CoinPostで今最も読まれています

インド工科大学マドラス校、へデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加 ユースケースの研究開発に意欲

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DLT研究開発に注力

DLT(分散型台帳技術)の開発を進めるへデラ・ハッシュグラフは9月14日、インド工科大学(IIT)マドラス校が、へデラのガバナンス組織である「運営審議会」に加わることを発表した。

今後IITマドラス校は、へデラ運営審議会のメンバーとしてDLT分野の研究開発を強化する予定。「へデラ・コンセンサスサービス」や「へデラ・トークンサービス」などの主要サービスを活用したユースケースをテストしていく。

大学研究機関によるへデラ運営審議会への参加としては、英国のUCL(ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン)およびLSE(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)に続き、これで3校目となる。

関連:英名門大、ヘデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加

関連:英大学、へデラの分散型台帳技術に関する新たな研究結果を発表

分散型台帳技術とは

分散型台帳技術はDLTとも呼ばれ、英語の(Decentralized Ledger Technology) の省略で、日本語訳したのが分散型台帳技術である。「De-centralized = 中央集権でない(つまり非中央集権)」な台帳技術(Ledger Technology)のことである。

仮想通貨用語集

拡大するへデラ運営審議会

現時点では、これで23の組織がヘデラ運営審議会に加盟することとなり、へデラのエコシステムと連携してDLTにおけるガバナンス体制を構築していく。

最終的に加盟メンバー数が39に達した後、へデラは自由参加型のネットワークへと移行し、完全分散化する計画となっている。

運営審議会のメンバーには現在、米Google、IBM、ボーイング社、アフリカ最大級の銀行グループ、仏最大の電力会社、韓国のLG電子、そして日本の野村証券など、各国の多様な組織、企業、研究機関が名を連ねている。

当事者によるコメント

この提携について、IITマドラス校・機械工学科のプラブ・ラジャゴパール(Prabhu Rajagopal)教授は次のようにコメントしている。

IITマドラス校は、再生可能エネルギー、電気通信、非破壊検査、生物医学、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)などの分野における先駆的な取り組みや、有名な技術系卒業生のコミュニティで世界的に知られています。

実用的かつ革新的な技術ソリューションに関する我々の専門知識を活用し、他の審議会メンバーや組織のユースケース開発を支援することで、へデラ運営審議会に大きな価値をもたらすことを目指しています。

    

また、へデラのCEO兼共同設立者のマンス・ハーモン(Mance Harmon)氏はIITマドラス校の加盟についてこう述べている。

IITマドラス校がへデラ運営審議会に加わったことは、へデラのコミュニティとDLT分野にとって重要かつエキサイティングな出来事です。

IITの歴史の中で、その卒業生や学術スタッフは、技術とイノベーションをもたらす画期的な研究に多大な貢献をしてきました。これは、へデラ運営審議会に大きな価値をもたらし、彼らがへデラネットワーク上で構築される重要なユースケースの開発を導くことは間違いありません。

    

インド工科大学(IIT)について

IITは、インド全土に23のキャンパスを有するインドの代表的な工学・科学技術研究機関。その研究水準の高さは国際的に評価されており、躍進するインドのIT産業を支えている。

また、IT分野の第一線で活躍する人材を輩出しており、GoogleおよびAlphabetのCEOサンダー・ピチャイ氏や、ソフトバンクグループの元副社長であるニケシュ・アローラ氏などの出身校だ。米サン・マイクロシステムズ社の共同設立者の一人ビノッド・コースラ氏は、同校について「私が知る限り、世界で最も入学が困難な大学だろう」と発言している。

IITマドラス校は、580人以上の教員と9,500人の学生を擁する全寮制の研究所で、世界18カ国の学生が在籍している。また、インド政府教育省が発表した「India Ranking 2020」において、IITマドラス校は2年連続で「総合」部門にて第1位を獲得。さらに、2016〜2020年の5年連続で、同ランキングの「エンジニアリング機関」部門で第1位を獲得している。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア