アプトス(APT)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
05/16 (木)
SBI VCトレード、金価格連動ジパングコインで特別年率99%の貸暗号資産キャンペーン実施へ
暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードがジパングコイン取扱いを開始し、貸コインで年率99%の特別キャンペーンを実施中。デジタルゴールドでインカムゲインを得る機会が期間限定で提供される。
CoinPost
05/14 (火)
SBI VCトレード、新規銘柄アプトス、ヘデラ、ジパングコイン上場へ
SBI VCトレードが暗号資産(仮想通貨)アプトス(APT)、ヘデラ(HBAR)、ジパングコイン(ZPG)の取扱いを開始へ。販売所や貸コインなど、フルラインナップサービスを提供します。ステーキング銘柄取扱い数は、国内最大級となる。
CoinPost
04/19 (金)
Aptos開発企業、マイクロソフトやSKテレコムなどと提携
アプトス・ラボが数社と共同で開発するAptos Ascendは、金融機関向けのデジタル資産管理プラットフォームだ。この製品はAzure OpenAI Serviceを使用する。
CoinPost
03/17 (日)
週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|イーサリアムのDencun完了やビットコイン7万ドル割れに高い関心
今週は仮想通貨イーサリアムの大型アップグレードDencunの完了、ビットコイン価格の急反落、米金融大手JPモルガンのビットコイン現物ETF分析に関する記事が最も関心を集めた。
CoinPost
03/12 (火)
ロッテ系韓国企業 ベリーゴムなどWeb3展開を加速 アプトスとの連携強化
ロッテグループ韓国子会社デホンがAptos Mainnet(アプトス)を活用。Web3ビジネスの世界展開を加速。NFT、ロイヤリティプログラム、エンターテイメントを含む幅広い分野でのイノベーションを推進。暗号資産(仮想通貨)APTは過去30日で48.8%上昇している。
CoinPost
02/24 (土)
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
CoinPost
02/17 (土)
Aptosが格安ウェブ3スマホ「JamboPhone」販売、日本でも購入可能
アプトス財団は格安スマホ「JamboPhone」の販売を始めた。最近スマホエアドロップが期待される中、ソラナのスマホのように人気を獲得できるか注目される。
CoinPost
02/06 (火)
Aptosアシスタント、マイクロソフトの生成系AIサービスとコラボでWeb3開発を促進
アプトス・ラボがマイクロソフトの生成AIとブロックチェーン技術を組み合わせた「アプトス・アシスタント」を発表。暗号資産(仮想通貨)APTのエコシステム拡大へ。Web3開発とAzureの検証を支援し、AIでdApp構築を支援。
CoinPost
02/02 (金)
国内初、高速L1銘柄アプトス(APT)がOKCoinJapan上場へ
日本初として、OKCoinJapanは1日仮想通貨『アプトス(APT)』を2024年2月中旬に取扱い開始予定であることを発表した。
CoinPost
11/07 (火)
韓国通信大手SKテレコム、Aptos Labsと提携し「Tウォレット」を強化
韓国の通信事業者SKテレコムは、レイヤー1ブロックチェーンの開発を手掛けるAptos Labsとの提携関係を発表したSKテレコムのデジタルウォレットサービス「Tウォレット」をさらに拡張するねらい。
CoinPost

アプトス(APT)に投資したい方はこちらをチェック(PR)

アプトス(APT)の概要

アプトス(Aptos)は、Meta(旧Facebook)のブロックチェーンアンビション「Diem」とそのウォレット「Novi」の元開発チームによって開設されました。

トランザクションの並行処理技術を通じてスケーラビリティ、ネットワークの規模拡大に伴う処理能力の維持や向上に注力。パイプライン構造により、利用可能なすべてのハードウェアリソースをフル活用し、複数のトランザクションを同時に処理し、効率性を追求しています。

2022年9月時点で、アプトスのテストネットでは、1秒間に約1000トランザクションを処理する能力があり、開発チームは、32コアのコンピュータを使用した場合、最大160,000TPSに達する可能性があると述べています。

アプトスラボ(Aptoslabs)は、a16z、Tiger Global、Katie Haun、Multicoin Capital、Coinbase Ventures、Paypal Ventures、Binance Labs、Franklin Templeton、Circle Ventures、Superscryptなど、名だたる投資家たちから大きな支持を集めており、総額で3億5,000万ドル(約500億円)以上の資金調達に成功しています。

