CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ウォレット「メタマスク」の使い方、送金、セキュリティ対策を徹底解説 インストールから送金方法まで

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

セルフカストディに対する関心急増

2024年にDeFi(分散型金融)プロジェクトのエアドロップ目的としたポイント獲得活動、そうした新規発行トークンやミームコインが売買されるDEX(分散型取引所)市場の拡大などにより、自己管理型ウォレットへの関心が急増しています。

Ledgerに代表されるハードウェアウォレットはセキュリティの高さが特徴ですが、使い方が複雑であったり端末購入にコストがかかることから、特に初心者は、その安全性を理解していたとしても敬遠してしまいがちです。そこで便利になってくるのが、いわゆるホットウォレットです。

ホットウォレットは、ハードウェアウォレットより安全性は劣りますが、自身で秘密鍵を管理するセルフカストディ(自己管理型)のウォレットであり、アプリや拡張機能をインストールするだけで利用可能です。

暗号資産(仮想通貨)投資や、Web3ゲームなどの利用を検討するユーザーにとっては、身近な選択肢です。中でも、最も広く認知されているのが、「MetaMask(メタマスク)」ウォレットです。

本記事では、MetaMaskの始め方、使い方について、詳細に説明していきます。

目次

MetaMaskとは

MetaMaskとは、イーサリアムを含む複数のブロックチェーンに対応している暗号資産用ウォレットです。トークンの保管、送付および交換が可能です。dAppsへのログインにも利用されています。

上述のようにMetaMaskはホットウォレット(デバイスを介してインターネットに接続しているウォレット)であり、Chromeなどに拡張機能としてインストールできるブラウザ版、およびアプリとしてダウンロード可能なモバイル版の2種類が利用可能です。

執筆時点では、イーサリアムに加え、アバランチやBNBチェーンなどのEVM対応チェーンや、アービトラムやOPメインネットなどのL2ネットワークをサポートしています。「Snap」と呼ばれる拡張機能も出ていますが、ネイティブにはビットコインやソラナには対応していません。

MetaMaskERC-20規格のトークン(はUSDCやBATなど)やERC-721規格のNFT(非代替性)、そしてイーサリアム(ETH)など、さまざまなデジタル資産を保管できます。

MetaMaskの始め方

MetaMaskを利用するにあたって、まずは、公式サイトから、ブラウザ拡張機能をインストールします。スマホアプリのインストールも、MetaMask公式ページからアクセスすると安全です。

※公式以外からダウンロードを行わないよう、アップストアでダウンロード数をチェックする等、十分に確認をお願いします。

ブラウザ版

以下ではChromeにおけるインストール方法を説明します。他のブラウザにおいても基本的には同じ方法でインストールできます。

1. 「Install MetaMask for Chrome」をクリックしChromeウェブストアを開く。Chrome以外(Firefox、Brave、EdgeまたはOpera)を利用の場合は、画面をスクロールし、下にある自身が使っているブラウザのアイコンをクリック。

2. 右上の「Chromeに追加」をクリック。

3. ポップアップが開いたら「Add extention」をクリックし、インストールを完了させる。インストールが正常に行われた場合、バーの右上の拡張機能アイコンのところにアプリが追加される。

モバイル版

公式サイトから、 iOSの場合はApp Storeを、Androidの場合はGoogle Play Storeへと遷移。他のアプリのダウンロードと同じ手順でダウンロードを完了させる。

初期設定・ウォレット開設方法

インストールが完了すると以下の画面に自動的に移行するので、「開始」をクリックし、利用規約に同意して初期設定を開始します。初期設定は、以下の手順で実行できます。

1. 新規ウォレット作成:右側の「ウォレットを作成」を選択し、新規ウォレットを作成。

2. パスワード作成:パスワード作成画面でパスワードを入力し「作成」をクリック。このパスワードは、MetaMaskにログインする際に必ず必要となるので忘れないようにしておく。

3. 【重要】リカバリーフレーズのメモ:鍵マークをクリックし、12個のリカバリーフレーズを表示。安全な場所にメモしておく。メモが完了したら「Next」をクリックし、次のページへ。

