ヘデラ・ハッシュグラフの技術、マイクロペイメントや環境保護分野で活用

マイクロペイメントの実用化

今月4日、マイクロペイメントプラットフォーム「Dropp」がリリースされた。Droppは、米ドルや仮想通貨を用いた、少額決済を可能とする「費用対効果の高い世界初のマイクロペイメント取引プラットフォーム」を謳うサービスだ。

Droppでは、分散型台帳技術(DLT)を開発するプロジェクト、Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)の技術が使われており、米ドルだけでなくへデラの仮想通貨「HBAR」での支払いもできる。

Droppによるサービスを使うと、最大20米ドルまでの少額決済を迅速に行うことができる。へデラの技術を扱う同様の事例としては、豪大手デビットカード会社によるマイクロペイメント決済での試験導入も20年に発表されていた。

関連:豪大手デビットカード業者、Hedera Hashgraphの試験導入へ

環境保護に活用されるへデラの分散型台帳技術(DLT)

Droppで使うことのできるへデラのネイティブトークン「HBAR」は、エネルギー効率が高く、環境保護と相性の良い仮想通貨としても知られている。

ヘデラによる独自の調査によると、へデラネットワークの1取引あたりの平均消費電力量は僅か0.00017kWhで、1分間の動画再生時に使われるサーバーの電力消費量とほぼ同じとされる。二酸化炭素排気量については0.0000205494552kgと推定され、車で約50cm走行した場合のCO2排気量と同様とのことだ。

これに対し、ビットコインの平均的な取引では、取引毎に約1,736kWhを消費するという。これは、18畳用エアコンの年間消費電力量に匹敵する。イーサリアムでは、1取引に約133kWhを消費し、一人暮らしの月間電力消費量の平均154kWhとほぼ同じ消費量になる。

二酸化炭素排気量を比較すると、ビットコインでは取引毎に平均して約825kg、イーサリアムでは約63kgの二酸化炭素が排出するとされている。しかし、イーサリアム2.0では改善の見込みだ。

へデラによるカーボンネガティブへの取り組み

へデラは、国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に代表されるような、環境の持続可能性をコア・バリューとして掲げており、四半期ごとにカーボンオフセットを購入することで、カーボン・ネガティブなネットワーク運営になるよう、公式に取り組んでいる。

オフセット分として支払われる金額は、第三者評価機関であるTerrapassによって決定され、この決定はへデラのガバナンス組織である「ヘデラ運営審議会」(The Hedera Governing Council)のメンバーが慎重に検討した上で行われている。

へデラネットワークが基盤技術として採用するハッシュグラフ・アルゴリズム、そしてPoSコンセンサスメカニズムは、エネルギー効率が高く、省エネかつ持続可能なネットワーク運営、また環境への負担とならないところが大きな特徴の一つだ。

カーボンオフセットとは

自身の温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量に関して、(その全部または一部を)温室効果ガスの削減活動に投資すること等によってオフセット(埋め合わせ)すること。

仮想通貨用語集

SDGsやESG投資に即した分散型台帳技術

へデラ運営審議議会のメンバー組織、またアプリ開発者は、いわゆるESG投資(企業の長期的な成長のため行われる環境・社会・ガバナンス分野への投資)の最適なユースケースとして、分散型台帳技術(DLT)を挙げている。

へデラネットワーク上に構築されたDOVURECDeFiPower Transitionなどのアプリは、カーボンオフセットクレジットのトークン化、炭素隔離プロジェクトに関連する文書のログ作成、またマイクログリッドのエネルギー共有における価値移転といった用途に、へデラの分散型台帳技術を活用している。

へデラネットワークは、持続可能なエネルギー消費、高い処理能力、低い手数料、安定したガバナンスを兼ね備えている。これらの特徴は、環境保護分野への参入を検討している企業やプロジェクトにとって最適な選択肢として選ばれる理由となっているようだ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します