CoinPostで今最も読まれています

AptosとSolana、競合ブロックチェーンとみなされる理由とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

AptosとSolana

新レイヤー1ブロックチェーンプロジェクト「Aptos Labs(アプトス ラボ)」では、NFT(非代替性トークン)エコシステムが活発化しているようだ。

競合にあたるソラナ(SOL)で立ち上がったプロジェクトが、Aptos(アプトス)上でもプロダクトをローンチしたとの事例も報じられている。

Aptosはスマートコントラクトプラットフォームとして、イーサリアム(ETH)やソラナのようなレイヤー1ブロックチェーンと競合する。フェイスブックが開発したプログラミング言語である「Move」はシンプルな設計ながら並列処理を実現できる。

Moveはまた、イーサリアムのスマートコントラクト言語(Solidity)やソラナの言語(Rust)の技術者が1~2日で習得可能とも報告されており、既存のネットワークの開発者から注目を集めている。

なお、22年にAptos Labsは計3.5億ドルを調達してきた。Aptosは、6月に助成金プログラムを発表。長期にわたってエコシステムへの献身を示すチームに配分された。

NFT取引プラットフォームSouffl3、資金管理プラットフォームRise Walletなど、これまでソラナで構築してきたWeb3(分散型ウェブ)プロジェクトがAptosでプロダクトをローンチしている。

SolriseのFilip Dragoslavic共同創設者はソラナで過去2年間構築してきたプロダクトを、わずか2日間でRise WalletとしてAptosでローンチできたと説明。CoinPost提携メディアThe Blockに対して以下のように述べている。

特に初期のソラナ構築の複雑さを10点中9点とするなら、Aptos Moveでの開発は4点。この違いがコスト面でインパクトがあり、収益性にも影響するだろう。

さらに、Souffl3のAlex Funke CTO(最高技術責任者)は、「Moveには包括的な標準ライブラリがあるため、Rust と同じプロダクトを構築するのに、必要なコードがはるかに少なくてすむ」と述べている。

一方、ソラナの開発をサポートするソラナ財団のコミュニケーション部長Austin Federa氏は、多くのプロジェクトや創設者にとってマルチチェーンサポートが最優先事項であるため、Aptosに拡大すること自体は理解できると語る。

ソラナの開発者プラットフォームCoralは、ソラナでもMoveで構築できるソリューションを準備しているという。

関連:元Metaエンジニアらが開発する新ブロックチェーン「Aptos(アプトス)」とは

AptosのNFT動向

Aptos NFTマーケットプレイスTopazは、ローンチからわずか5日で累積取引量が約3億円(200万ドル)目前まで来ている。Topazの共同創設者0xclickbait氏は、「仮想通貨業界に携わった4年間で、新たなチェーンのNFTに対して、これほど瞬間的な需要が起きたことはない」と、仮想通貨メディアDecryptに語った。

一方、ソラナではアクティブトレーダー数と取引量が過去1週間で低下している。DappRadarによると、Magic Edenではデイリーアクティブユーザー数が44万から25万に44%減少、24時間の取引量は250万ドルから0.8万ドルへと縮小した。

Topazで最も取引されているAptosのNFTは、1,212点のフラミンゴのコレクション「Aptomingos」プロジェクトだ。Aptomingosは無料発行(フリーミント)で立ち上がったにもかかわらず、Aptomingos NFTコレクションのフロアプライスはTopazマーケットプレイスで執筆時点で76APT(約10万円)に高騰。投資家の熱狂が伺える勢いを見せている。

AptosとSolanaの課題

ソラナ(SOL)のメインネットは2020年4月にローンチしたが、執筆時点では依然としてベータ版。ソラナでは主にボット(bot)由来の大量トランザクションにより、過去数回に渡ってメインネットの大規模な送金詰まりが発生してきた。

5月には、NFT(非代替性トークン)を発行するトランザクションが急増したことで、バリデーターのメモリ使用料を圧迫し、7時間に渡ってネットワークが停止。投資家や開発者から疑念の目を向けられている。

関連:ソラナ、ネットワーク障害で5時間強ダウンタイム

一方、Aptosにも懸念が無い訳ではない。Aptosは10月12日にメインネットでジェネシス(最初の)ブロックを生成したが、その後しばらくはプロダクトがない状態が続いていた。

Aptosテストネットの性能として4,200TPS(秒間取引処理件数)を掲げていたが、執筆時点のTPSは13である。参考までに、ソラナの現行TPSは3,971。さらには、APTトークン配布に関する情報公開も遅れたことから、コミュニティの不満が噴出している。

Aptosの共同創設者Mo Shaikh氏は「もっとうまく出来たかもしれないことを認める」と釈明し、コミュニティの懸念に対処した。

TPS:現在のTPSはネットワーク容量を意味するものではない。プロジェクトが稼働する前にネットワークがアイドリング状態になったからだ。活動が増加すればこの数字も上がることが期待される。

関連:新規上場のAptos(APT)、トークノミクスの詳細は

なお、Aptosはメタ(旧:フェイスブック)のデジタル通貨プロジェクト「ディエム」の元開発者が携わり注目を集めてきた。他にもSuiやLineraと言ったプロジェクトも同じ経緯を持つ。

関連:Aptos、Sui、Linera—注目のDiem(旧Libra)系L1チェーンを比較|前編

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア