CoinPostで今最も読まれています

ソラナ(SOL)おすすめ取引所、手数料・ステーキング・出庫機能を徹底比較

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ソラナおすすめ取引所・機能比較

暗号資産(仮想通貨)市場において、ソラナ(SOL)はスマートコントラクトの基盤として群を抜いて注目されています。その速度と効率性は、トランザクションの迅速な処理を可能にし、手数料は平均0.037円前後、並列処理技術によってネットワークの混雑がほとんどないという特長を持ちます。

一度に大量のトランザクションを扱えるため、多くの重要なプロジェクトがソラナを採用しており、分散型5G/IoTネットワークのHelium、AI/GPUネットワークのRender、さらには分散型地図ネットワークのHivemapperなどがあります。

また、ソラナ系ミームトークンBonkやDogwifhat(WIF)の市場価格の高騰や、ソラナのDEXアグリゲーターJupiterのトークンJUPなどの大規模エアドロップが大きな反響を呼んだほか、2024年2月にはSolana Mobileの開発するスマートフォンの予約注文数が6万台を超えるなど、ソラナエコシステムへの関心は高まるばかりです。

さらに、日本を含む世界中のユーザーに人気のMove to Earn(フィットネス)アプリ「STEPN」もソラナチェーンをメインのレルムで使用しており、ソラナ(SOL)のスワップをはじめ、ソラナ基盤のsGST(Green Satoshi Token)やガバナンストークンGMTの取引が盛んに行われています。

このように、ソラナ上のプロダクトやNFT(非代替性トークン)市場で使用する上でも、最初にソラナ(SOL)が必要となることは少なくありません。

この記事では、そんなソラナ(SOL)を取り扱う国内の暗号資産(仮想通貨)取引所を比較し、特におすすめのサービスをご紹介します。

目次

ソラナへの投資におすすめの取引所

主要なソラナ取引所の特徴早見表

おすすめ取引所3社のメリット・デメリット、ソラナの取引方法、ステーキング報酬率、各種手数料などを比較します。

おすすめ
取引所
メリット デメリット 現物取引 レバレッジ取引 SOLステーキング
報酬率
取引所手数料
(BTC参考)
出庫手数料 備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
ステーキング途中でも
売却・出金できる
SOL取引所に未対応 販売所 SOLは未対応 年率7.8%
手数料差し引き後5.8%
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
2
仮想通貨取引所 GMOコイン
GMOコイン
SOLの出庫が無料
数秒〜対応
販売所・レバレッジ取引
でSOL未提供
現物(取引所) SOLは未対応 年率4.1%〜5.4% Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
3
仮想通貨取引所 CoinTrade
CoinTrade
1SOL以上の購入
とステーキングを申し込み
最大3000円相当
のSOLをプレゼント
SOL取引所に
未対応
販売所 想定年率6.0% 無料(スプレッド) 0.01 SOL SOLキャンペーンは4月11日まで

ソラナの取引所選びのポイント

これからソラナ(SOL)を買いたいけれど、どの取引所が良いか分からない人・買い方が分からない投資家の方は、投資目的から選んでみることをお勧めします。

1. 現物取引と積立投資
ソラナの購入方法には、Eコマースサイトのようにシンプルに購入できる「販売所」や、株式取引のような本格的な「取引所」があります。現物取引をする際は、手数料の低さや利用のしやすさに注目しましょう。また、市場の変動に左右されずに投資を開始できる「積立投資」は、初心者に適した方法です。

2. トレーディング、レバレッジ
ソラナに投資する方法は多岐にわたり、レバレッジ取引は少ない資本で大きな取引を可能にします。短期的な価格変動から利益を得ようとする積極的な投資戦略を求める方に適しています。PCで高機能なツールを提供する取引所もありますが、操作が簡単で直感的なインターフェースを提供する初心者向けの取引所もあります。

3. ステーキングとレンディング
暗号資産を預けて報酬を得るステーキングや、他者に貸し出して金利を受け取るレンディングは、受動的な収益を求める方に適しています。ただし、元本割れのリスクがあることに留意してください。取引所を選ぶ際には、報酬率や条件をよく確認しましょう。

4. Web3アプリ、ゲーム、NFT市場で使用したい
Web3ゲーム、NFTやエアドロップに興味がある方は、取引所からPhantomなどの自己管理ウォレットにソラナを移動して、マーケットプレイスやゲームにアクセスする必要があります。迅速な出庫サポート体制を持ち、ソラナ・ブロックチェーンに対応する取引所を選びましょう。

ソラナのステーキングとは

ステーキングは、保有している暗号資産で収益を得る一つの運用方法。暗号資産を保有することでブロックチェーン維持への貢献になり、報酬が発生する暗号資産ならではの仕組みです。株式投資で得られる配当や不動産投資からの賃貸収入と同様に、ステーキングによる報酬も仮想通貨投資の一形態としてのインカムゲインとみなすことができます。

現在、銀行預金の利率は0.3%以下と低迷していますが、ソラナのステーキング報酬は取引所により異なるものの、一般的に年率約5%前後の運用利回りで提供されています。

ソラナのステーキングサービス比較

取引所 解説
仮想通貨取引所ランキング SBIVC
ソラナのステーキング年率7.8%(2024年2月実績)。ステーキング手数料(通常25%)差し引き後年率5.8%。
仮想通貨取引所ランキング GMOコイン
ステーキング報酬年率:4.1%〜5.4%。ステーキング報酬の支払日は月1回。
仮想通貨取引所ランキング CoinTrade
ステーキング報酬年率:想定6.0%。ステーキング報酬の支払日は月2回。

両社ともに、申込や手続きが不要、口座でソラナを保有しているだけで、収益(ステーキング報酬)を得ることが可能。ステーキング中でも売却・出金可能です。

ソラナおすすめ取引所の詳細

ステーキング途中でも売却・出金可能「SBI VCトレード」
東証プライム市場に上場しているSBIホールディングス傘下、SBIグループにおいて「SBI証券」という名は、国内最大手のネット証券として広く知られる。SBIVCトレードは、これまでに培った金融ノウハウを活かし、安心感に定評のある取引所として位置づけられる。手数料の低さなど、個人投資家から高い支持。
最高水準のセキュリティによる取引環境を提供
ドージ、シバイヌなど注目度の高い銘柄を取り扱う
貸暗号資産、ステーキングなど投資サービスが充実
SBI VCトレードの主なスペック
取扱い通貨 20種類
取引方法 販売所・取引所・レバレッジ
最低取引単位 販売所:0.001 SOL BTC
投資サービス 貸暗号資産/積立暗号資産/ステーキング
各種手数料 出庫手数料無料。取引所にて、市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる「マイナス手数料」を採用
SOLの入出庫対応 3/1に入出庫対応開始。STEPN BOOSTとコラボキャンペーン開催中
現物「取引所」でソラナを提供「GMOコイン」
GMOコイン株式会社が運営。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、暗号資産と外国為替FXのハイブリッド投資ができる環境を提供。
シンプルな取引画面、かんたん操作でビットコイン購入可能
レバレッジ取引や外国為替FXなど、トレード機能も充実
ソラナやコスモスなど、注目度の高い銘柄を取り使う
GMOコインの主なスペック
取扱い通貨 26種類
取引方法 販売所・取引所・レバレッジ・外国為替FX
最低取引単位 0.01 SOL
投資サービス 積み立て/貸仮想通貨/ステーキング
各種手数料 取引所はマイナス手数料採用。即時入金の手数料、日本円の出金手数料、SOLの出庫手数料¥0
SOLの入出庫対応 SOLの出庫手数料が無料。24時間 365日出庫受付、数秒〜対応。
11銘柄でステーキングサービスを提供「CoinTrade」
セレスの連結子会社である株式会社マーキュリーにより運営される暗号資産販売所。「CoinTradeStake(コイントレードステーク)」は24年4月時点で11種類の仮想通貨に対応。
約10円から運用可能!のコイントレードステーク
シンプルなトレードビュー、直感的なインターフェース
プライム市場上場企業グループが提供する世界最高水準セキュリティ
CoinTradeの主なスペック
取扱い通貨 18種類
取引方法 販売所
最低取引単位 0.01 ETH
投資サービス ステーキング
各種手数料 売買手数料無料(スプレッドあり)、ETHの出庫手数料0.005 ETH。
アプリの使い勝手 アプリで口座開設からステーキング、取引や送金までも完結できる

ソラナ(SOL)とは

ソラナ(Solana)は、QualcommやDropboxにおいて圧縮アルゴリズムや分散システムの管理に携わった経験を持つアナトリー・ヤコヴェンコによって創設された、高速で低コストなスマートコントラクトプラットフォームです。その独自通貨はSOL。基本設計として50,000トランザクション/秒(TPS)と600ミリ秒の平均ブロックタイムを実現し、追加のスケーリングソリューションなしで高いスループットを可能にします。

主要な開発会社であるSolana Labsは、2021年6月にアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)とPolychain Capitalが主導する3億1415万ドル(約350億円)のプライベートトークンセールを完了し、大規模な資金調達に成功しました。

ソラナのネイティブトークンであるSOLは、2024年3月時点で時価総額は市場で第4位の仮想通貨です。SOLトークンは、ステーキングやトランザクション手数料の支払い、ガバナンス投票などに使用されます。

ETHを猛追するSOL 出典:CoinGecko(3/19時点)

また、Solana財団によると、総発行量は5億6600万SOLトークンに設計されており、2024年1月現在、約4億3200万SOLが市場に流通しています。

SOLの価格チャート分析

SOL/USD週足チャート 出典:Trading View

週足チャートを分析すると、ソラナ(SOL)は現在強気のトレンドにあることが見て取れます。50日移動平均線は、現在SOLの価格(171ドル:25,950円)を遥かに下回り、上向きに傾いています。相対力指数(RSI)は現在、70以下の中間範囲に位置しており、価格的に比較的安定して推移していると解釈できます。

SOL/USD日足チャート 出典:Trading View

日足チャートでは、20日移動平均線を下回ったことにより、少なくとも短期的には弱気トレンドが優勢であると言えます。しかしながら、より長期的な視点で見れば、ソラナの価格は2024年1月の安値から130%の上昇を維持しています。ビットコインの半減期を経て、その後のアルトコイン市場の活況を見込む一部の投資家は、165ドル(25,000円)の水準にまで下落した際に購入を検討するかもしれません。

ソラナの特徴、取引量の急増

出典:CoinGecko

ソラナは2024年初から78.31%の価格上昇を記録し、ビットコインやイーサリアムなどの主要仮想通貨を上回る勢いを見せています(3月19日時点)。この高騰の背景には、ミームコインや投機的トレーダーによる分散型市場への強い需要があります。

ソラナは、プロダクトマーケットフィット(PMF)*を達成しているとみなされており、爆発的な取引量を生み出すミームコインが数多く創出しています。*顧客の課題を満足させる製品を提供し、市場に受け入れられている状態のこと。

ソラナ上のDex取引量合計 出典:DeFillama

特に、ソラナネットワークはオンチェーン取引量で史上最高の37.9億ドルを記録し、24時間取引量でもイーサリアムを上回っています(3月15日時点)。しかし、市場価値(TVL)ではイーサリアムの1/4に留まっており、成長の余地がまだまだ大きいとさえ感じさせます。

「リテールのためのブロックチェーン」としての位置づけを確立しつつあるソラナは、手数料の低さで利用者の支持を得ています。Solana Compassのデータによると、ネットワーク手数料は極めて低く0.000247645 SOL(執筆時現在6.8円)。イーサリアムの主要L2と比較するとその利便性は際立ちます。

