CoinPostで今最も読まれています

米Astrobotic、ドージコイン(DOGE)をロケットで月へ飛ばす計画 打ち上げ予定は23年12月23日

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ドージコイン搭載ロケット発射へ

暗号資産(仮想通貨)ドージコイン公式アカウントは16日、宇宙関連事業を行う米企業Astroboticとの計画で、ロケットに搭載した実物のドージコイン(DOGE)を月へ向かって打ち上げることを発表した。

Astroboticは、月面探査車の開発など手掛けており、月面ミッションに適した一連の技術とシステムを開発し、宇宙探査セクターで地位を確立した企業だ。同社の月面着陸船や月面探査機は、企業や政府、非営利団体など様々な組織や個人に代わって月に荷物を送り届ける。

実物のドージコインは、金メッキなどを施した暗号資産のレプリカが使用されるものと見られる。

ドージコインは専用容器「ムーンボックス」に格納された上、ユナイテッド・ローンチ・アライアンス(United Launch Alliance, ULA)社の開発した新型ロケット“バルカン・ケンタウロス”に搭載され、12月23日に打ち上げられる予定だ。

ULA社は、世界最新鋭のステルス戦闘機F-22やF-35の開発を行うロッキード・マーティン社と最大手航空機開発会社ボーイング社の合弁事業で、高い技術力を誇る。

今回、DOGEを月に送るためのプロジェクトの資金調達は、2015年にドージコインコミュニティによって集められたものを原資にしているという。

暗号資産(仮想通貨)市場では古くから、月まで届きそうな勢いで高騰することを「To the Moon」と呼ぶことがある。

今年3月には、仮想通貨データ分析企業LunarCrushが、62BTC(時価3.5億円相当)のビットコイン(秘密鍵を刻印した月面探査車)を、イーロン・マスク氏がCEOを務めるSpaceXのロケットで月に送る計画を発表した。

関連月に2億円相当の「ビットコイン宝箱」を送る計画 月面探査車に秘密鍵搭載へ

今回の発表を受けて、ドージコインは一時10%高の12.95円に到達した。

ドージコインは柴犬をモチーフにした仮想通貨で、当初はジョークとして作られたミームコインであるが、Redditなどのサイトで急速に人気を獲得しチップ通貨として使われ始めたほか、近年では米テスラの創業者であるイーロン・マスク氏の支持などを背景に、投機的な需要が急速に高まった。

ミームコインとは

インターネット上のジョークから誕生した仮想通貨、代表例はドージコイン(DOGE)。一般的な仮想通貨はそのユースケースや開発状況が重視されて価格変動する傾向がある。一方、ミームコインはその話題性が中心となり、ユースケースがなかったり、後から構築されるケースがある。

▶️仮想通貨用語集

2021年の強気相場ではドージコインから派生した“犬系”プロジェクトも軒並み急騰し、23年10月には国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットトレードにドージコイン(DOGE)とシバイヌトークン(SHIB)が上場を果たした。

関連:DOGEコミュニティイベント「Doge Day」、11月2日に千葉県で初開催へ

宇宙事業と暗号資産

以前より、大手仮想通貨取引所BitMEXもビットコイン(BTC)をAstroboticのロケットに載せる準備を進めてきた。また、Bitcoin Magazineは、最初にマイニングされたビットコインのブロック「ジェネシス・ブロック」のコピーをロケットに託す計画があるとされる。

なお、イーロン・マスク氏率いる企業SpaceXのロケットも、仮想通貨関連のプロジェクトに関わっている。

2021年にはカナダの企業ジオメトリック・エナジー・コーポレーションらがSpaceXと提携して小型衛星「DOGE-1」を月面に届ける計画を発表した。このプロジェクトに関する資金の決済はドージコインで行われるとしている。

「DOGE-1」を搭載したロケットは、2024年1月の打ち上げを予定している。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア