ドージコイン(DOGE)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
06/07 (金)
シバイヌとドージコインの買い方と取引所 貸コインなど投資のポイント
代表的なミームコイン、ドージコイン(DOGE)とシバイヌ(SHIB)を取り扱う、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所を紹介。購入方法や今後の注目点、投資に役立つ詳細を解説。
CoinPost
06/07 (金)
機関投資家のドージコインなどミーム銘柄保有額が急増 Bybitレポート
仮想通貨取引所Bybitはミームコインについてのレポートを発表。機関投資家によるドージコインなどの保有額急増を指摘した。
CoinPost
05/25 (土)
ドージコインの柴犬モチーフ「かぼす」が天国へ E・マスク氏らが哀悼の意
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
CoinPost
05/22 (水)
共和党大統領候補トランプ氏、仮想通貨での政治献金受付開始
トランプ氏のウェブサイトによると、同氏の選挙運動は、ビットコイン、イーサリアム、ソラナを含む暗号通貨を受け入れている。
CoinPost
05/19 (日)
ビットトレードのビットコイン・ピザ・デー記念キャンペーン BTCやシバイヌなどが当たるチャンス
暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードの特別企画。ビットコイン・ピザ・デーを記念して、シバイヌ(SHIB)やドージコイン(DOGE)も含む豪華景品が当たるラッキールーレットキャンペーンが開催される。2024年5月20日から24日までの期間限定。
CoinPost
04/14 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|コインベースやA・ヘイズ氏のビットコイン半減期分析に高い関心
今週は、仮想通貨ビットコインの半減期に関するコインベースやアーサー・ヘイズ氏の分析、メルカリにおけるビットコイン決済に関する記事が最も関心を集めた。
CoinPost
04/12 (金)
GMOコイン、取引所(レバレッジ)で国内初ソラナやドージコインなど6銘柄を追加
取引所(レバレッジ取引)でソラナなど6銘柄追加 暗号資産交換業を展開するGMOコイン株式会社は、2024年4月13日(土)から「取引所(レバレッジ取引)」で6つの新銘柄の取り扱…
CoinPost
04/04 (木)
ミームコインのトレンド、2024年の注目銘柄から投資リスクまで
2024年にドージコインやシバイヌといったミームコインの価格が上昇。取引量とユーザー数の増加に貢献するBONKやWIFは、暗号資産(仮想通貨)ソラナの価格に相関性も。分散型SNS「Farcaster」との連携で注目を集める新興のDEGEN、そしてイーロン・マスクとの関連が『噂』されるCAWについても分析。
CoinPost
04/04 (木)
「ミームコインは1Qに最も収益性の高いセクター」CoinGeckoデータ
ミームコインセクターの時価総額は609.3億ドルで、仮想通貨時価総額全体の約2.32%を占めている。
CoinPost
04/01 (月)
X(Twitter)の決済機能X Payments、ローンチ時の仮想通貨対応は見通し立たず
X(Twitter)が導入準備を進める決済機能「X Payments」について、現時点ではローンチ時のビットコイン(BTC)やドージコイン(DOGE)対応は見送りとなる可能性が高いようだ。その背景についてライセンスの取得状況などが挙げられる。
CoinPost

パロディ通貨として誕生

ドージコイン(DOGE)は、ネット上で話題となった柴犬「かぼす」のミームがモチーフの仮想通貨。日本発のモナーコイン同様、当初は通貨としての明確な目的がなく、ビットコインのパロディとしての側面が強い仮想通貨として誕生した経緯を持つ。

ドージコインはIBMエンジニアのビリー・マーカスとAdobeエンジニアのジャクソン・パルマーによって開発、2013年12月6日に正式リリースされた。ビットコインよりも幅広い層にリーチできるP2Pデジタル通貨を目指している。

コードはLitecoinが元となっており、マイニングのアルゴリズムにもLitecoinと同じプロトコルを採用。ブロック生成時間はLitecoinよりも短く、約1分でブロックが生成することや、コインの発行上限が定められていないことが特徴だ。

パロディ通貨としての側面を持つ一方、通貨の開発・改良も積極的に行われ、難易度調整やブロック報酬の仕様、発行上限の撤廃など、利用者のニーズに合わせ臨機応変なシステム変更が度々行われてきた。

草コインの基軸的通貨

いわゆる「草コイン」の先行指標とも呼ばれるドージコインは、ドージ建てで重宝されることから、時価総額の低いコインのベンチマークとしても注目される。

時価総額の低い仮想通貨を取り扱う取引所では、ドージコインが基軸通貨として多く採用されている。中には1枚あたりの単価が1satに満たない仮想通貨も多く、ドージコインはBTC、USDといった通貨と草コインとの間のブリッジ通貨としての側面も併せ持つ。

強力なコミュニティ

ドージコインの強みの一つに、多くのファンに支えられている強力なコミュニティが存在していることが挙げられる。

2014年のソチ冬季オリンピックの際は、ジャマイカのホブスレーチームが大会に出場するための資金調達手段として同志によるドージコインでの寄付活動が行われ、1日で3万ドルを集めたことで話題となった。

実社会で流通する通貨、またはユーティリティトークンとしてよりも、ネット上での少額のチップや投げ銭、寄付金として使われることが多い。

大手SNSのRedditは、ドージコインの誕生以来、その成長に大きく貢献している。Redditでは、ドージコインによって商品を購入できるプラットフォーム「DogeMarket」が利用でき、一部コミュニティにおいては通貨としての機能を果たしている。