仮想通貨 送金手数料
イーサリアム(ETH) 2.44ドル(364.45円)
オプティミズム(OP) 0.00086ドル(0.13円)
アービトラム(ARB) 0.022ドル(3.29円)
ベース(BASE) 0.00033ドル(0.05円)
Starknet(STRK) 0.01ドル未満(1.49円)

(Bitbondデータ、*StarknetはL2fees.infoのデータを参照:3月17日現在)

イーサリアムはリテール市場に適した設計ではなく、高コストとUXの問題が指摘されています。イーサリアムのL2もオンボーディングの障壁や流動性の分散など、複数の課題に直面しています。

ソラナの今後・将来性、DePinの中心地に

ソラナの将来性についての注目点として、分散型フィジカルインフラネットワーク(DePIN)が挙げられます。Helium(HNT/MOBILE)、Hivemapper(HONEY)、Render(RNDR)といった初期段階で他のネットワーク上で運用されていた著名なDePINプロジェクトが、ユーザーベースの拡大とともに報酬計算の需要が急増したことに直面しました。これに対応するため、これらのプロジェクトは高速かつ効率的なブロックチェーンを求め、ソラナへの移行を選択しました。

77,000の都市、981,571のホットスポットで運用されている分散型LoRaWAN(IoT向け無線通信技術の一種)ネットワーク  出典:Helium Network

ソラナは、その大規模なNFTデータを効率的に扱える「cNFT」技術、低いトランザクション手数料、そして高速なトランザクション処理能力により、DePINプロジェクトのニーズに応えています。これらの特性は、報酬計算を迅速に行い、参加者に低コストで報酬を送金するために必要です。また、低い手数料でNFTを発行できることは、参加者に対してより良いインセンティブを提供し、プロジェクトへの参加を促す上で重要です。

ソラナのブロックチェーンは、スケーラビリティとパフォーマンスを重視する開発者コミュニティに支えられています。この強力なコミュニティと技術的な優位性が、多くのDePINプロジェクトがソラナを選択する理由となっています。

ソラナに対する投資家からの強気の見方の中には、その時価総額を1兆ドル(現在のイーサリアムの約2倍)に設定する意見も存在します。しかし、投資にはリスクが伴います。特定の意見や予測を鵜呑みにせず、投資判断には独自の研究と慎重な検討が必要です。市場は予測不可能な要素に左右されるため、リスク管理を怠らないようにしましょう。

ソラナの買い方1:仮想通貨取引所の基本知識

上述した通り日本はいち早く仮想通貨の規制整備に着手しました。現在日本で仮想通貨の取引サービスを提供する企業は、金融庁・財務局への登録が必須になっています。

金融庁によれば、本記事執筆時点で金融庁・財務局に登録している交換業者は29社。ソラナを購入するには、まずはどの業者を利用するか選ばなくてはいけません。

交換業者を選ぶ際に比較材料となるのは主に以下のようなポイントです。

  • アプリなどサービスの使いやすさ
  • 手数料の仕組み
  • 安全性と信頼性

ソラナの交換業者を選ぶ際の一つのポイントは出庫対応です。投資目的でなく、ソラナのアプリケーションを使用したいばあいは、SOLの出庫対応しているかどうかが重要です。

他にも、アプリやウェブサイトの画面を見てみて使いやすそうか、安全性や信頼性を高めるためにどのような取り組みを行なっているか、運営会社はどのような企業なのかを確認すると良いでしょう。

取引所と販売所の違い

ソラナを売買する際には、「取引所」と「販売所」という二つの手段があります。取引所と販売所はそれぞれメリットデメリットがあるので、どちらがご自身のニーズに最適かを判断しましょう。

誰と取引するか

販売所: ビットコインの販売所では、交換業者自身が取引の相手方となります。この方式は、コマースに似ており、業者が提供する価格で直接購入する形式です。
取引所: ビットコインの取引所では、他の投資家が取引の相手方となります。これは株式市場に似たシステムで、オーダーブックを介してユーザー同士が市場価格で直接取引を行います。

スプレッドの影響

取引所と販売所の間で重要な違いの一つが「スプレッド」です。スプレッドとは、買い値と売り値の差額を指し、この差が大きいほど交換業者はより多くの利益を得ます。一般的に、販売所は取引所に比べてスプレッドが広く設定されているため、販売所での取引はコストが高くなりがちです。このため、販売所の利用時はスプレッドに注意して選択することが重要です。

抑えておくべき手数料の種類

仮想通貨取引におけるもう一つの重要な考慮事項は、手数料の構造です。投資コストを最小限に抑え、最大限の利益を得るためには、手数料の違いを理解し、比較する必要があります。

取引手数料: 取引を行う際に発生するコストで、取引額の一定割合で計算されることが一般的です。
入出金手数料: 資金の入出金に関連する手数料で、円や仮想通貨の入出金時にそれぞれ発生する場合があります。これらの手数料は、交換業者や取引方法によって異なります。

手数料は交換業者や取引条件によって複雑に異なるため、取引を開始する前に各社の手数料一覧ページを確認し、自分の取引スタイルに合った業者を選択することが重要です。このようにして、手数料を含めた全体的な取引コストを把握し、適切な交換業者を選択することが、賢明な仮想通貨取引の鍵となります。

ソラナの買い方2:購入手順

ソラナの買い方、具体的な購入までのプロセス

1. 口座開設

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればソラナを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にソラナを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってソラナの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

3.ソラナ(SOL)の買い方(SBI VCトレード)

「販売所」では、同社が設定した価格でソラナ(SOL)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きです。

販売所の利用画面

ログイン後の画面では、購入を希望する通貨を選択すると、その通貨のチャートが表示されます。表示されたチャート画面の右下にある「買う」ボタンをタップすることで、購入画面へ移動できます。購入画面では、「今すぐ注文」および「価格指定注文」という2種類の注文方法から選択可能です。

「今すぐ注文」を選ぶと、同社が設定する現在の価格でビットコインを売買することができます。この方法では、購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で実施され、直観的な操作性により初心者でも容易に理解し使用できます。

一方、「価格指定注文」では、ユーザーが希望する価格に到達した際に自動的に売買が実行される予約注文を設定できます。このオプションは、チャート画面の青枠で囲まれたタブをタップすることで選択でき、「このレートになったら」または「数量」の項目をタップして、希望する価格や数量を指定することが可能です。

ソラナを購入する上での注意点

最後に、ソラナを買う上で考慮した方が良い重要ポイントを紹介します。

まずは、少額から投資し始めることを検討してみてください。仮想通貨は株式などと比べると少額で投資することが可能です。ソラナは1SOL以下でも購入することができますので、まずは慣れることから始めるのも1つの方法です。

次に、投資は余剰資金で行いましょう。これは仮想通貨に限らず、資産運用のポイントとしてよく挙げられています。生活に必要なお金や将来使う予定のある資金ではなく、当面は使う予定のないお金で投資するようにしてください。

