Brave 情報(日本語要約)

09/21 火曜日
11:33

Web3.0のプライバシーとセキュリティの問題について

私たちは、「Privacy and Security Issues in Web 3.0」というテクニカルレポートをarXivに掲載した。当ブログ記事では、私たちの調査結果を要約し、Braveのユーザーのためにそれらを整理している。
[出典元]
09/03 金曜日
14:23

日本のBraveユーザ向けにTwitterキャンペーン開催に関するお知らせ

BATの抽選特典およびBrave認定クリエイター登録をしいるユーザーへの特典など、Twitterキャンペーンを随時行う予定を発表。Twitterキャンペーンに参加するユーザーは事前に注意事項の確認をするよう推奨している。
[出典元]
08/27 金曜日
21:39

日本語Braveコミュニティ運用の開始を発表

2021年8月27日、日本語Braveコミュニティの運用開始を発表。これまでは英語でのみアナウンスの配信をしていたものの、日本語でも随時情報の配信がされることとなる。
[出典元]
07/28 水曜日
16:03

新しいBrave報酬の収益表示について

2021年7月28日、Brave v1.27(デスクトップ版、Android版)にて、Brave報酬の収益がわかりやすく表示されるようになったことを発表。v1.27から「保留中の推定報酬額」が「今月の現在の収益 (推定)」に名称変更される。そして、新しい月が始まると現在の収益の表示はリセットされ、前月のBAT収益がいつ獲得できるかを示すカウントダウンが表示されるようになった。
[出典元]
07/15 木曜日
14:07

新機能:iOS版Braveでのデータ節約状況を表示へ

2021年7月、iOS版のBraveでは、バージョンアップ(Ver.1.28)のリリースを発表。このリリースにより、特定のWebページにアクセスした際にBraveを使用したことでどれくらいデータが節約できたのか分かりやすく表示を行う新機能がリリースされる。
[出典元]
06/11 金曜日
22:30

Brave Adsの広告配信に関するお知らせ

Brave Adsの目的は、適切な文脈・コンテキストでユーザーの興味関心にマッチした、プライバシーを尊重した広告をお届けすることと定義している。その中で、Brave Adsの広告配信について、表示されないケースの良くある質問を転載している。
[出典元]
22:30

先日のバージョンアップ一部修正に関するお知らせ

2021年5月のBrave Rewardsにおける広告閲覧報酬を受け取って頂いた一部のユーザーに対し、受け取った分のBATが「保留中の推定報酬額」から減算されない状態が発生していた為、先日のバージョンアップでこの障害の修正をしていた。5月にBATを受け取った際に差し引かれているはずのものが、今回のバージョンアップのタイミングで差し引かれた形となっている。
[出典元]
05/25 火曜日
21:19

bitFlyerウォレットリリース記念BATプレゼントキャンペーンのお知らせ

2021年5月25日、bitFlyerは第2回bitFlyerウォレットリリース記念BATプレゼントキャンペーンのお知らせを発表。条件を達成することで、BATプレゼント報酬を獲得することができる。
[出典元]
05/24 月曜日
20:30

bitFlyerアカウントとBrave Rewardsの連携FAQを公開

2021年5月24日、bitFlyerアカウントとBrave Rewardsの連携FAQを公開。
[出典元]
05/17 月曜日
20:32

福吉敬氏がBrave社のアドバイザー就任を発表

2021年5月17日、福吉敬氏がBrave社のアドバイザー就任を発表。Braveの更なるユーザー獲得戦略及び新規ソリューション設計に関して、マーケティング視点でのアドバイスを助言する。
[出典元]
05/13 木曜日
11:02

日本のブレイブ・ブラウザを利用するデスクトップユーザー向けにbitFlyerウォレットを発表へ

2021年5月13日、bitFlyerとの提携に伴い、日本のブレイブ・ブラウザを利用するデスクトップユーザーに対して、ウォレット機能の提供開始を発表。bitFlyerの認証済みウォレットをブレイブ・リワードに連携することで、広告閲覧によって得たBATを日本円に換金および、クリエイターへの投げ銭用にBATの入金等が可能になる。
[出典元]
10:50

数百万人のユーザーに分散型ウェブへのアクセスを提供へ

2021年5月13日、ブロックチェーン・ドメイン名プロバイダーのUnstoppable Domains社とのコラボレーションに伴い、クリプト・ドメイン名会社のネイティブ・ブラウザのサポートを発表。3万件以上の分散型ウェブサイトと70万件以上のブロックチェーンドメイン名にBraveユーザーがアクセス可能となった。
[出典元]