APTトークン

アプトスは、Proof of Stake (PoS) コンセンサスメカニズムを採用。流通しているAPT供給量の80%近くが現在135のバリデーターにステークされています(24年4月時点)。金額に応じてトランザクションの処理者を決定し、その後のトランザクションの正当性を確認します。

仮想通貨APTは、アプトスネットワークのネイティブトークンです。このトークンは、ノードがPoSプロセスに参加する際の担保や、ネットワークの全体的な決定を形成する「ガバナンス」プロセスでも使用されたり、一般ユーザーからノードに対する投票権の「デリデート(委任)」に利用されます。

投資家5つの注目点

Microsoftとの提携でAzure OpenAI Serviceを統合

Microsoftとの提携により、AptosはAzure OpenAI Serviceを統合しました。開発者はAIモデルを簡単にアプリケーションに導入でき、Web2.0からWeb3.0への移行が容易になります。結果として、Aptos上のサービス利用が拡大しています。

技術的特徴:Move言語、並列処理

Aptosは、Diemの技術的遺産である「Move」言語を採用しています。この言語は、二重支払いおよび所有権の重複などのバグを言語レベルで防止する機能(Move Prover)を持ちます。Aptosの最近の実験では、Block-STM(ソフトウェア・トランザクション・メモリー)エンジンを介して、毎秒16万件以上のトランザクション処理能力が実証されています。

DeFiの拡大、AI + DeFiプロジェクト「Thala」がけん引

DeFiエコシステムに資本が集まり、利回りやポイントプログラム、エアドロップの機会などが提供されています。2024年Q1には、DEX取引量が512%、ステーブルコインの時価総額が96%、DeFiのTVL(Total Value Locked)が376%増加(Messari調べ)。AI+DeFiを掲げる「Thala」は、USDYなどのステーブルコインを担保にMODを発行し、DEXやリキッドステーキング機能を備え、AptosのTVLをリードしています。

ユーザー体験◎:JamboPhone、Keyless&Passkeysアカウント

Passkeys(AIP-66)により、AptosへのエントリーポイントがFaceIDやTouchIDのようにシンプルかつ安全になります。Keyless(AIP-61)はゼロ知識証明を使用してOpenIDログインをブロックチェーンアカウントと照合し、Google、Apple、Githubアカウントを通じてWeb3のユーザーオンボーディングを改善します。Aptosに特化したWeb3型スマホ「JamboPhone」は99ドル(約15000円)で発売され、新興市場(アフリカ、東南アジア、ラテンアメリカ)をターゲットにリーチを拡大しています。

現実世界の資産 (RWA) の統合

Ondo FinanceとAptos Foundationは、ブロックチェーン技術を使用して現実世界の資産(RWA)の統合を再構築するために戦略的提携を結びました。トークン化されたBlackrockの米国債担保商品USDYがAptosで発売される予定です。安全性の高いMove言語を採用したプラットフォームが、RWAのトークン化のリーダーとなる可能性が高いと見られています。

アプトスの買い方1、投資目的に合わせた取引所選び

これからアプトス(APT)を買いたいものの、どの取引所が良いか分からない人・買い方が分からない投資家向けに、簡単なガイドをご用意しました。

アプトス(APT)は、日本国内の多数の取引所で取扱いが拡大しています。自分のニーズや投資目標に最適な取引所を選ぶためには、取引所の特徴を理解することが重要です。投資スタイルに合わせた取引所の選び方について4つのポイントをご紹介します。

1. 現物取引と積立投資
ソラナの購入方法には、Eコマースサイトのようにシンプルに購入できる「販売所」や、株式取引のような本格的な「取引所」があります。現物取引をする際は、手数料の低さや利用のしやすさに注目しましょう。また、市場の変動に左右されずに投資を開始できる「積立投資」は、初心者に適した方法です。

2. 取引機能とレバレッジ
ソラナに投資する方法は多岐にわたり、レバレッジ取引は少ない資本で大きな取引を可能にします。短期的な価格変動から利益を得ようとする積極的な投資戦略を求める方に適しています。PCで高機能なツールを提供する取引所もありますが、操作が簡単で直感的なインターフェースを提供する初心者向けの取引所もあります。

3. ステーキングとレンディング
暗号資産を預けて報酬を得るステーキングや、他者に貸し出して金利を受け取るレンディングは、受動的な収益を求める方に適しています。ただし、元本割れのリスクがあることに留意してください。取引所を選ぶ際には、報酬率や条件をよく確認しましょう。