4. ③でメモしたリカバリーフレーズを同じ順番で空欄に入力。完了したら「確認」。リカバリーフレーズは、失くさないよう安全な場所に保管しておく。

5. 正しく入力できていると下の画像のような画面になり、設定完了。「すべて完了」をクリックするとウォレット管理画面へ転送される。

リカバリーフレーズ(またはシードフレーズ)とは、ウォレットを作成する際に各ウォレットが生成する、一般的に12から24個のランダムに選ばれた単語の列です。このシークレットリカバリーフレーズは暗号技術に基づいており、派生するアカウントセットは常に一貫しています。

リカバリーフレーズは、ウォレットを入れている端末を紛失したり、故障した際にウォレットを復元するための重要な「アカウントに固有の単語集」です。これを紙などのオフライン環境で安全な場所に保管し、決して他人に教えないでください。

ウォレットの管理権はリカバリーフレーズを保持している人にあります。リカバリーフレーズを紛失すると、ウォレット及びその中の資産にアクセスできなくなるため、十分な注意が必要です。

ウォレットの管理画面の解説

MetaMaskのUI(ユーザーインターフェース)は比較的シンプルですが、独特なので大まかな機能を解説します。

1. アカウント名:デフォルトではアカウント名は「Account 1」です。右上のメニューバー→「アカウントの詳細」で変更可能。

2. パブリックアドレス:秘密鍵と違い他人に見えても問題ないアドレス。他アドレスからの送金などの際には、このアドレスに送ってもらう(下記参照)。銀行の口座番号のようなもの。クリックでコピー可能。

3. ネットワーク:現在接続されているネットワーク。ここをクリックすることによりネットワークを変更できる。

4. 保有額:現在保有している暗号資産とその額。

5. 購入・送金・交換:購入、送金および交換をMetaMaskを介して実行できる。

6. 資産一覧:自身のウォレットに入っている資産の種類およびその額がここに一覧で表示される。

7. ネットワークアクティビティ:ウォレットの使用履歴を全て見ることができる。

各種利用方法

送金

1. 「送金」をクリック。

2. 送金先のアドレス、送金したい通貨および送金額を入力し「次へ」をクリック。自己管理型ウォレットであるため間違えたアドレスや金額を入力した場合であっても、返金等のサービスはないため、入力内容に間違いがないか十分に確認する。

3. ガス代を確認。

4. 問題なければ「確認」をクリックし、送金を完了させる。

Metamaskから取引所「SBIVCトレード」への送金方法

1、入庫アドレス取得(SBIVCトレード側)

Metamask Walletから取引所「SBIVCトレード」へイーサリアム(ETH)を送金することを想定します。

スマートフォンの場合

①公式アプリを開き「資産 / 入出金」から入金するトークンを選択

②「ETHを受け取る」を選択(今回の例ではETH)

③表示される入金用のETHアドレスをコピー

出典:SBI VCトレード

PCの場合

①トレーダーモードを開き、「暗号資産入庫」から「ETH」を選択

出典:SBI VCトレード

②「発行」をクリックし、表示された入庫用のETHアドレスコピー

※「発行」ボタンは初回のみ表示されます。

出典:SBI VCトレード

2、出庫処理をする(Metamask側)

①「送金」を選択

出典:Metamask

②SBIVCトレードからコピーしたアドレスを貼り付け、転送するトークンの量を入力して「次へ」をクリック

※自己管理型ウォレットであるため間違えたアドレスや金額を入力した場合であっても、返金等のサービスはないため、入力内容に間違いがないか十分に確認します。

出典:Metamask

③ガス代を確認して、問題なければ「確認」をクリックし、送金を完了させます。

出典:Metamask

預入

自分のアドレスにトークンを送付してもらう時は、相手に自身のパブリックアドレスを知らせる必要があります。このアドレスは資産管理ページの上部に記載されており、クリックすることでコピー可能です。

