Brave 情報(日本語要約)

06/21 火曜日
15:07

BraveウォレットがFilecoinブロックチェーンを統合へ

2022年6月21日、Brave1.40では、FilecoinブロックチェーンをBraveウォレットに統合したことを発表。この統合により、Filecoinトークン(FIL)はBraveウォレットの資産としてサポートされるようになり、Braveユーザーは、Filecoinの極めて低い取引手数料により、安心してウォレットで直接FILをスムーズに送受信することが可能。
[出典元]
10:11

Braveブラウザー(v1.40)のリリースに関するお知らせ

2022年6月21日、Braveブラウザー(v1.40)のリリースを発表。これによりユーザーは、拡張機能を必要とせず、ブラウザ上で新しいチェーンや分散型アプリ(DApps)に簡単にアクセスできるようになった。
[出典元]
06/10 金曜日
9:41

AuroraをBraveウォレットに統合へ

2022年6月10日、オースティンで開催されたConsensusにて、NEAR FoundationとBraveのパートナーシップに伴いNEARプロトコル上のEVMであるAuroraをBraveウォレットに統合することを発表。これは、Braveウォレットのマルチチェーン機能の拡張と、Basic Attention Token(BAT)の実用性の拡大を意味している。
[出典元]
9:29

Auroraとのパートナーシップ締結に関するお知らせ

NEAR FoundationとBraveは、NEAR ProtocolのEthereum仮想マシン(EVM)であるAuroraをBrave Walletに統合することを目的としたパートナーシップ締結を発表した。
[出典元]
06/08 水曜日
20:21

6つのDAppをウォレットパートナープログラムに歓迎へ

Braveは、ApeSwap、Arken、Bogged、DODO、Open Ocean、Skiffの6つのDAppをウォレットパートナープログラムに歓迎した上で統合することを発表した。
[出典元]
9:46

ウォレットパートナープログラムの開始に関するお知らせ

2022年6月8日、6社のDAppsをBraveウォレットパートナーに迎え入れるBraveウォレットパートナープログラムの開始を発表。このプログラムは、Braveウォレットの認知度を高めることを目的としている。同時にBraveとパートナーが将来的なBATユーティリティプログラムや統合について検討する機会を提供する。また、パートナーは、Braveウォレットをウォレット接続リストに統合し、ブログ記事、コミュニティ、ソーシャルメディアなどのマーケティングチャネルを通じて、DApp統合をBraveと共同でプロモーションしていく。
[出典元]
05/25 水曜日
13:12

AfrofutureDAOとのパートナーシップを発表へ

2022年5月25日、AfrofutureDAOとBraveは、アフリカのクリエイターを世界のWeb3コミュニティに参加させるためのパートナーシップを発表。
[出典元]
05/24 火曜日
11:18

Guardianとのパートナーシップ締結に関するお知らせ

Braveは、Guardianとのパートナーシップ締結に伴い、Android版BraveにGuardianが提供するBrave Firewall + VPNの統合を発表した。これにより、iPhoneやiPadに続きAndroidにおいても、安全でプライベートな通信がデバイス全体を通じて可能となる。
[出典元]
10:55

Solana Blockchainとの連携に関するお知らせ

Brave BrowserはSolanaとの提携を発表。今回の提携に伴い、ユーザーがEthereumネットワークよりも大幅に低い取引手数料と高速な処理時間でWeb 0.3を探索することが可能となった。
[出典元]
05/18 水曜日
11:41

iOSブラウザー(v1.38)のリリースに関するお知らせ

2022年5月18日、iOSブラウザー(v1.38)のリリースを発表。
[出典元]
04/27 水曜日
22:50

Geminiとのパートナーシップ締結へ

BraveはGeminiとのパートナーシップ締結を発表した。この提携により、Android上のBrave Rewards利用ユーザーは、BATを管理することが可能となり簡単に移動することができるようになった。
[出典元]
04/01 金曜日
10:34

ブラウザの言語設定を用いたフィンガープリントからの保護に関するお知らせ

Braveは、フィンガープリントに対する保護をさらに強化するため、ブラウザで使用する言語設定によってユーザーが特定されることを防ぐ機能の実装を発表。また、バージョン1.39からは、ユーザーがデフォルトに設定した言語とシステムにインストールされているフォントをブラウザからサイトに通知する方法をランダム化する。
[出典元]