ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
08/13 (金)
ヘデラ・ハッシュグラフの技術、マイクロペイメントや環境保護分野で活用
へデラハッシュグラフが提供する分散型台帳技術(DLT)が、マイクロペイメントや環境保護分野においてどのように活用されているのかを解説。
CoinPost
07/31 (土)
完全分散型ネットワークへ へデラ・ハッシュグラフの非中央集権化への取り組みとは
分散型台帳技術を開発するへデラ・ハッシュグラフは、完全にネットワークを分散化することが、パブリックな台帳を普及させるために最も重要であると考えている。現在、自由参加型のネットワークへと移行中。
CoinPost
07/28 (水)
実利用広がるヘデラ・ハッシュグラフ、コロナワクチン管理やフェイクニュース対策に活用
「Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)」が提供する分散型台帳技術(DLT)を活用した事例を紹介。本記事では、コロナウィルス・ワクチン管理と、フェイクニュース対策での活用事例を解説する。
CoinPost
07/02 (金)
米NBA選手が手掛けるヘデラハッシュグラフ基盤のアプリ、8億円超を調達
米プロバスケットボールプレイヤー、スペンサー・ディンウィディー氏のクリエイター向けアプリ「Calaxy」が新たに8億円以上を調達。同アプリはヘデラネットワークを利用する。
CoinPost
05/26 (水)
サッカーチームとコラボのNFTゲームリリースへ、ユニコーン企業Animoca Brandsとヘデラが提携
大手ブロックチェーンゲーム企業「Animoca Brands」が、仮想通貨プロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ」と提携。サッカーチームとコラボしたNFTゲームや、ゲームプラットフォームを開発。Animocaは、コインチェックとの提携でも知られている。
CoinPost
05/21 (金)
分散型オラクルChainlink Labs、ヘデラハッシュグラフの運営審議会に参加
分散型オラクルネットワークを提供するChainlink(チェーンリンク)が、分散型台帳技術開発プロジェクト「ヘデラハッシュグラフ(Hedera Hashgraph)」の運営審議会へ参画。運営審議会の関連組織「ヘデラユーザーグループ(HUG)」についても解説。
CoinPost
05/14 (金)
ビットコインクジラは4月以降大幅減、仮想通貨全面安もへデラ(HBAR)など逆行高
テスラのビットコイン決済導入停止騒動で仮想通貨相場が急落。マイニング活動などエネルギー環境問題が再燃する中、ヘデラハッシュグラフ(HBAR)など脱炭素プロジェクトに携わるトークンが急騰した。
CoinPost
05/13 (木)
環境負荷が少ない分散台帳とは|ヘデラ技術活用企業が調査
ヘデラハッシュグラフの分散台帳技術を活用し、スマートエナジー事業などを展開するPower Transition社が、ブロックチェーン技術が消費する電力量などについてまとめた報告書を発表。ブロックチェーンが環境に与える影響を、1回の決済に必要な電力量などをもとに試算。
CoinPost
04/14 (水)
韓国大手銀行の新韓銀行、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加
韓国大手銀行、新韓銀行が、分散型台帳プロジェクト、ヘデラ・ハッシュグラフのガバナンス組織「運営審議会」に参加。新韓銀行は以前から、仮想通貨や分散型台帳技術に注目している。
CoinPost
03/27 (土)
へデラハッシュグラフとIBMが提携強化、プライベート&パブリックチェーンの相互運用性向上へ
分散型台帳技術開発のへデラハッシュグラフとIBMが提携強化。エンタープライズ向けのユースケース拡大目指し、プライベートおよびパブリックチェーンの相互運用性強化に取り組む。
CoinPost