アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

01/14 木曜日
19:53

Wallet Connectとの統合に関するお知らせ

QRコードスキャンまたは、ディープリンクを使用して分散型アプリケーションをモバイルウォレットに接続するためのオープンソースプロトコルであるWallet Connectとの統合を発表。
[出典元]
19:30

進捗レポート(2021年1月14日)

このレポートでは、2020年9月にワーキンググループによる会議の開始以来、作業の第1フェーズが達成されたことを発表。今後の見通しとして、2021年第1四半期末までにInterchain規格の草案を形式化することを目標としている。
[出典元]
19:29

オープン・プロトコル・ディスカッションに関するお知らせ

2021年、最初のライブストリームでは、Stellar Protocolの今後のバージョン変更について議論や計画を行い、発行者に資産を戻すための手段を提供するCore Advancement Proposalに焦点を当てる。
[出典元]
17:51

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト、RSK (RIF)がバイナンスに上場 数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

[出典元]
01/13 水曜日
19:00

IOSTブロックチェーンがHUSDステーブルコインをサポートしてDeFiエコシステムを加速

[出典元]
19:00

phpTrader「年初めに取引ボットによる4倍を超える収益」

[出典元]
16:20

Mobile Money社とのパートナーシップに関するお知らせ

2021年1月13日、マレーシアのモバイルウォレット会社であるMobile Money社とのパートナーシップを発表。Mobile Money社は、RippleNetを介して、バングラデシュ最大のモバイル金融サービスプロバイダーであるbKashと連携している。また、このパートナーシップにより、マレーシアとバングラデシュ間の送金経路にサービス提供するための、シームレスなウォレット間決済を強化していく。
[出典元]
16:07

ウィークリーレポート(2020年1月4日 – 1月11日)

2021年版のロードマップにOScore、ONT ID、ONTO、Wing、SAGAの5つのコア製品の開発計画が導入されたことを発表。
[出典元]
16:04

Global Carbon Holdingとのグラント・パートナーシップに関するお知らせ

Global Carbon Holdingは、ブロックチェーン技術を利用してアジアのカーボン・クレジット資産をトークン化し、認証済みのカーボン・オフセットを購入するためのグローバルで透明性の高い市場を支援するために、アルゴランド財団とグラント・パートナーシップの締結を行なったことを発表。
[出典元]
15:27

Keikiに関する説明と役割について

「Keiki」とは、Orchid上のデジタル資産であるOXTが分割可能な最小単位である。また、プラットフォーム上で技術的に定義された唯一の通貨単位である。Keikiは、プラットフォームの裏側で運用されることで、ユーザーはGas代等の支払いが不要となる。
[出典元]
01/12 火曜日
16:41

Function X: Hash Out(12月号)

Function X Testnet 3.0では、ユーザーが個人のブロックチェーンでクロスチェーン機能を実行することができる。今月号では、ユーザーがERC-20トークンをFunctionXブロックチェーンに送信できるようになる。
[出典元]
16:34

Franck Nouyrigat氏について

StartupWeekend社の創設者であるFranck Nouyrigat氏は、Electisプラットフォームで民主主義の未来を設計するというプロジェクトに焦点を当てている。Franck氏は最終的に民主主義の選挙の分散型モデルの検討に真の価値を見出している。
[出典元]