ドージコイン(DOGE)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

ドージコインの買い方1、投資目的に合わせた取引所選び

これからドージコインを買いたいが、どの取引所が良いか分からない人・買い方が分からない投資家向けに、簡単なガイドをご用意しました。

ドージコインは世界的に知られた暗号資産であり、日本国内の多数の取引所で扱われています。自分のニーズや投資目標に最適な取引所を選ぶためには、取引所の特徴を理解することが重要です。以下、投資スタイルに合わせた取引所の選び方について4つのポイントを提供します。

1. 現物取引と積立投資
ドージコインの購入方法には、Eコマースサイトのようにシンプルに購入できる「販売所」や、株式取引のような本格的な「取引所」があります。現物取引をする際は、手数料の低さや利用のしやすさに注目しましょう。また、市場の変動に左右されずに投資を開始できる「積立投資」は、初心者に適した方法です。

2. 取引機能とレバレッジ
ドージコインを購入する方法は多岐にわたり、レバレッジ取引は少ない資本で大きな取引を可能にします。短期的な価格変動から利益を得ようとする積極的な投資戦略を求める方に適しています。PCで高機能なツールを提供する取引所もありますが、操作が簡単で直感的なインターフェースを提供する初心者向けの取引所もあります。

3. ステーキングとレンディング
暗号資産を預けて報酬を得るステーキングや、他者に貸し出して金利を受け取るレンディングは、受動的な収益を求める方に適しています。ただし、元本割れのリスクがあることに留意してください。取引所を選ぶ際には、報酬率や条件をよく確認しましょう。

4. NFT、Web3ゲームへのアクセス
Web3ゲーム、NFT利用などに興味がある方は、取引所から自分のウォレットに暗号資産を移動して、マーケットプレイスやゲームにアクセスする必要があります。迅速な出庫サポートと多様なブロックチェーンへの対応を提供する取引所を選びましょう。

適切な取引所を選択することは、投資体験を簡単にする鍵となります。このガイドが、ドージコイン取引を始める際の参考になれば幸いです。

主要なドージコイン取引所の特徴早見表

おすすめ
取引所
おすすめポイント アプリの特徴 現物取引 レバレッジ取引 投資サービス 取引所手数料 最低取引単位 入金手数料 出金手数料 出庫手数料 備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
SBIグループの100%子会社
最高水準のセキュリティ
シンプルモードなど
充実したツール
販売所
取引所
積立
レンディング
Maker:-0.01% Taker:0.05% 販売所:0.0001 BTC 取引所:0.000001 BTC 無料 無料 無料
2
仮想通貨取引所 bitbank
bitbank
全暗号資産(仮想通貨)取引所中
取引量 国内No.1 *
アプリストア 国内No.1 * 販売所
取引所
レンディング Maker:-0.02% Taker:0.12% 販売所:0.00000001 BTC 取引所:0.0001 BTC 無料 550円(3万円未満)/ 770円(3万円以上) 0.0006BTC ※21年2月14日 CoinMarketCap調べ ※18年10月31日 iOS App Store
3
仮想通貨取引所 GMOコイン
GMOコイン
信頼と実績の
GMOインターネットグループ
ビットコインも外国為替FXも
ひとつのアプリで
販売所
取引所
レンディング Maker:-0.01% Taker:0.05% 販売所:0.00001 BTC 取引所:0.0001 BTC 無料 無料 無料

ドージコインの買い方2、取引にかかる手数料をチェック

仮想通貨取引所では、いくつかの手数料が関わってきます。主なものには、取引手数料、スプレッド(売買価格に含まれるカバー手数料)、仮想通貨の出庫手数料、そして日本円の入出金手数料等があります。

取引所によっては、ドージコインの市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる場合もあります。また、取引所の流動性に依存する売買価格差、つまり「ビットアスクスプレッド」も重要なコスト要因となります。

ドージコインの買い方3、具体的な購入までのプロセス

1. 口座開設

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればドージコインを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にドージコインを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってドージコインの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

SBI VC トレードでのドージコインの買い方

SBI VC トレードの「販売所」では、同社が設定した価格でドージコインの売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きです。

販売所の利用画面 出典:SBI VCトレード

「取引所」では、参加者同士が直接価格と数量を提示して取引します。自分の望む価格で購入または売却を希望し、それに応じた相手がいれば取引が成立します。この方式では、指値注文や成行注文を利用して取引を行うことができます。

販売所の売買手数料は無料(スプレッドあり)。一方、SBI VCトレードの取引所の売買手数料は-0.01%(メーカー)および0.05%(テイカー)で、国内最安水準の手数料設定となっています。メーカーは市場に新たな注文を提供して待機する役割のこと、一方でテイカーは市場に存在する既存の注文に応じる役割のことです。

取引所の利用画面 出典:SBI VCトレード

SBI VC トレードではドージコインの貸コインがお得

SBI VCトレードでは「貸コイン(レンディング)」というサービスを利用できます。これは「仮想通貨をSBI VCトレードに貸し出し、その期間などに応じて賃貸料を受け取ることができる」というサービスです。

貸コインの魅力は、長期保有予定の仮想通貨を預け入れて放置しているだけで、株の配当のようなパッシブインカム(受動的収入)を得られる点にあります。

出典元:SBI VCトレード

例えば、年利率3.0%で10万DOGEを16週間貸し出した場合、賃貸料として約920 DOGEを受け取れます。ドージコイン価格が29円だった場合、16週間で約27000円の賃貸料を受け取れるというわけです。

SBI VC トレードの口座開設方法

出展:SBI VC トレード

SBI VC トレードで口座開設をし取引開始するまで、主に「仮登録(メールアドレス登録)」・「本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)」・「取引に必要なパスワードの受領」の3ステップを踏む必要があります。上記の表のように、本人確認書類の提出方法は3種類あるため自身に合った選択しましょう。

また、外国籍の方は以下の中から各1つずつ書類提出が必要です。事前に準備しておきましょう