Ontology 情報(日本語要約)

07/31 金曜日
14:22

オントロジー月報— 2020年7月

7月のレポートでは、最もエキサイティングなニュースと成果のまとめを発表。また、新しいガバナンスとステーキング経済モデル、新しいノードとステーキング利回り計算機を導入し、これまで以上に簡単にONTをステーキングしてONGを獲得することが可能となった。
[出典元]
07/30 木曜日
16:59

ブロックチェーンと仮想通貨に関するIEEE標準の作成を支援

ブロックチェーンと仮想通貨に関する新しいIEEE規格の策定において主導的な役割を果たしたことを発表。Ning Hu氏は、仮想通貨取引所の一般的な要件、および顧客の暗号資産のセキュリティ管理のための標準、仮想通貨取引所のユーザー識別と反マネーロンダリングのための標準、およびDLTを使用した分散/分散型/分散型取引所フレームワークの標準などの標準の開発を支援した。
[出典元]
13:21

Tom Wong氏とのAMAに関する要約

2020年07月29日、OntologyとHuobi Futuresは、Tom Wong氏をゲストスピーカーに迎え、コミュニティからの質問に答えるためAMAを開催し、多くのQ&Aを発表。
[出典元]
07/22 水曜日
10:05

ウィークリーレポート(2020年07月15日 – 07月21日)

約1億5000万ドル相当のONTがOntologyにステークされたことを発表。また、新しいOntologyノードとステークイールド計算機を立ち上げ、Ontology上でのステークイールドをこれまで以上に簡単にカウントすることが可能となった。
[出典元]
07/20 月曜日
9:00

Jack Tao氏とのAMAに関する要約

2020年07月17日、PhemexのCEOであるJack Tao氏はAMAに招待され、ゼロ手数料スポット取引などについて議論を行った。また、事前に用意されているQ&Aでは、Phemexの由来から、他の取引所と比較した優位性、技術的な説明まで幅広い回答を頂いた。
[出典元]
07/17 金曜日
12:18

ONTをステーキングするメリット

ONTのステーキングは、ノードに応じてAPYの7%から40%までの範囲のレートを提供。パブリックチェーンステーキング利回りとDeFi利回りの両方の間で競争力の高いレートである。これらに伴い、個々のステーカーにとっての利点を発表。
[出典元]
07/15 水曜日
10:54

ウィークリーレポート(2020年07月08日 – 07月14日)

新しい経済モデルの基本的なルールと、それがユーザー、ノード、ステーカーにどのような影響を与えるかについて紹介。また、メインネット2周年をAMAと特別記念NFTトークンの付与で祝い、エコシステムパートナーが主催するいくつかのイベントに参加。
[出典元]
07/14 火曜日
11:12

公式Google Cloud Partnerとして承認されたことを発表

Ontologyが公式のGoogle Cloud Partnerとして承認されたことを発表。このプログラムでは、オントロジー開発チームが最先端のツールとテクノロジーへの独自のアクセス権を付与されると同時に、より幅広いGoogle Cloud Partnerエコシステムのサポートを活用可能となる。
[出典元]
07/10 金曜日
23:04

新しいガバナンスとステーキング経済モデルに関するFAQ

オントロジーは、ノードになるための最低ステーク要件の引き下げが行われた。ノードになるための要件が緩和されたことに伴い、ハードウェア要件、インセンティブ計算、ネットワ​​ーク料金等に関する情報が公開された。
[出典元]
07/07 火曜日
13:40

ステーキングノードの開始条件が緩和へ

2020年07月07日、オントロジーはガバナンスモデルの変更により、オントロジーノードの実行がこれまでになく簡単となった。また、ステーキングの最小要件は500ONTから1ONTに引き下げられたことによって、多くのユーザーにステーキングの機会が広がった。
[出典元]
11:49

ノードサインアップに関するお知らせ

2020年07月07日、システムの新しい変更に伴い、オントロジーノードへのサインアップが容易になったことを発表。具体的なサインアップの方法については、スクリーンショットを確認しながらスムーズに設定が可能。
[出典元]
07/06 月曜日
8:11

オントロジー2.0に関するFAQ

オントロジー2.0に関するFAQでは、新たなトークンモデル、ノードに関するメリットや参加方法、SAGAマーケットプレイス等を含む、13件のFAQが公開。
[出典元]