語サポートを発表。今日までに、52の言語グループからの467人のボランティアが、英語を母国語としないコミュニティがethereum.orgにアクセスできるように支援。これらのボランティアにより、ethereum.orgへの全トラフィックの16%が英語以外のバージョンのサイトに向けられている。
[出典元]
07/27 月曜日
11:10

eth2バリデーターランチパッドのリリースに関するお知らせ

eth2バリデーターローンチパッド(テストネットバージョン)のリリースを発表。近日公開予定のMedallaマルチクライアントテストネットを追跡して入金できるように、現在リリースしているが、メインネットの立ち上げに向けた準備段階では、引き続きインターフェイスの微調整を行っている。
[出典元]
07/23 木曜日
11:09

eth2クイックアップデート No. 13

2020年08月04日22時、Medallaマルチクライアントテストネットのリリースを発表。また、最初のベータ攻撃ネットが稼働し、eth1 + eth2合併のエキサイティングな進展を更新。
[出典元]
07/17 金曜日
15:14

Gethについて尋ねる:スナップショットアクセラレーション

Gethに関する質問をすることができるシリーズの第1弾を開催。このシリーズで1番多かった質問は「フラットなDB構造とレガシー構造の違い」である。
[出典元]
06/23 火曜日
15:59

eth2クイックアップデート No. 12

2020年06月23日、新しいSolidityデポジットコントラクトが正式に検証され、バウンティプログラムに追加された。また、Altona v0.12テストネットのリリース予定やbeacon-fuzzへの継続的な助成金の発表について記載されている。
[出典元]
06/16 火曜日
11:12

EIP1559とEscalatorによる手数料市場の改善に関するお知らせ

イーサリアムの手数料に関する課題を解決することを目標に、EIP1559とEscalatorアルゴリズムの提案と議論が行われている。同課題は、ユーザーや開発者に大きな影響を与えるため、双方のフィードバックを取り入れていくとのことに注力している。
[出典元]
06/02 火曜日
10:49

ETH2.0の現状

ETH2.0は、イーサリアムにスケーラブルで安全な分散型コンセンサスを提供するための大きな取り組みであり、実装を実現するために多くのチームと個人が動いているとのこと。その結果、ETH2.0に関する進行状況、方向性、動機、設計上の決定、遅延について、コミュニティからの質問が増えてきているとのこと。今後の理解を深めるためにこの記事では、ETH2.0の全体像を説明するとのこと。
[出典元]
05/28 木曜日
11:06

Devcon:2021年のコロンビアに向けて

2021年のDevcon開催地が、コロンビアの首都「ボゴタ」であることを発表。今後は、イベント日付、都市、滞在と移動に関する推奨事項、他イベントへのサポート、学生プログラムなどについて詳しく報告していくとのこと。
[出典元]
05/21 木曜日
10:41

検証済み、ETH2.0のステーキング:#4-Keys

ETH2.0のフェーズ1への移行に伴い、ブロック検証者であるバリデーターの「鍵」についてまとめられている。鍵はブロックの署名に必要な「Signing keys」と送金や出金に必要な「Withdrawal keys」の2種類存在しているとのこと。Withdrawal keysはフェーズ0の段階では使用しない為、当面はSigning keysの管理に方法について十分な注意が必要であると記載されている。
[出典元]
05/19 火曜日
17:24

イーサリアム財団 2020 スプリングアップデート

イーサリアム財団は、イーサリアムエコシステムに対する支援方法と資金配分の方法、また今後の見通しに関するアップデート情報を報告している。特に資金の配分方法については、財団内でタイプAからタイプDまでの4つのポートフォリオに分けられているとのこと。また今後、ETH2.0に関連する取り組みへのサポートも必要に応じて増加していくとのこと。
[出典元]