ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)|投資情報・リアルタイム価格チャート

HBAR/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

HBAR 基礎情報

Hedera Hashgrap(ヘデラ・ハッシュグラフ)は、1秒当たり1万トランザクションを処理できる高いスループット、公平性と安全性を重視したコンセンサスモデルを採用している分散型台帳技術です。この処理速度の高さは、仮想投票の仕組みにより実現しており、秒単位のファイナリティーが提供されます。

HBAR関連ニュース

09/14 (火)
インド工科大学マドラス校、へデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加
へデラ・ハッシュグラフは9月14日、インド工科大学(IIT)マドラス校が、へデラ運営審議会に加わると発表。研究機関の参加としては、英国のUCLとLSEに続き3校目。
09/09 (木)
英大学、へデラの分散型台帳技術に関する新たな研究結果を発表
英国のUCLは9月8日、異なるブロックチェーンにおけるエネルギー出力に関する研究論文を発表。へデラ・ハッシュグラフの採用する分散型台帳技術(DLT)の持つ消費電力の低さが浮き彫りとなった。
08/18 (水)
英名門大、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加
へデラ・ハッシュグラフは8月19日、経済学において有名な教育・研究機関、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスがへデラ運営審議会に加わることを発表。
08/13 (金)
ヘデラ・ハッシュグラフの技術、マイクロペイメントや環境保護分野で活用
へデラハッシュグラフが提供する分散型台帳技術(DLT)が、マイクロペイメントや環境保護分野においてどのように活用されているのかを解説。
07/31 (土)
完全分散型ネットワークへ へデラ・ハッシュグラフの非中央集権化への取り組みとは
分散型台帳技術を開発するへデラ・ハッシュグラフは、完全にネットワークを分散化することが、パブリックな台帳を普及させるために最も重要であると考えている。現在、自由参加型のネットワークへと移行中。
07/28 (水)
実利用広がるヘデラ・ハッシュグラフ、コロナワクチン管理やフェイクニュース対策に活用
「Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)」が提供する分散型台帳技術(DLT)を活用した事例を紹介。本記事では、コロナウィルス・ワクチン管理と、フェイクニュース対策での活用事例を解説する。
07/02 (金)
米NBA選手が手掛けるヘデラハッシュグラフ基盤のアプリ、8億円超を調達
米プロバスケットボールプレイヤー、スペンサー・ディンウィディー氏のクリエイター向けアプリ「Calaxy」が新たに8億円以上を調達。同アプリはヘデラネットワークを利用する。
05/26 (水)
サッカーチームとコラボのNFTゲームリリースへ、ユニコーン企業Animoca Brandsとヘデラが提携
大手ブロックチェーンゲーム企業「Animoca Brands」が、仮想通貨プロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ」と提携。サッカーチームとコラボしたNFTゲームや、ゲームプラットフォームを開発。Animocaは、コインチェックとの提携でも知られている。
05/21 (金)
分散型オラクルChainlink Labs、ヘデラハッシュグラフの運営審議会に参加
分散型オラクルネットワークを提供するChainlink(チェーンリンク)が、分散型台帳技術開発プロジェクト「ヘデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)」の運営審議会へ参画。運営審議会の関連組織「ヘデラユーザーグループ(HUG)」についても解説。
05/14 (金)
ビットコインクジラは4月以降大幅減、仮想通貨全面安もへデラ(HBAR)など逆行高
テスラのビットコイン決済導入停止騒動で仮想通貨相場が急落。マイニング活動などエネルギー環境問題が再燃する中、ヘデラハッシュグラフ(HBAR)など脱炭素プロジェクトに携わるトークンが急騰した。
05/13 (木)
環境負荷が少ない分散台帳とは|ヘデラ技術活用企業が調査
ヘデラハッシュグラフの分散台帳技術を活用し、スマートエナジー事業などを展開するPower Transition社が、ブロックチェーン技術が消費する電力量などについてまとめた報告書を発表。ブロックチェーンが環境に与える影響を、1回の決済に必要な電力量などをもとに試算。
04/14 (水)
韓国大手銀行の新韓銀行、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加
韓国大手銀行、新韓銀行が、分散型台帳プロジェクト、ヘデラ・ハッシュグラフのガバナンス組織「運営審議会」に参加。新韓銀行は以前から、仮想通貨や分散型台帳技術に注目している。
03/27 (土)
へデラハッシュグラフとIBMが提携強化、プライベート&パブリックチェーンの相互運用性向上へ
分散型台帳技術開発のへデラハッシュグラフとIBMが提携強化。エンタープライズ向けのユースケース拡大目指し、プライベートおよびパブリックチェーンの相互運用性強化に取り組む。
03/05 (金)
世界第5位規模を誇る仏電力会社、ヘデラハッシュグラフの運営審議会に参加
分散型台帳技術プロジェクト「ヘデラハッシュグラフ」の運営審議会に、環境保護に尽力するフランス電力が参加、ノード運営を開始。フランス電力はブロックチェーン・仮想通貨業界に積極的に関与している。
02/26 (金)
ヘデラハッシュグラフ、アフリカの大手スタンダード銀行グループと提携発表
アフリカの大手スタンダード銀行グループは24日、ヘデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)と提携し、ヘデラ運営審議会に参加したことを発表した。アフリカ大陸で初のヘデラ・ネットワークのノードになるという。
02/10 (水)
実利用進むHedera Hashgraph、新たなトークン発行サービス「HTS」の提供を開始
仮想通貨HBARに関連する次世代分散型台帳技術ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)は、新たなトークン発行・管理サービス「ヘデラトークンサービス」の利用が可能となったことを発表した。
08/01 (土)
米仮想通貨取引所コインベース、新規上場候補のアルトコインを発表 DeFi銘柄が多数
米大手仮想通貨取引所コインベースが、新規上場の候補銘柄を発表。今回は19銘柄が候補に上がった。
06/26 (金)
アルトコイン市場の成長、必要なのは「情報の透明性」=米デューク大学仮想通貨リサーチ
米デューク大学の研究員は、いわゆるユーティリティトークンのパフォーマンスに関して、必要不可欠な要素を調査。取引所に上場する前にプロジェクト側が上場を公開することが極めて重要であると指摘している。
05/31 (日)
ビットコインで確定拠出年金プラン、イーサリアム2.0ローンチパッド公開、リップル新サービス=1週間仮想通貨注目ニュース
今週(5/25~30)の仮想通貨関連のニュースをまとめて追っていく。インドでは仮想通貨取引所が資金調達を実施、水曜には仮想通貨の銀行口座禁止令をインド中銀が公式否定した。韓国では、所得税法改正案で仮想通貨が課税対象になる見込み、中国でも全人代で仮想通貨を相続財産に含める草案が審議された。
05/28 (木)
韓国電子大手LGが分散型台帳プラットフォームHedera Hashgraphに参加
スマートフォン開発などで知られる韓国大手LG電子が、野村ホールディングスやGoogleなど大手企業14社が参加する分散型台帳の「ヘデラ運営審議会」に加盟した。審議会は、台帳のガバナンスを担当する世界各国から最大39の企業・団体によって構成される。