4. Web3ゲーム、NFTへのアクセス
Web3ゲーム、NFTやエアドロップに興味がある方は、取引所から自分のウォレットに暗号資産を移動して、マーケットプレイスやゲームにアクセスする必要があります。迅速な出庫サポートと多様なブロックチェーンへの対応を提供する取引所を選びましょう。

適切な取引所を選択することは、投資体験を簡単にする鍵となります。このガイドが、ソラナ取引を始める際の参考になれば幸いです。

主要なソラナ取引所の特徴早見表

おすすめ
取引所
おすすめポイント アプリの特徴 現物取引 レバレッジ取引 投資サービス 取引所手数料
(BTC参考)
最低取引単位
(BTC参考)
入金手数料 出金手数料 出庫手数料
(BTC参考)
備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
SBIグループの100%子会社
最高水準のセキュリティ
口座で保持するだけ
ステーキングが便利
販売所 積立・ステーキング
レンディング
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
無料 無料 無料
2
仮想通貨取引所 OKCoinJapan
OKCoinJapan
狭いスプレッドと
高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫 販売所
取引所
レンディング Maker:~0.07%
Taker:~0.14%
販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
無料 400円~1,320円 0.2~0.5APTの範囲内
顧客自身で設定
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合

おすすめ取引所の詳細

大手上場企業SBIグループ傘下の「SBI VCトレード」
東証プライム市場に上場しているSBIホールディングス傘下、SBIグループにおいて「SBI証券」という名は、国内最大手のネット証券として広く知られる。SBIVCトレードは、これまでに培った金融ノウハウを活かし、安心感に定評のある取引所として位置づけられる。手数料の低さなど、個人投資家から高い支持。
最高水準のセキュリティによる取引環境を提供
ドージ、シバイヌなど注目度の高い銘柄を取り扱う
貸暗号資産、ステーキングなど投資サービスが充実
SBI VCトレードの主なスペック
取扱い通貨 20種類
取引方法 販売所・取引所・レバレッジ
最低取引単位 販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
投資サービス 貸暗号資産/積立暗号資産/ステーキング
各種手数料 出庫手数料無料。取引所にて、市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる「マイナス手数料」を採用
アプリの使い勝手 現物/レバレッジ取引がスムーズにできる
現物取引所で豊富な取引ペアを提供「OKCoinJapan」
国際的な規模で暗号資産交換所およびブロックチェーンビジネスを展開する OK Groupの日本法人。ユーザーの資産は100%コールドウォレットで管理されるなど、高いセキュリティを維持。板取引において取り扱い銘柄の豊富さが特徴で、国内で先駆けてアプトス(APT)、スイ(SUI)も取り揃う。
万全なセキュリティとサポート体制
狭いスプレッドと高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫
OKCoinJapanの主なスペック
取扱い通貨 40種類
取引方法 販売所・取引所
最低取引単位 0.0001 APT(取引所)
投資サービス Flash Deal/積立/ステーキング
各種手数料 Maker:~0.07%、Taker:~0.14%
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合
アプリの使い勝手 値動きと板の注文状況を確認しながら取引できる

アプトスの買い方2、取引にかかる手数料をチェック

仮想通貨取引所では、いくつかの手数料が関わってきます。主なものには、取引手数料、スプレッド(売買価格に含まれるカバー手数料)、仮想通貨の出庫手数料、そして日本円の入出金手数料等があります。

取引所によっては、アプトスの市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる場合もあります。また、取引所の流動性に依存する売買価格差、つまり「ビットアスクスプレッド」も重要なコスト要因となります。

アプトスの買い方3、具体的な購入までのプロセス

1. 口座開設

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればソラナを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にソラナを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってソラナの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

3.アプトス(APT)の買い方(参考例SBI VCトレード)

「販売所」では、同社が設定した価格でソラナ(SOL)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きです。

販売所の利用画面 出典:SBI VCトレード

アプトス(APT)の購入画面(OK CoinJapanの例)

OK CoinJapanの「販売所」では、同社が設定した価格でアプトス(APT)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。

販売所の利用画面 出典:OKCoinJapan

OK CoinJapanの「取引所」では、参加者同士が直接価格と数量を提示して取引します。自分の望む価格で購入または売却を希望し、それに応じた相手がいれば取引が成立します。この方式では、指値注文や成行注文を利用して取引を行うことができます。

