CoinPostで今最も読まれています

ステーブルコイン「USDC」、へデラ・ハッシュグラフのネットワークに対応

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

USDCがへデラのネットワークに対応

ステーブルコイン「USDC」の発行に携わるサークル社は18日、分散型台帳技術を開発するプロジェクト「Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)」のネットワーク上でUSDCが利用できるようになったことを発表した。

へデラ・ハッシュグラフは、ネットワーク上でDeFi(分散型金融)の開発を推進することをミッションの1つにしているという。今回、米ドルの価値に連動したUSDCが利用できるようになったことは、そのミッション達成に向けた重要な一歩になるとした。USDCは、へデラ・ハッシュグラフのネットワーク上で利用される初めてのステーブルコインとなる。

USDCとは

米ドルと1:1の割合で価値が連動されるように運用されている暗号資産(仮想通貨)ステーブルコイン。サークル社とコインベースの共同事業体「Centre」が発行しており、取引の基軸通貨として利用されるほか、DeFiの貸付などでも広く活用されている。

▶️仮想通貨用語集

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

USDCについては今年6月に、新たに10種類のネットワークに対応する可能性が報じられており、その中にへデラ・ハッシュグラフも含まれていた。

その時点で、イーサリアム(ETH)、アルゴランド(ALGO)、ステラ(XLM)、ソラナ(SOL)のブロックチェーンに対応。7月にはトロン(TRX)のブロックチェーンに対応開始し、今回のへデラ・ハッシュグラフで6種類目になる。

へデラ・ハッシュグラフは「第三世代の分散型台帳」と呼ばれている。単純に「ブロックチェーン」と呼ばれるネットワークとの大きな違いはデータ構造。以下のような有向非巡回グラフ(DAG:Directed Acyclic Graph)というデータ構造を採用しており、ブロックチェーンよりも広義な「分散型台帳技術」と称されている。

完全分散化に向けて取り組みを続けるへデラ・ハッシュグラフのネットワークは、現時点では運営審議会が管理。運営審議会のメンバーには、グーグルやIBM、ボーイング、野村ホールディングらの大手企業も参加している。

関連インド工科大学マドラス校、へデラ・ハッシュグラフの運営審議会に参加

サークル社のJeremy Allaire最高経営責任者(CEO)は今回の発表で、以下のようにコメントした。

 

へデラ・ハッシュグラフのネットワーク上でUSDCが使用できるようになったことは、より多くの人々が米ドルのデジタル通貨を活用できるようになったことを意味する。

 

各企業や金融機関が国境やプラットフォームをまたいで深い流動性にアクセスできるようになり、国際送金や取引などでUSDCを利用できるようになるだろう。

環境面でのメリット

へデラ・ハッシュグラフのネットワークは、環境への負荷が少ないと評価されている。今年9月には、英国の名門大学UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)が、複数のネットワークのコンセンサスプロトコルを比較した研究論文を発表。

イーサリアム2.0、アルゴランド、エイダ(ADA)ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)を比較対象とし、論文で調査対象として最終的に選んだ4つの技術の中で、へデラ・ハッシュグラフのネットワークが、総合的エネルギー消費量が最も少ないことが判明したという。

関連英大学、へデラの分散型台帳技術に関する新たな研究結果を発表

今回の発表でサークル社は、へデラ・ハッシュグラフのネットワークは、二酸化炭素(CO2)の吸収量が排出量を上回る「カーボンネガティブ」であると説明。気候への影響を重視する開発者やユーザーにとって、へデラ・ハッシュグラフのネットワークは重要な選択肢になるとした。

さらに「へデラ・ハッシュグラフは、カーボンネガティブで運営される初めてのDeFiネットワークになる」とも主張している。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