暗号資産投資を始めるならSBI VCトレードがおすすめ

金融大手SBIグループでは、イーサリアムやソラナなどの暗号資産の出庫手数料が無料。ステーキングサービスの取り扱い銘柄が国内最多級。暗号資産投資を始めるなら、まずはSBI VCトレードをチェック。

取引所「SBIVCトレード」からMetamaskへの預入方法

1、入庫アドレス取得(Metamask側)

出典:Metamask

2、出庫処理をする(SBIVCトレード側)

取引所「SBIVCトレード」からMetamask Walletへイーサリアム(ETH)を出庫する方法をご案内します。

スマートフォンの場合

①公式アプリを開き、「資産 / 入出金」から「ETHを送る」を選択

②「アドレスを登録する」をタップし、MetamaskでコピーしたETHの送信先を登録

登録が完了すると、「送信先アドレス一覧」に登録したアドレスが表示されるようになります。

出典:SBI VCトレード

③登録したアドレスをタップし、数量を入力

出典:SBI VCトレード

④「イーサリアムを送る」をタップすると、登録したメールアドレス宛に以下のような確認メールが届くため、メールに記載されているリンクをタップ

出典:SBI VCトレード

⑤タップした後に「出庫予約の受付が完了致しました。」と書かれた画面が表示されれば、出庫予約が完了となります。

出庫状況は「送信先アドレス一覧」の「送金状況を確認する」で確認できます。

出典:SBI VCトレード

PCの場合

①トレーダーモードを開き、「出庫アドレス登録」から「新規登録」を選択

出典:SBI VCトレード

②必要な項目を入力し、「確認」をクリック

アドレスにはMetamaskでコピーしたアドレスを入力(ペースト)する。

出典:SBI VCトレード

③第2認証コード(Google Authenticatorの番号)を入力し、「実行」をクリックし、出庫アドレスの新規登録を完了

出典:SBI VCトレード

④「暗号資産出庫」から銘柄と数量、出庫先を指定

出典:SBI VCトレード

⑤チェックボックスにチェックを入れ、第2認証コード(Google Authenticatorの番号)を入力、「確認メール送信」をクリック

出典:SBI VCトレード

⑥登録したメールアドレス宛に以下のような確認メールが届くため、メールに記載されているリンクをクリックし、出庫予約完了を確認する

出典:SBI VCトレード

交換(スワップ)

MetaMaskでは、トークンの交換も可能です。

1. 「スワップ」をクリック。

2. 交換したい通貨およびその額、ならびに交換先の通貨を選択。

3. 必要であれば「詳細オプション」をクリックし、スリッページやスマートトランザクションを設定。「スワップの確認」をクリック。

4. レートおよびガス代を確認。

5. 問題なければ「スワップ」をクリックし、交換を完了させる。

暗号資産投資を始めるならSBI VCトレードがおすすめ

金融大手SBIグループでは、イーサリアムやソラナなどの暗号資産の出庫手数料が無料。ステーキングサービスの取り扱い銘柄が国内最多級。暗号資産投資を始めるなら、まずはSBI VCトレードをチェック。

ネットワーク変更

MetaMaskでは多数のネットワークがサポートされていますが、右上のネットワーク名をクリックするとネットワークを変更できます。任意のネットワークが表示されていない場合は、「ネットワークを追加」より手動で追加可能です。

トークン追加

MetaMaskでは、初期設定の段階ではETHしか通貨の表示がありません。他の通貨を表示したい場合には、資産管理ページ下部の「トークンをインポート」をクリックします。著名トークンであればトークン名称やティッカーを入力するだけで追加できますが、マイナーなトークンはトークンアドレスを入力して検索します。

追加されたトークンは、トップ画面の「アセット」に表示されます。

リカバリーフレーズの確認

上述のようにリカバリーフレーズを失くしてしまうとウォレットにアクセスできなくなってしまいますが、仮にメモを取った紙等を失くしてしまったとしても、まだMetaMaskを介してウォレットにアクセスできる状態であれば、リカバリーフレーズを再度確認することができます。

