Avalanche(AVAX)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
01/15 (日)
週刊仮想通貨ニュース|コインベースの日本事業の今後に注目集まる、米インフレが鈍化など
今週は、仮想通貨取引所コインベースが日本事業の大半を終了する計画であることを報じたニュースが最も多く読まれた。このほか、米CPIや、AWSとAva Labsの提携など、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
01/12 (木)
ビットコイン続伸で18000ドル台回復、アバランチ(AVAX)は前日比26%高
本日夜にCPI(米消費者物価指数)発表を控える中、インフレ鈍化を見込む米株相場は続伸。ビットコインが18000ドル台を回復したほか、アバランチ(AVAX)に材料が出て高騰した。
CoinPost
01/12 (木)
アマゾンAWS、アバランチ(AVAX)に対応
AVAX価格が高騰。AWSは12日、Ava Labsと提携しノードやdAppsなどアバランチのインフラやエコシステムに対応することを開始した。
CoinPost
01/12 (木)
12日朝の金融市場短観|NYダウやAI関連株が続伸 
本日のニューヨークダウやナスダックは続伸。今夜(22:30)は米消費者物価指数発表がある。ビットコインマイナーのアルゴ・ブロックチェーンは暴落した。
CoinPost
01/07 (土)
7日朝の金融市場短観|NYダウ大幅反発 米10年債利回りは急低下
本日のニューヨークダウは大幅反発し700ドル超えの上げ幅を記録。昨夜発表の2つの米経済指標が材料視された格好だ。
CoinPost
12/28 (水)
アバランチ基盤DEX「Trader Joe」、Arbitrumを採用
アバランチ基盤の大手DEX「Trader Joe」はイーサリアムL2のArbitrumでも稼働開始。マルチチェーン展開の第一歩となる。
CoinPost
12/23 (金)
アバランチ「Banff5」アップグレード、サブネット間の相互運用可能に
Banff5アップグレード 高速ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)は23日、Banff5アップグレードを完了した。サブネット間の直接通信機能「Avalanche Warp…
CoinPost
12/05 (月)
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のアバランチ(AVAX)など上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
CoinPost
12/03 (土)
アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
CoinPost
11/08 (火)
アバランチ、GMXに約6億円のAVAXインセンティブ提供へ
アバランチ財団は、現在注目される分散型取引所GMXに約6億円のAVAXインセンティブを付与する予定だ。
CoinPost

Avalanche(AVAX)の概要

2020年9月に正式ローンチしたAvalanche(AVAX)は、アバランチ財団のAVA Labsが開発する次世代の高速ブロックチェーン。メインネットのローンチ以来、計220以上のプロジェクトに対応している。

Avalancheは、秒間4,500超のトランザクションを処理できるとされており、トランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間は2秒以下という高速性を売りにしている。

機能

独自発行するネイティブトークンであるAVAXは、Avalancheプラットフォーム内でさまざまなタスクを果たし、ユーザーの報酬および支払いシステムとしても機能する。国外の主要な仮想通貨取引所にて取り扱い中で、時価総額も常に高水準を維持している。

AvalancheのコンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフオブステーク)が採用されており、クロスチェーン機能とイーサリアムとの互換性を持つ。スマートコントラクトプラットフォームとして、カスタマイズされたブロックチェーンを立ち上げたり、dappsを構築することが可能なほか、NFTエコシステムにも注力しており、様々なNFTキャラクターやゲームも展開中だ。

Avalanche Bridge

また、他のネットワークと接続する機能を果たす「Avalanche Bridge」もローンチしており、クロスチェーンでの仮想通貨スワップをサポートしている。すでにSushiSwapやCurve、AaveなどのDeFiプラットフォームにも採用されている。

Avalanche Bridgeは、ウォレットやエクスプローラーといった他のツールをシームレスに統合できるように設計されており、AEBを経由してきた資産をAvalanche Bridgeに移動することも可能な上、その資産をAvalanche Bridgeを使ってイーサリアムのネットワークに戻すことも可能になるという。

Avalancheは過去に、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やPolychain Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資も受けており、注目度の高いブロックチェーンだ。