取引所の利用画面 出典:OK CoinJapan

SBI VC トレードではアプトス(APT)のステーキングが便利

ステーキング実績(2024年4月)出典:SBI VC トレード

ステーキングのメリットは、長期保有予定の仮想通貨を預け入れて放置しているだけで、株の配当のようなパッシブインカム(受動的収入)を得られる点にあります。

SBI VCトレードにおいては、5月15日(水)からアプトス(SOL)の取扱いが開始されました。口座に預けるだけで、ステーキングサービスの対象となり、毎月資産が増加します。アプトスのステーキングの想定年率は、約6.0%とされています。

SBI VCトレードのステーキングサービスを利用するための特別な申し込みや手続きは必要ありません。平均保有量に基づき、SBI VCトレードの口座内で毎月自動的に報酬が支払われるシステムです。このサービスはいつでも解約が可能で、資産の引き出しも自由に行えます。

SBI VC トレードの口座開設方法

出展:SBI VC トレード

SBI VC トレードで口座開設をし取引開始するまで、主に「仮登録(メールアドレス登録)」・「本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)」・「取引に必要なパスワードの受領」の3ステップを踏む必要があります。上記の表のように、本人確認書類の提出方法は3種類あるため自身に合った選択しましょう。

また、外国籍の方は以下の中から各1つずつ書類提出が必要です。事前に準備しておきましょう

アプトスの買い方1、投資目的に合わせた取引所選び

これからアプトス(APT)を買いたいものの、どの取引所が良いか分からない人・買い方が分からない投資家向けに、簡単なガイドをご用意しました。

アプトス(APT)は、日本国内の多数の取引所で取扱いが拡大しています。自分のニーズや投資目標に最適な取引所を選ぶためには、取引所の特徴を理解することが重要です。投資スタイルに合わせた取引所の選び方について4つのポイントをご紹介します。

1. 現物取引と積立投資
ソラナの購入方法には、Eコマースサイトのようにシンプルに購入できる「販売所」や、株式取引のような本格的な「取引所」があります。現物取引をする際は、手数料の低さや利用のしやすさに注目しましょう。また、市場の変動に左右されずに投資を開始できる「積立投資」は、初心者に適した方法です。

2. 取引機能とレバレッジ
ソラナに投資する方法は多岐にわたり、レバレッジ取引は少ない資本で大きな取引を可能にします。短期的な価格変動から利益を得ようとする積極的な投資戦略を求める方に適しています。PCで高機能なツールを提供する取引所もありますが、操作が簡単で直感的なインターフェースを提供する初心者向けの取引所もあります。

3. ステーキングとレンディング
暗号資産を預けて報酬を得るステーキングや、他者に貸し出して金利を受け取るレンディングは、受動的な収益を求める方に適しています。ただし、元本割れのリスクがあることに留意してください。取引所を選ぶ際には、報酬率や条件をよく確認しましょう。

4. Web3ゲーム、NFTへのアクセス
Web3ゲーム、NFTやエアドロップに興味がある方は、取引所から自分のウォレットに暗号資産を移動して、マーケットプレイスやゲームにアクセスする必要があります。迅速な出庫サポートと多様なブロックチェーンへの対応を提供する取引所を選びましょう。

適切な取引所を選択することは、投資体験を簡単にする鍵となります。このガイドが、ソラナ取引を始める際の参考になれば幸いです。

主要なソラナ取引所の特徴早見表

おすすめ
取引所
おすすめポイント アプリの特徴 現物取引 レバレッジ取引 投資サービス 取引所手数料
(BTC参考)
最低取引単位
(BTC参考)
入金手数料 出金手数料 出庫手数料
(BTC参考)
備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
SBIグループの100%子会社
最高水準のセキュリティ
口座で保持するだけ
ステーキングが便利
販売所 積立・ステーキング
レンディング
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
無料 無料 無料
2
仮想通貨取引所 OKCoinJapan
OKCoinJapan
狭いスプレッドと
高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫 販売所
取引所
レンディング Maker:~0.07%
Taker:~0.14%
販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
無料 400円~1,320円 0.2~0.5APTの範囲内
顧客自身で設定
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合

おすすめ取引所の詳細

大手上場企業SBIグループ傘下の「SBI VCトレード」
東証プライム市場に上場しているSBIホールディングス傘下、SBIグループにおいて「SBI証券」という名は、国内最大手のネット証券として広く知られる。SBIVCトレードは、これまでに培った金融ノウハウを活かし、安心感に定評のある取引所として位置づけられる。手数料の低さなど、個人投資家から高い支持。
最高水準のセキュリティによる取引環境を提供
ドージ、シバイヌなど注目度の高い銘柄を取り扱う
貸暗号資産、ステーキングなど投資サービスが充実
SBI VCトレードの主なスペック
取扱い通貨 20種類
取引方法 販売所・取引所・レバレッジ
最低取引単位 販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
投資サービス 貸暗号資産/積立暗号資産/ステーキング
各種手数料 出庫手数料無料。取引所にて、市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる「マイナス手数料」を採用
アプリの使い勝手 現物/レバレッジ取引がスムーズにできる
現物取引所で豊富な取引ペアを提供「OKCoinJapan」
国際的な規模で暗号資産交換所およびブロックチェーンビジネスを展開する OK Groupの日本法人。ユーザーの資産は100%コールドウォレットで管理されるなど、高いセキュリティを維持。板取引において取り扱い銘柄の豊富さが特徴で、国内で先駆けてアプトス(APT)、スイ(SUI)も取り揃う。
万全なセキュリティとサポート体制
狭いスプレッドと高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫
OKCoinJapanの主なスペック
取扱い通貨 40種類
取引方法 販売所・取引所
最低取引単位 0.0001 APT(取引所)
投資サービス Flash Deal/積立/ステーキング
各種手数料 Maker:~0.07%、Taker:~0.14%
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合
アプリの使い勝手 値動きと板の注文状況を確認しながら取引できる

アプトスの買い方2、取引にかかる手数料をチェック

仮想通貨取引所では、いくつかの手数料が関わってきます。主なものには、取引手数料、スプレッド(売買価格に含まれるカバー手数料)、仮想通貨の出庫手数料、そして日本円の入出金手数料等があります。

取引所によっては、アプトスの市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる場合もあります。また、取引所の流動性に依存する売買価格差、つまり「ビットアスクスプレッド」も重要なコスト要因となります。

アプトスの買い方3、具体的な購入までのプロセス

1. 口座開設

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればソラナを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にソラナを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってソラナの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

3.アプトス(APT)の買い方(参考例SBI VCトレード)

「販売所」では、同社が設定した価格でアプトス(APT)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きです。

販売所の利用画面 出典:SBI VCトレード

アプトス(APT)の購入画面(OK CoinJapanの例)

OK CoinJapanの「販売所」では、同社が設定した価格でアプトス(APT)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。

販売所の利用画面 出典:OKCoinJapan

OK CoinJapanの「取引所」では、参加者同士が直接価格と数量を提示して取引します。自分の望む価格で購入または売却を希望し、それに応じた相手がいれば取引が成立します。この方式では、指値注文や成行注文を利用して取引を行うことができます。

取引所の利用画面 出典:OK CoinJapan

SBI VC トレードではアプトス(APT)のステーキングが便利

ステーキング実績(2024年4月)出典:SBI VC トレード

ステーキングのメリットは、長期保有予定の仮想通貨を預け入れて放置しているだけで、株の配当のようなパッシブインカム(受動的収入)を得られる点にあります。

SBI VCトレードにおいては、5月15日(水)からアプトス(APT)の取扱いが開始されました。口座に預けるだけで、ステーキングサービスの対象となり、毎月資産が増加します。アプトスのステーキングの想定年率は、約6.0%とされています。

SBI VCトレードのステーキングサービスを利用するための特別な申し込みや手続きは必要ありません。平均保有量に基づき、SBI VCトレードの口座内で毎月自動的に報酬が支払われるシステムです。このサービスはいつでも解約が可能で、資産の引き出しも自由に行えます。

SBI VC トレードの口座開設方法

出展:SBI VC トレード

SBI VC トレードで口座開設をし取引開始するまで、主に「仮登録(メールアドレス登録)」・「本登録(本人情報の入力と本人確認書類の提出)」・「取引に必要なパスワードの受領」の3ステップを踏む必要があります。上記の表のように、本人確認書類の提出方法は3種類あるため自身に合った選択しましょう。

また、外国籍の方は以下の中から各1つずつ書類提出が必要です。事前に準備しておきましょう