Ethereum 情報(日本語要約)

05/13 木曜日
11:03

コア開発者見習いプログラムについて

2021年5月13日、イーサリアム財団によるプロコトル・サポート・イニシアチブの一環として、「コア開発者見習いプログラム」を発表。このプログラムは、参加者にイーサリアム・プロトコルの深い知識を得る機会を提供するだけでなく、プロトコル開発がどのように機能し、どのようにそのプロセスに参加できるかを直接体験する機会を提供している。
[出典元]
04/26 月曜日
11:59

EFのサポートチーム研究開発の最新情報

最近、ベルリンネットワークのアップグレードが完了し、EFがサポートしている他のプロジェクトの進歩と今回のアップデートは、イーサリアム全体の成長と改善に向けたより多くのコミットを紹介。今回のアップデートでは、前回のSupported Teamsアップデートで取り上げられた多くのチームのアップデートなどが含まれている。
[出典元]
03/23 火曜日
11:40

イーサリアムのクライアント・エコシステムについて

2020年にビーコンチェーンがリリースされたことで、Ethereumは現在2種類のクライアントをサポートしている。アプリケーション層に特化したクライアント(Eth1)と、プルーフ・オブ・ステークを稼働させているクライアント(Eth2)である。それぞれが特定の目的を持ち、異なる機能となる。
[出典元]
03/08 月曜日
11:28

「ベルリン」アップグレードに関するお知らせ

イーサリアムは、「ベルリン」へのアップグレードの日時について発表。テストネットのRopstenは2021年3月10日にアップグレードを予定。メインネットは、2021年4月14日(ブロック高:12,244,000)に予定している。
[出典元]
03/01 月曜日
10:49

Ethereumのエコシステムに貢献するCougerとMetaCartel DAOについて

今回、Ethereumのエコシステムに貢献するCougerとMetaCartel DAOについて紹介している。Cougerは日本国内でユーザーの教育とコミュニティ構築を行い、MetaCartel DAOはEthereumエコシステムのアプリケーション層の成長を加速させるために活動している。成長させるために素晴らしい活動をしている2つのグループの最新情報をお届けします!
[出典元]
02/11 木曜日
12:25

Eth2 クイックアップデート No.22

ビーコンチェーンのアップグレードに関するR&Dワークショップについて、ステーキングコミュニティのグラントについて、2021年1月におけるETH2のステートについて発表。
[出典元]
02/09 火曜日
12:22

ステーキング・コミュニティのグラント対象者の発表

ステークキング・コミュニティ・グラント・ラウンドで選ばれたグラント対象者を発表。このグラント・ラウンドでは、Ethereumの取引体験をより簡単かつ安全にしていくための提案を募集している。
[出典元]
01/20 水曜日
22:33

Eth2の現状について

ビーコンチェーンのローンチは、エンジニア、ステイカー、そしてコミュニティ全体にとって大きなマイルストーンであった。同記事では、Eth2の現状と2021年のクライアント開発方針等について説明。
[出典元]
12/21 月曜日
17:29

翻訳プログラム:マイルストーンとアップデートについて

Ethereum.orgの翻訳プログラムの新しい変更点と、いくつかのマイルストーンを発表。また、13ヶ月前のローンチ以来、翻訳コンテンツのユニークページビューは昨年の10倍に増加。
[出典元]
12/07 月曜日
15:38

イーサリアムスタジオの閉鎖に関するお知らせ

イーサリアムに関する教育コンテンツと開発者ツールの提供を行うイーサリアムスタジオは、数週間以内に閉鎖することを発表。
[出典元]
11/27 金曜日
17:03

eth2 クイックアップデート No.21

2020年11月24日、デポジットコントラクトの閾値の条件(524,288 ETH)は11月24日に満たされた。2020年12月1日21時、 ジェネシスノードの稼働を行い、アップデートを見守ろう。
[出典元]
11/25 水曜日
21:13

アロケーション・アップデート:2020年第3四半期

ウェブサイトにESPガイドを追加。同ガイドでは、サポート種類、助成金申請の受付と評価のプロセスについて説明。また、ETHGlobal、ETHPlanet、Web3Bridgeなどが主催するハッカソンイベントに参加したことを発表。 バンコクとサンパウロでのミートアップから、ETHGlobal、ETHPlanet、Web3Bridgeが主催する仮想ハッカソンまでのイベントに参加した。また、多くの優れたチームに助成金を提供した。
[出典元]