1. 右上のアイコンをクリックし、「設定」を選択。

2. 「セキュリティとプライバシー」を選択。

3. 「シークレットリカバリーフレーズを公開」を選択。

4. パスワードを入力し、リカバリーフレーズを確認。

5. アプリにも記載してあるように、これらのフレーズを使用することでアカウントにアクセスできるようになるため、絶対に誰にも教えないでください。

秘密鍵の確認

秘密鍵とは、リカバリーフレーズから生成される文字の羅列であり、通信の暗号化に利用されます。MetaMaskアカウント一つにつきリカバリーフレーズが一つ存在しているのに対し、秘密鍵はMetaMaskアカウント内にあるウォレットの数だけ存在しており、一つのリカバリーフレーズ群から複数の秘密鍵を作ることができます。

秘密鍵が漏洩するとブロックチェーン上の署名が偽造されたりするリスクがあるため、リカバリーフレーズと同様に、絶対に他人に公開してはいけません。

1. 右上のメニューバーから「アカウントの詳細」を選択。

2. 「秘密鍵のエクスポート」をクリック。

3. パスワードを入力し、秘密鍵を確認。

復元

アプリをアンインストールした際や別のデバイスでウォレットにアクセスしたい場合には、ウォレットの復元が必要です。ウォレットの復元方法は二種類あります。

新たにMetaMaskをインストールする場合

新たにMetaMaskをインストールし、個々のウォレットではなくMetaMaskごと復元したい場合は初期設定画面から、リカバリーフレーズを利用してウォレットを復元します。

1. 上述の「MetaMaskの始め方」での手順と同様に、アプリをダウンロード。

2. 初期設定画面から「ウォレットをインポート」をクリック。

3. リカバリーフレーズを入力し、復元を完了させる

既存のMetaMaskに他のウォレットを追加する場合

既にMetaMaskでウォレットを利用しているけれども、そこに既存ウォレットを新たに追加したい場合は、秘密鍵を利用します。

1. 右上のアイコンをクリックし、「アカウントをインポート」を選択。

2. 秘密鍵を貼り付け、インポートを完了。

セキュリティ対策の心得

MetaMaskを利用する際のセキュリティに関する注意点とその対処方法については、こちらの記事で詳しく説明しています。特に、dAppsの権限について理解することが重要です。ウォレットの接続やコントラクトの承認・署名に関するリスクと対策についても取り上げています。

また、コントラクトと対話する際のチェックリストや、接続を切断する方法、承認を取り消す方法、署名のパラメータ調整方法についても解説しています。さらに、代表的な詐欺の手口についても触れており、安心して利用するための知識を提供しています。

関連:Web3ウォレットMetamask(メタマスク) 利用上の注意点を解説

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)のコインチェックIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから期待度を解説した。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。
13:00
仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート
韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は、同国の仮想通貨市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。
12:16
イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム現物ETFの歴史的なSEC初承認を巡り、期待先行で高騰していたETHが乱高下した。米PMI発表時のインフレ懸念で米株指数が急落したほか、MEV会社Symbolic Capital Partnersの大量売りが影響を及ぼしたと見る向きも。
11:15
米シンシア・ルミス上院議員「仮想通貨推進軍」結成を宣言
米国のシンシア・ルミス上院議員は、議会に「仮想通貨推進軍」を構築すると発言した。これはトランプ前大統領の声明にも呼応するものだ。
10:50
JPYCら3社、ステーブルコインの共同検討開始
国内ステーブルコインの利用拡大を目指し、JPYC・北國銀行・Digital Platformerが共同検討を開始。協業の背景や今後の計画が明らかになった。
09:50
米下院、CBDCによる監視国家に反対する法案を可決
米下院は、中央銀行デジタル通貨による国民監視に反対する法案を216対192で可決した。共和党と民主党で票が分かれている。
08:15
「STEPN GO」、STEPN運営FSLが続編を発表
フィットネスアプリSTEPNにソーシャル機能を追加した新たなソーシャルライフスタイルアプリSTEPN GOが発表された。アプリの特徴や今後の予定が明らかになっている。
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア