CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨と海外転勤(海外移住)について|税理士 木田穣

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

暗号資産を保有したまま海外移住する場合について

はじめまして。税理士の木田と申します。

このコラムでは、仮想通貨と海外転勤(海外移住)についてお話します。

日本に居住している個人が、含み益がある仮想通貨(暗号資産)を保有したまま海外転勤(1年以上予定)となった場合、どのような税金がかかるでしょうか?

結論から言えば、海外移住によって仮想通貨の含み益に対して日本で税金がかかることはないものと考えられます。

平成27年7月1日以後に国外転出した場合において、1億円以上の”対象資産”を保有している場合は含み益に対して所得税等を支払う必要があります(国外転出時課税といいます。出国税と通称されることもあります)。

しかし、この”対象資産”に仮想通貨は含まれていませんので国外転出時に所得税等を支払う必要はないことになります。なお、暗号資産デリバティブ(金融派生商品)に該当すると、未決済デリバティブとして国外転出時課税の課税リスクがありますのでご注意ください。

海外駐在中に日本の取引所/海外の取引所を利用して暗号資産の売買を行った場合は?

先ほどの例で、海外駐在中に日本の取引所を利用して、仮想通貨の売買をした場合はどうなるでしょうか?

本原稿執筆時の税制では上記の場合、日本での納税は必要ないものと考えられます。

なお、多くの日本の仮想通貨取引所では海外居住者による取引を想定しておらず、取引所によっては国外移住の際の口座の閉鎖が必要とされていることもあり、海外居住者が日本の仮想通貨取引所での取引が可能かは別問題です。

また海外駐在中に海外移住先の仮想通貨取引所において仮想通貨の売買を行った場合については日本での申告は不要です。

日本の取引先であっても海外の取引先であっても、海外移住国の税制に応じて海外移住国で課税されます。

(とはいえ、国によりそもそも仮想通貨の譲渡益に課税がある国と、課税がない国があり、税率も異なります。例えばシンガポールでは長期保有目的の仮想通貨を譲渡した場合、譲渡益は非課税となります。)

そもそも海外移住とは?

 海外駐在でなくて、リタイア後に海外移住をした場合はどうでしょうか?または1年以上の海外留学をする場合はどうなるでしょうか?

 このような場合は下のような事情を総合的に判断する必要があります。

  • 国ごとの滞在日数など居住の状況、海外での長期(1年以上)滞在の予定など
  • 継続して1年以上居住することを通常必要とする職業がどの国にあるか
  • 妻子など生計を一にする親族がどの国に居住しているか
  • 主要な資産がどの国に所在するか

海外留学の場合はそもそも日本にも海外にも職業がありませんし、海外駐在でも妻子を日本に残していく場合もあります。このような場合でもそれ以外の事情を基に海外居住者として税務上扱う(専門用語で非居住者といいます)場合もありますし、そうでない場合もあり、ケースバイケースです。

なお、所得税に関するルール(所得税法施行令 第15条)では、

「継続して1年以上居住することを通常必要とする職業を有する」場合は、「国内に住所を有しない者と推定する」

という規定があります。冒頭の海外駐在のケースでは日本居住者であると考えられるよっぽどの事情がない限りは非居住者と考えて差し支えないものと存じます。

※本寄稿は執筆時点における税制を前提にしております。

木田穣税理士事務所 税理士木田 穣(きだ ゆたか)
東京大学経済学部卒業、有限責任監査法人トーマツ、税理士法人レガシィを経て、木田穣税理士事務所開設。相続税や国際税務を切り口に個人富裕層に対してアドバイスを行っています。注目する暗号資産はビットコイン。まだ保有ゼロですがこれから少しづつ積立てようと思っています。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:30
仮想通貨ビットコインマイニング株大幅高、NYダウ反落
主要仮想通貨関連株はビットコインが42,000ドルに復帰したことを受け、5日に続伸した。一方、本日のNYダウは小幅反落しエヌビディアなど大型IT株も売られた。
07:30
「2024年まで20もの仮想通貨ETPを提供へ」カナダValour
カナダの仮想通貨ETP発行会社Valourは新たに2024年まで欧州で20もの仮想通貨ETP(上場取引型金融商品)を提供する目標を掲げた。機関投資家の資金流入が追い風になっている。
07:02
エルサルバドル、ビットコイン投資の含み益がプラスに
エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、同国の仮想通貨ビットコイン投資の利益がプラスに転じたと公表。公表時点で約5.3億円の利益が出ている。
06:30
コインベース、仮想通貨ポリゴンなどの先物も提供
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週末、ポリゴン(MATIC)とビットコインキャッシュ(BCH)のパーペチュアル先物取引を新たに提供する予定を発表した。COIN株価は5.5%高。
06:00
国際版バイナンス、銘柄新規上場
仮想通貨取引所大手バイナンスは新たなステーブルコイン「Anchored Coins EUR (AEUR)」新規上場を実施した。先月バイナンスに上場した「ORDI」は一ヶ月で約9倍も上昇した。
05:30
米Franklin TempletonのCEO、ビットコインやアルトコイン保有を明かす
米Franklin TempletonのCEOはFortune誌のインタビューで自身が仮想通貨ビットコイン(BTC)や一部のアルトコインを保有していると明かした。
12/04 月曜日
15:11
グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明
米グレースケール・インベストメンツは公式ブログで、米国における現物ビットコインETFの承認は時間の問題であるとして、GBTCをビットコインETFとして、ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。
12:48
オーストラリア退職金ファンド(年金基金)、仮想通貨の保有額増加で900億円規模に
オーストラリア税務局は、退職年金を積立型SMSF(年金基金)の資産運用統計を発表。2019年以降の4年間で仮想通貨への投資額が大幅増加していることがわかった。
12:18
中国外相、ブロックチェーンやAI(人工知能)領域で日中韓協力を呼びかけ
中国の王毅外相は、日中韓外相会議で、ブロックチェーンや人工知能(AI)など最先端テクノロジー分野での三国の協力を呼びかけた。
11:41
ビットコイン1年半ぶり4万ドル水準へ、株式市場では「仮想通貨関連銘柄」が全面高に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインETF(上場投資信託)の上場承認期待やFRBの利上げ終了観測が強まったことで、BTCは4万ドルの節目を1年半ぶりに上回った。米国株ではコインベース株が大幅上昇しているほか、マネックスやセレス株など関連銘柄に資金が集まった。
12/03 日曜日
11:30
米経済減速続けばビットコイン上抜けは時間の問題か|bitbankアナリスト寄稿
3.8万ドル付近を底堅く推移する今週のビットコインチャートを図解。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|マイクロストラテジーのBTC買い増しに高い関心
今週は、マイクロストラテジーが仮想通貨ビットコインを買い増ししたニュースや、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏がビットコインなどの資産への投資を推奨していることを書いた記事が関心を集めている。
12/02 土曜日
16:25
エルサルバドルのブケレ大統領、2024年再選を見据え職務離脱へ
暗号資産(仮想通貨)ビットコイン支持者で知られる、エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領が総選挙キャンペーンのため職を離れる。再選を目指す中で、国内政治のチェック・アンド・バランスの弱体化と、国際関係への影響を探る。
14:00
2024年に半減期を迎えるビットコインは約1800万円到達、Matrixport分析
Matrixportによる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格予測を深掘り。2024年に1835万円到達の可能性、歴史的なデータ分析、マクロ経済要因と地政学的影響を詳細に解説。ビットコイン投資の未来を探る。
13:00
米サークル社、「テロ資金調達への関与はない」
ステーブルコイン「USDC」を提供するサークル社は、公開書簡を米議員らに提出。テロ資金など不正金融への関与はないと強調した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア