Brave 情報(日本語要約)

09/14 月曜日
13:17

70%の収益分配でオプトインしたBraveユーザーに報酬を提供へ

いますが(昨年11月に1.0バージョンを発表した際の870万MAUから)、Brave Adsでは、広告収入の70%をユーザーに還元するオプトイン型のプライバシー保護型広告であるBrave Adsの勢いも見られ、Braveウェブサイトでは、Brave Adsを活用して、関連性が高く、ブランドセーフで、プライバシーに配慮した方法でエンゲージメントの高い消費者とつながるために活用している様々なブランドや代理店の素晴らしいユースケースを紹介する新しいセクションを開設。
[出典元]
09/11 金曜日
7:57

広告の通知に関するお知らせ

表示されている広告通知をクリックできない場合があり、閉じるは動作は可能。現在の作業理論では、ユーザーの地域に属していない広告が使用/表示されているときに発生。
[出典元]
09/10 木曜日
7:57

アップグレードに関するお知らせ

Chromium 85.0.4183.83からChromium 85.0.4183.102にアップグレードすることを発表。マイナークロムバンプにはAndroidの修正のみが含まれている。
[出典元]
09/03 木曜日
15:50

Braveのブラウザ内広告の紹介

プライバシーを保護する広告システムについて、PrivadやAdnosticのような多くの学術的提案があった。ただし、Brave Adsは、運用環境に展開する最初のシステムであり、2019年04月に導入されたブレイブ広告は、ブレイブの現在の月間1,800万人のアクティブユーザーに、プライバシーを保護する広告をオプトインし、注目を集めることで報酬を得る選択肢を提供。その理由やBrave Adsシステムの概要などについて発表。
[出典元]
08/31 月曜日
15:58

Brave Researchからの更新

過去数か月の間にBrave Researchから出されたいくつかの作業の簡単な要約を発表。。焦点は意図的に広く、暗号化から機械学習、プライバシー、ブラウザベースのトラッカーと広告ブロックの品質を向上させる手法、Web標準の向上に至るまで、広範囲にわたっている。
[出典元]
08/29 土曜日
7:43

サポートされていない地域で表示されるGeminiウィジェット

新しいGeminiウィジェットはフランス語とドイツ語のユーザーに表示されるが、Geminiサービスは現在フランスおよびドイツでは利用不可。
[出典元]
08/28 金曜日
13:12

Geminiウィジェットを新しいタブページに追加へ

2020年08月28日、Geminiウィジェットを新しいタブページに追加したことを発表。Geminiでの取引を可能にした。
[出典元]
08/27 木曜日
16:06

GeminiとBraveが提携に関するお知らせ

GeminiとBraveが提携し、Braveブラウザーを使用するユーザーが仮想通貨を簡単に購入、販売、保存、獲得できるようになったことを発表。この統合により、Braveデスクトップブラウザー(バージョン1.13)のユーザーは、新しいGemini Trading Widgetを介して暗号化をシンプルかつ安全な方法で実行可能となった。
[出典元]
08/25 火曜日
16:09

標準アップデート#2

Braveは、Web、Webブラウザー、ツール、および標準化団体で行う擁護活動におけるプライバシーの向上に取り組んでおり、この投稿で共有されている懸念事項は、ブレイブがWeb標準がプライバシー、透明性、およびユーザーコントロールに焦点を合わせ続けるようにするための取り組みの一例にすぎない。これらの懸念に対処するためにWebBundleの作者と時間をかけて作業を試みたが、成功しなかったため、この投稿で説明されたプラ​​イバシーとセキュリティの問題が解決されるまで、GoogleとWebBundleグループがこの提案の開発を一時停止することを強く推奨している。
[出典元]
08/17 月曜日
16:16

第2弾:スマートコントラクトとサイドチェーンによる段階的な分散化

本特集シリーズの第1弾で紹介したTHEMISプロトコルの完全版を紹介。THEMISは、サイドチェーンとスマートコントラクトを活用し、アドネットワークの中央機関を排除したプライバシー保護を徹底した広告プラットフォームである。また、BraveはTHEMISを実行するために必要なライアント側とスマートコントラクトのコアなプロセスを実装し公開。これを用いて、クライアントのリソース消費とエンドツーエンドのスケーラビリティを測定し、THEMISは本番においても、現在のBrave Adsの負荷に耐えられると結論付けた。
[出典元]
08/12 水曜日
16:23

Brave Syncバージョン2がデスクトップおよびAndroidユーザー向けに利用可能へ

2020年08月12日、Braveデスクトップユーザー(バージョン1.12)とAndroidユーザー(バージョン1.12)は、完全に再設計された同期機能を使用して、デスクトップからデスクトップ、およびデスクトップとAndroidデバイス間でデータを同期可能。Sync v2は、Chromium同期システムとより直接的に互換性を持つように、過去数か月にわたって再構築され、クライアント側のデータを暗号化したまま、より多くの同期データタイプをサポートしているため、ユーザーだけがデータを見ることが可能となった。
[出典元]
07/30 木曜日
16:28

bitFlyerと次世代高速ブラウザBraveが仮想通貨ウォレットを共同開発

bitFlyerと次世代高速ブラウザBraveが仮想通貨ウォレットを共同開発することを発表。本サービスにより、ユーザーはBraveブラウザ上の広告視聴等によって暗号資産ベーシックアテンショントークン(BAT)を受け取りそのBATをbitFlyerで売却でき、bitFlyerで購入したBATをBraveブラウザ上で利用可能となった。また、本サービスの提供開始は、2020年11月頃を予定。
[出典元]