Avalanche(AVAX)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
09/22 (木)
アバランチ初、L2でボバネットワークが対応 ユーザー体験の向上へ
L2のボバネットワークは、仮想通貨アバランチのブロックチェーンに対応。ボバネットワークはアバランチに対応した最初のL2ソリューションだという。
CoinPost
09/21 (水)
DMM Bitcoin、国内初のチリーズ(CHZ)取り扱い開始
国内仮想通貨取引所DMM Bitcoinはチリーズ(CHZ)とアバランチ(AVAX)の新規上場を開始した。この内、チリーズの国内上場は今回が初事例となる。
CoinPost
09/19 (月)
分散型取引所GMXで価格操作か アバランチ(AVAX)のUSDペアが被害
仮想通貨の分散型取引所GMXは、価格操作の報告を受けていると通知。アバランチ/米ドルのペアがユーザーによる価格操作の被害を受けた形だ。
CoinPost
09/16 (金)
FTX Japan、5銘柄の四半期先物取引を提供開始
国内の暗号資産取引所FTX Japanは16日、5銘柄の四半期先物取引を提供開始した。
CoinPost
09/14 (水)
米大手投資会社KKR、アバランチブロックチェーンを利用へ
米大手投資会社KKR&Coは13日、投資ファンドをL1ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)に移行する予定だ。
CoinPost
09/08 (木)
アバランチDeFiでフラッシュローン攻撃、Nereus Financeに7,200万円の損失
アバランチ上のDeFiステーキングプラットフォーム「Nereus Finance」は、6日にフラッシュローン攻撃を受けたことを発表した。
CoinPost
09/08 (木)
FTX Japan、アバランチの取扱いを開始
国内の暗号資産取引所FTX Japanは8日、アバランチ(AVAX)の取扱いを開始した。
CoinPost
08/29 (月)
Gunzilla Games、NFT導入の新作バトロワゲーム「Off The Grid」の予告編公開
ブロックチェーンゲーム企業Gunzilla Gamesは、NFTを用いたバトルロイヤルゲーム「Off The Grid」の予告編映像を公開した。基盤ブロックチェーンにはアバランチ(AVAX)を採用予定。
CoinPost
08/26 (金)
日本初、国内取引所DMM Bitcoinがチリーズ(CHZ)取り扱い予定
国内の暗号資産取引所DMM Bitcoinは26日、日本初としてチリーズ(CHZ)の新規取り扱いを近日中に開始すると発表した。
CoinPost
08/09 (火)
米ロビンフッド、アバランチ(AVAX)とステラ(XLM)取り扱い開始
米国の人気投資アプリ・ロビンフッドは新規2銘柄の新規上場を実施。アバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)の取り扱いを開始したことで、提供銘柄は15種類となった。
CoinPost

Avalanche(AVAX)の概要

2020年9月に正式ローンチしたAvalanche(AVAX)は、アバランチ財団のAVA Labsが開発する次世代の高速ブロックチェーン。メインネットのローンチ以来、計220以上のプロジェクトに対応している。

Avalancheは、秒間4,500超のトランザクションを処理できるとされており、トランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間は2秒以下という高速性を売りにしている。

機能

独自発行するネイティブトークンであるAVAXは、Avalancheプラットフォーム内でさまざまなタスクを果たし、ユーザーの報酬および支払いシステムとしても機能する。国外の主要な仮想通貨取引所にて取り扱い中で、時価総額も常に高水準を維持している。

AvalancheのコンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフオブステーク)が採用されており、クロスチェーン機能とイーサリアムとの互換性を持つ。スマートコントラクトプラットフォームとして、カスタマイズされたブロックチェーンを立ち上げたり、dappsを構築することが可能なほか、NFTエコシステムにも注力しており、様々なNFTキャラクターやゲームも展開中だ。

Avalanche Bridge

また、他のネットワークと接続する機能を果たす「Avalanche Bridge」もローンチしており、クロスチェーンでの仮想通貨スワップをサポートしている。すでにSushiSwapやCurve、AaveなどのDeFiプラットフォームにも採用されている。

Avalanche Bridgeは、ウォレットやエクスプローラーといった他のツールをシームレスに統合できるように設計されており、AEBを経由してきた資産をAvalanche Bridgeに移動することも可能な上、その資産をAvalanche Bridgeを使ってイーサリアムのネットワークに戻すことも可能になるという。

Avalancheは過去に、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やPolychain Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資も受けており、注目度の高いブロックチェーンだ。