人気NFTゲーム「アクシーインフィニティ」、分散型取引所をローンチ

分散型取引所「Katana」を立ち上げ

人気ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」は4日、分散型取引所(DEX)「Katana」を立ち上げたと発表した。同時に、独自トークンRONの発行についても説明している。

分散型取引所では、中央機関や中間業者を介さずに、ユーザーが提供する流動性プールを通じて取引が行われる。

DEX(分散型取引所)とは

ブロックチェーン上に構築される非中央集権型取引所。「分散型取引所」の英訳である「Decentralized EXchange」から「DEX」とも呼ばれる。中央管理者を介さずに当事者間で直接取引を行うため、管理者に支払う手数料が不要で、その他に流動性が低い、秘密鍵をユーザーが管理するなどの特徴がある。

▶️仮想通貨用語集

Katanaでは初期の取り扱い資産として、以下のトークンが取引可能だ。

  1. スムース・ラブ・ポーション(SLP)
  2. アクシーインフィニティ・シャード(AXS)
  3. ラップド・イーサリアム(WETH)
  4. USDコイン(USDC)

SLPとAXSは、アクシーインフィニティ固有のトークンだ。SLPは、プレイヤーがゲーム内バトルに勝利した際に入手できるトークン。AXSは、アクシーインフィニティのガバナンストークンである。

Roninチェーンの独自トークンRON

これに加えて、アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisは、Roninブロックチェーンのエコシステムで使われる独自トークンRONも発表した。

Roninは、アクシーインフィニティ用のイーサリアム・サイドチェーンで、分散型取引所Katanaもこの上に構築されている。

RONトークンは将来的に、Roninネットワーク上の取引における手数料の支払いにも使われるようになる見込みだ。また、この先Roninチェーンに構築されるゲームや製品の安全性を確保するためにも使用されるという。

現在、ユーザーは1日あたり100回まで、無料でRonin上の取引を行うことができるが、今後はRONを手数料として使用するような仕組みに移行する計画だ。手数料は非常に安価なものになると予測されている。

ユーザーは、Katana上のSLP/ETHまたはAXS/ETHプールに保有トークンを預けてステーキングすることで、取引所に流動性を提供し、報酬を得ることが可能。総供給RONの10%が、今後90日間に渡って、2つのプールへの流動性提供者に与えられる形だ。

アクシーインフィニティは、「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」という、仮想通貨で収入を得ることができる仕組みなどにより、急速に人気を博している。トークン情報サイトCryptoSlamによると、これまでにアクシーインフィニティでは、合計28億ドル(3,180億円)相当ものNFT(非代替性トークン)取引が行われてきた。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

Axie Infinityとは

ベトナムのゲームスタジオSky Mavisが開発。プレイヤーがゲームで仮想通貨を獲得し、それを現地の法定通貨に変換できる「Play-to-earn」という仕組みが備わっており、フィリピン、インドネシア、ブラジルなどの国々で参加者が増えている。ゲームに参加するには、最初にNFTキャラクターを入手するためにETHを支払う必要がある。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します