仮想通貨にも、手元の資金よりも大きな利益を狙える「レバレッジ(証拠金)取引」という投資手段もありますが、大きな利益を狙える分、損失のリスクも大きくなります。投資金額を増やしたり、レバレッジ取引をしたりする前に、まずは余剰資金を使って少額投資を行うことから始めることをお勧めします。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/14 日曜日
11:30
ビットコイン過去最高値8万ドルも視野、半減期に向けた地ならし整ったか|bitbankアナリスト寄稿
来週末頃に半減期を迎えるビットコインは、テクニカル的な地均しは整ったとの見方も。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|BTC半減期分析に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインの半減期に関するコインベースやアーサー・ヘイズ氏の分析、メルカリにおけるビットコイン決済に関する記事が最も関心を集めた。
04/13 土曜日
12:00
アニモカブランズジャパン、今夏NFTローンチパッド立ち上げへ
アニモカブランズジャパンは2024年夏にNFTローンチパッドを提供開始すると発表した。クリエイターやプロジェクトをNFT販売で多角的に支援する。
11:00
複数の米銀行や金融企業、ビットコインETFに投資
この新たな傾向は、仮想通貨ビットコインに対する機関投資家の関心の高まりを示唆するもので、仮想通貨資産の受容と評価に今後大きな影響を与える可能性があるとみられる。
10:00
モジュラー型ブロックチェーンAvail、エアドロップ計画が浮上
Availがエアドロップを行う計画が浮上している。メインネットのローンチ時に様々なL2ロールアップのユーザーなどが対象となる可能性がある。
08:20
イスラエル情勢懸念で株・仮想通貨から米国債やドルに逃避
NYダウやナスダック、仮想通貨ビットコインは、イスラエルがイランからの直接攻撃に警戒との報道を受け大幅安。また、今週発表の強いCPIデータが6月利下げの可能性を後退させ、タックスシーズンに近づいていることもあり、リスクオフの動きが加速した格好だ。
07:05
「仮想通貨取引の申告分離課税検討すべき」自民党web3PT
仮想通貨取引を申告分離課税の対象にすることを検討すべきなどの提言を盛り込んだホワイトペーパーを自民党web3PTが公開。DAOやNFTなど、ほかにも様々な提言を行なっている。
06:35
香港のビットコイン現物ETF、中国から巨額資金流入の見込み
Matrixportの分析によると、香港の仮想通貨ETFは中国本土の投資家から年間最大250億ドルの需要を引き出せる。
06:10
EVM互換L1「Berachain」、シリーズBで153億円調達
ユーザーはBerachainの「プルーフオブ・リクイディティ」のもとで、ネイティブSwap機能からガストークンBERAを取得し流動性を提供することで、ステーブルコインHONEYをミントしたり、ガバナンストークンBGTを獲得したりすることができる。
04/12 金曜日
15:34
GMOコイン 取引所(レバレッジ)でソラナやドージコインなど追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
15:21
チェーンリンク、高度なセキュリティを提供するブリッジアプリ「Transporter」を発表
分散型オラクルネットワークのチェーンリンク(LINK)は、「クロスチェーン相互運用性プロトコル(CCIP)」上に構築された、安全性の高いブリッジアプリ「Transporter」のリリースを発表した。Transporterは複数のネットワーク間で、安全な仮想通貨やデータの移動を可能にする。
14:39
米下院議員らがステーブルコイン法案の進展に向けて会合か
米国下院金融サービス委員会の議員たちがステーブルコイン法案の進行について話し合った。超党派の解決策としての法案推進の可能性を探る。法案が可決すれば、規制の明確化による企業・機関の採用増加、マネーロンダリング対策など適切なリスク管理の環境整備が期待される。
14:32
CoinbaseがFinCEN法執行賞を受賞、AML対策と犯罪捜査への貢献
米国の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが犯罪捜査において顕著な貢献を果たし、FinCENからDirector's Law Enforcement Awardを受賞した。CoinbaseがAML対策を強化し、過去の課題をどのように克服したかについて解説します。
12:40
ビットコイン決済月10万件 メルカリが200万口座突破
メルカリの子会社メルコインが開始した仮想通貨ビットコイン決済サービスが、全ユーザーに開放されてから1ヶ月で10万回の使用を達成。この新機能により、メルカリアプリを通じて即座にビットコインの購入・売買が可能になり、多くの初心者が簡単に暗号資産取引を体験している。
11:51
高止まりで推移するビットコイン、UNI暴落の背景は?
マクロ経済と金融市場 11日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比2.4ドル、ナスダック指数は271.8ポイント(1.68%)高で取引を終えた。ハイテク株が買われ反発した。 …

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア