ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
03/05 (金)
世界第5位規模を誇る仏電力会社、ヘデラハッシュグラフの運営審議会に参加
分散型台帳技術プロジェクト「ヘデラハッシュグラフ」の運営審議会に、環境保護に尽力するフランス電力が参加、ノード運営を開始。フランス電力はブロックチェーン・仮想通貨業界に積極的に関与している。
CoinPost
02/26 (金)
ヘデラハッシュグラフ、アフリカの大手スタンダード銀行グループと提携発表
アフリカの大手スタンダード銀行グループは24日、ヘデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)と提携し、ヘデラ運営審議会に参加したことを発表した。アフリカ大陸で初のヘデラ・ネットワークのノードになるという。
CoinPost
02/10 (水)
実利用進むHedera Hashgraph、新たなトークン発行サービス「HTS」の提供を開始
仮想通貨HBARに関連する次世代分散型台帳技術ヘデラ・ハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)は、新たなトークン発行・管理サービス「ヘデラトークンサービス」の利用が可能となったことを発表した。
CoinPost
08/01 (土)
米仮想通貨取引所コインベース、新規上場候補のアルトコインを発表 DeFi銘柄が多数
米大手仮想通貨取引所コインベースが、新規上場の候補銘柄を発表。今回は19銘柄が候補に上がった。
CoinPost
06/26 (金)
アルトコイン市場の成長、必要なのは「情報の透明性」=米デューク大学仮想通貨リサーチ
米デューク大学の研究員は、いわゆるユーティリティトークンのパフォーマンスに関して、必要不可欠な要素を調査。取引所に上場する前にプロジェクト側が上場を公開することが極めて重要であると指摘している。
CoinPost
05/31 (日)
ビットコインで確定拠出年金プラン、イーサリアム2.0ローンチパッド公開、リップル新サービス=1週間仮想通貨注目ニュース
今週(5/25~30)の仮想通貨関連のニュースをまとめて追っていく。インドでは仮想通貨取引所が資金調達を実施、水曜には仮想通貨の銀行口座禁止令をインド中銀が公式否定した。韓国では、所得税法改正案で仮想通貨が課税対象になる見込み、中国でも全人代で仮想通貨を相続財産に含める草案が審議された。
CoinPost
05/28 (木)
韓国電子大手LGが分散型台帳プラットフォームHedera Hashgraphに参加
スマートフォン開発などで知られる韓国大手LG電子が、野村ホールディングスやGoogleなど大手企業14社が参加する分散型台帳の「ヘデラ運営審議会」に加盟した。審議会は、台帳のガバナンスを担当する世界各国から最大39の企業・団体によって構成される。
CoinPost
09/28 (土)
IBMやボーイング社もノードを運営する「ヘデラ・ハッシュグラフ」 バイナンスに上場
超高速決済機能を持つ大型プロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ」のネイティブ通貨「HBAR」は29日にBinanceに上場する予定だ。複数の世界的大手企業も管理ノードの運営を行なっている。
CoinPost
08/30 (金)
世界最大の航空宇宙企業ボーイング、仮想通貨ノードを運営に
世界最大の航空宇宙企業ボーイング社が、「Hedera Hashgraph」という仮想通貨プロジェクトの管理ノードを運営すると報じられた。Hederaは9月16日より、1.24億ドルを調達したICOトークンHBARを投資家に配布する。
CoinPost