CoinPostで今最も読まれています

ヘデラ・ハッシュグラフの技術、マイクロペイメントや環境保護分野で活用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マイクロペイメントの実用化

今月4日、マイクロペイメントプラットフォーム「Dropp」がリリースされた。Droppは、米ドルや仮想通貨を用いた、少額決済を可能とする「費用対効果の高い世界初のマイクロペイメント取引プラットフォーム」を謳うサービスだ。

Droppでは、分散型台帳技術(DLT)を開発するプロジェクト、Hedera Hashgraph(へデラ・ハッシュグラフ)の技術が使われており、米ドルだけでなくへデラの仮想通貨「HBAR」での支払いもできる。

Droppによるサービスを使うと、最大20米ドルまでの少額決済を迅速に行うことができる。へデラの技術を扱う同様の事例としては、豪大手デビットカード会社によるマイクロペイメント決済での試験導入も20年に発表されていた。

関連:豪大手デビットカード業者、Hedera Hashgraphの試験導入へ

環境保護に活用されるへデラの分散型台帳技術(DLT)

Droppで使うことのできるへデラのネイティブトークン「HBAR」は、エネルギー効率が高く、環境保護と相性の良い仮想通貨としても知られている。

ヘデラによる独自の調査によると、へデラネットワークの1取引あたりの平均消費電力量は僅か0.00017kWhで、1分間の動画再生時に使われるサーバーの電力消費量とほぼ同じとされる。二酸化炭素排気量については0.0000205494552kgと推定され、車で約50cm走行した場合のCO2排気量と同様とのことだ。

これに対し、ビットコインの平均的な取引では、取引毎に約1,736kWhを消費するという。これは、18畳用エアコンの年間消費電力量に匹敵する。イーサリアムでは、1取引に約133kWhを消費し、一人暮らしの月間電力消費量の平均154kWhとほぼ同じ消費量になる。

二酸化炭素排気量を比較すると、ビットコインでは取引毎に平均して約825kg、イーサリアムでは約63kgの二酸化炭素が排出するとされている。しかし、イーサリアム2.0では改善の見込みだ。

へデラによるカーボンネガティブへの取り組み

へデラは、国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に代表されるような、環境の持続可能性をコア・バリューとして掲げており、四半期ごとにカーボンオフセットを購入することで、カーボン・ネガティブなネットワーク運営になるよう、公式に取り組んでいる。

オフセット分として支払われる金額は、第三者評価機関であるTerrapassによって決定され、この決定はへデラのガバナンス組織である「ヘデラ運営審議会」(The Hedera Governing Council)のメンバーが慎重に検討した上で行われている。

へデラネットワークが基盤技術として採用するハッシュグラフ・アルゴリズム、そしてPoSコンセンサスメカニズムは、エネルギー効率が高く、省エネかつ持続可能なネットワーク運営、また環境への負担とならないところが大きな特徴の一つだ。

カーボンオフセットとは

自身の温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量に関して、(その全部または一部を)温室効果ガスの削減活動に投資すること等によってオフセット(埋め合わせ)すること。

仮想通貨用語集

SDGsやESG投資に即した分散型台帳技術

へデラ運営審議議会のメンバー組織、またアプリ開発者は、いわゆるESG投資(企業の長期的な成長のため行われる環境・社会・ガバナンス分野への投資)の最適なユースケースとして、分散型台帳技術(DLT)を挙げている。

へデラネットワーク上に構築されたDOVURECDeFiPower Transitionなどのアプリは、カーボンオフセットクレジットのトークン化、炭素隔離プロジェクトに関連する文書のログ作成、またマイクログリッドのエネルギー共有における価値移転といった用途に、へデラの分散型台帳技術を活用している。

へデラネットワークは、持続可能なエネルギー消費、高い処理能力、低い手数料、安定したガバナンスを兼ね備えている。これらの特徴は、環境保護分野への参入を検討している企業やプロジェクトにとって最適な選択肢として選ばれる理由となっているようだ。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