CoinPostで今最も読まれています

英大学、へデラの分散型台帳技術に関する新たな研究結果を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

英名門大UCLによる研究報告

英国の名門大学UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)は9月8日、プルーフオブワーク(PoW)、プルーフオブステーク(PoS)、分散型台帳技術(DLT)などの、複数のコンセンサスプロトコルを比較した研究論文を発表した。

経済学の権威として知られるUCLが行った研究によって、従来型のコンセンサスプロトコルと比較した、分散型台帳技術ネットワークのエネルギー消費レベルが明らかとなった。

今回の研究では、へデラ・ハッシュグラフが採用する分散型台帳技術の特徴である、消費電力の少なさ(低い環境負荷)が浮き彫りにされている。

公表された研究内容

この研究では、分散型台帳技術による環境への影響に関する研究として、6つのブロックチェーンを比較した。分散型台帳技術との比較対象としては、アルゴランド、カルダノ、イーサリアム 2.0、ポルカドット、テゾスが選ばれている。

論文によると、調査対象として最終的に選ばれた4つの技術の中では、へデラ・ハッシュグラフのDLTが、総合的エネルギー消費量20.95mW h/txと最も少ないことが判明したという。次いでアルゴランド(4.427W h/tx)、ポルカドット(115.6W h/tx)、最後にイーサリアム 2.0(2.862W h/tx~557.5W h/tx)となっている。

PoSに勝る省エネ性能

UCLの研究者らによる今回の比較は、バリデーターベースのシビル耐性スキームの数学的消費モデルを公式化(formalization)することで行われている。このモデルでは、バリデーターの数やシステムのスループット特性などの一般的な入力変数に基づき、1トランザクションあたりのエネルギー消費量が定量化されている。

研究の成果としては、さまざまなコンセンサスプロトコルのエネルギー必要量が、アクティブなバリデーターの数に依存するということが判明。またUCLの研究者らは、分散型台帳技術ネットワークでは、一部の検証者が最も安価なエネルギー源を使用してハードウェアを稼働させる、「底辺への競争(Race to the bottom)」が起こり得る可能性があるとも指摘。

たとえ消費電力の少なさを誇るDLTネットワークの規模が拡大したとしても、環境への配慮を忘れてはならないと結論づけている。

UCL側のコメント

UCLのブロックチェーン・テクノロジーセンター(CBT:Centre for Blockchain Technologies)のエグゼクティブ・ディレクターを務めるパオロ・タスカ博士は、今回の研究結果について、このようにコメントしている。

今回の研究では、すべてのPoSネットワークが同じように機能するわけではないことが判明しました。

本研究で得られた知見は、既存のコンセンサスプロトコルを改善するだけでなく、持続可能性を念頭に置いた新たなコンセンサスプロトコルを開発するための出発点ともなります。

私たちは、最新のスループットとバリデータ数を適用するへデラ・ハッシュグラフが最も好ましいエネルギー消費特性を持っていることを証明しました。UCLのブロックチェーン・テクノロジーセンターは、へデラ・ハッシュグラフと緊密に協力しており、その技術を実世界の問題に適用する方法を模索しています。

    

UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)について

1826年設立のUCLは、13,000人以上のスタッフと150カ国から集まる42,000人の学生を擁する、英国の代表的な大学の一つ。UCLはロンドン大学連合の旗艦校でもあり、QS世界大学ランキング2020では世界第8位、ヨーロッパ第4位、ロンドン第1位にランクインしている。

UCLの研究、教育、革新への取り組みは世界的に認知されており、英国の高等教育機関の研究評価を行う「Research Excellence Framework」の最新版では、UCLは研究力の項目で英国の大学トップの評価を得ている。

なお、UCLはへデラ運営審議会のメンバーとして20年5月から参加しており、同じロンドン大学の所属校であるLSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)も、今年8月に加盟を発表したばかりだ。

関連:英名門大、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。
16:37
バイナンス新CEO、年末ビットコイン価格見通し・相場サイクルの特異性を語る
バイナンス新CEOリチャード・テン氏が、2024年末の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン価格見通しと暗号資産市場サイクルの展望を語る。市場はまだ初期段階にあり、さらなる成長を見込む。
15:01
ZKsync大型エアドロップは2時間で45%が申請完了 一躍ランキングTOP100圏内に
ZKsyncが36億7500万ZKトークンの大型エアドロップを実施。2時間で45%が申請完了し、暗号資産ランキングTop100圏内に急浮上。バイナンスでの取り扱いも開始。
13:50
エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ
エチオピアは、仮想通貨の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと、この2年間で方針を転換してきた。現在はビットコインマイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。
12:25
ビットコイン続落でメジャーアルト全面安、IEO銘柄BRILは公募価格の2倍超で推移
暗号資産(仮想通貨)相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)の利下げ観測後退もあり引き続き軟調。ビットコインの続落でイーサリアム(ETH)やソラナ(SOL)では売りが先行した。一方でIEO銘柄ブリリアンクリプト(BRIL)は公募価格の2倍超で推移する。
11:21
ビットコインの対円は緩む展開、マイナーやハッシュレートの動向も注視が必要か|bitbankアナリスト寄稿
6/8(土)〜6/14(金)の仮想通貨相場 国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。 目次 ビットコイン・オ…
11:10
米SEC、対リップル社裁判で罰金額めぐり反論
米証券取引委員会は対リップル社裁判で民事罰が過大とするリップル社の主張に反論した。テラフォームラボとの違いを指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア