Ethereum 情報(日本語要約)

06/02 火曜日
10:49

ETH2.0の現状

ETH2.0は、イーサリアムにスケーラブルで安全な分散型コンセンサスを提供するための大きな取り組みであり、実装を実現するために多くのチームと個人が動いているとのこと。その結果、ETH2.0に関する進行状況、方向性、動機、設計上の決定、遅延について、コミュニティからの質問が増えてきているとのこと。今後の理解を深めるためにこの記事では、ETH2.0の全体像を説明するとのこと。
[出典元]
05/28 木曜日
11:06

Devcon:2021年のコロンビアに向けて

Devconの次なる開催地が、コロンビアの首都「ボゴタ」であることを発表。今後は、イベント日付、都市、滞在と移動に関する推奨事項、他イベントへのサポート、学生プログラムなどについて詳しく報告していくとのこと。
[出典元]
05/21 木曜日
10:41

検証済み、ETH2.0のステーキング:#4-Keys

ETH2.0のフェーズ1への移行に伴い、ブロック検証者であるバリデーターの「鍵」についてまとめられている。鍵はブロックの署名に必要な「Signing keys」と送金や出金に必要な「Withdrawal keys」の2種類存在しているとのこと。Withdrawal keysはフェーズ0の段階では使用しない為、当面はSigning keysの管理に方法について十分な注意が必要であると記載されている。
[出典元]
05/19 火曜日
17:24

イーサリアム財団 2020 スプリングアップデート

イーサリアム財団は、イーサリアムエコシステムに対する支援方法と資金配分の方法、また今後の見通しに関するアップデート情報を報告している。特に資金の配分方法については、財団内でタイプAからタイプDまでの4つのポートフォリオに分けられているとのこと。また今後、ETH2.0に関連する取り組みへのサポートも必要に応じて増加していくとのこと。
[出典元]
05/07 木曜日
9:47

エコシステムサポートプログラム:2020年第1四半期の担当の更新などについて

2020年の第1四半期に合計2,564,000ドルの財政支援を提供した。これらの資金はソーシャルメディアで質の高いコンテンツの提案を奨励するために暗号経済学を使用するプロジェクトから、Eth1クライアントの多様性、相互運用性に関する重要な作業まで、幅広いプロジェクトに向けられた。
[出典元]
05/06 水曜日
12:04

eth2クイックアップデート11公開へ

本日より、フェーズ0プレローンチバウンティプログラムのすべての報酬が2倍になり、重大なバグの場合は最大$ 2万になる。
[出典元]
05/05 火曜日
18:40

開発アップデート#3-Ethereum.orgについて

30言語に到達するために協力を求めている。特にベトナム語、タイ語、デンマーク語、ノルウェー語、ハンガリー語、フィンランド語、またはウクライナ語のネイティブスピーカーを探しているようだ。
[出典元]
05/04 月曜日
18:28

1.xファイル:証人仕様の入門書を公開へ

正式なStateless Ethereum Witness Specificationを理解する能力について、この入門書の最後には少なくとも最低限実行可能な自信を持つ必要があるとした。
[出典元]
04/14 火曜日
17:21

EFがサポートするチームの研究開発進捗情報について

EFがサポートするプロジェクトによって行われたネットワークアップグレード、イスタンブール開始以来の進捗状況を公開した。
[出典元]
04/02 木曜日
16:32

1.xファイル:更新されたステートレス技術ツリーについて

ステートレスイーサリアムの最初のマイルストーンは新しいノードがネットワークプリミティブに依存せずに現在の状態トライを読み込む方法を見つける事だとしている。
[出典元]
04/01 水曜日
16:52

エコシステムサポートプログラム:割り当ての更新について

エコシステムサポートプログラム(ESP)とはEthereumエコシステム全体のチームにサポートを提供することに焦点を当てた、Ethereum Foundationの中心となるもの。
[出典元]
03/31 火曜日
18:15

eth2の第10クイックアップデートについて

以下のアップデートがある:最低権限フェーズ0の監査が完了、フェーズ0ローンチ前のバウンティプログラム、Eth R&D Discordサーバーでのeth1 + eth2通信の統合。
[出典元]