CoinPostで今最も読まれています

アプトス(APT)の買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、最適な取引所選び

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

アプトス(APT)の買い方ガイド

アプトス(APT)は、2024年に開発が著しいブロックチェーンプロジェクトの一つです。開発するアプトス・ラボは、企業や機関との提携で、Web3ユースケースの発表、プロダクト開発に拍車がかかっています。

この記事では、アプトス(APT)プロジェクトの概要や今後の展望を整理し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方について詳しくご紹介します。それでは、以下のステップに従って進めていきましょう。

💡この記事でわかること
  1. アプトス(APT)の特徴
  2. ネイティブ通貨「APT」の位置づけ
  3. アプトスの現物ETFに対する期待とその根拠
  4. アプトスの将来性に影響する5つの取り組み
  5. アプトス(APT)のリスク:トークンアンロック
  6. アプトス(APT)の買い方・取引所の特徴早見表

アプトス(APT)プロジェクトの概要と特徴

以下の図表では、アプトスの主要な特徴と投資家に注目されているポイントを5つにまとめています。

アプトス(APT)に投資したい方はこちらをチェック

アプトス(APT)の概要

アプトス(Aptos)は、Meta(旧Facebook)のブロックチェーンプロジェクト「Diem」とそのウォレット「Novi」の元開発チームによって開設されました。

トランザクションの並行処理技術を通じてスケーラビリティ、ネットワークの規模拡大に伴う処理能力の維持や向上に注力。パイプライン構造により、利用可能なすべてのハードウェアリソースをフル活用し、複数のトランザクションを同時に処理し、効率性を追求しています。

2022年9月時点で、アプトスのテストネットでは、1秒間に約1000トランザクションを処理する性能を謡い、開発チームは、最大160,000TPSに達する設計だと述べています(32コアのコンピュータを使用した場合)。

アプトスラボ(Aptoslabs)は、a16z、Multicoin Capital、Coinbase Ventures、Paypal Ventures、Binance Labs、Franklin Templeton、Circle Ventures、など、名だたる投資家たちから支持を集めており、総額で3億5,000万ドル(約500億円)以上の資金調達に成功しています。

APTトークン

アプトスは、Proof of Stake (PoS) コンセンサスメカニズムを採用。流通しているAPT供給量の80%近くが現在135のバリデーターにステークされています(24年4月時点)。PoSはステーク量に応じてトランザクションの処理確率を決定します。

仮想通貨APTは、アプトスネットワークのネイティブトークンです。このトークンは、ノードがPoSプロセスに参加する際の担保や、ネットワークの全体的な決定を形成する「ガバナンス」プロセスでも使用されたり、一般ユーザーからノードに対する投票権の「デリデート(委任)」に利用されます。

アプトスの現物ETFに対する期待とその根拠

米暗号資産マーケットメーカーのGSRは2024年6月、 ビットコイン(BTC)と イーサリアム(ETH)に続き、 ソラナ(SOL)が第3番目に承認される現物ETF(上場投資信託)となる可能性があり、実現した場合、価格は大幅に上昇するとの見解を示しました。

レポートでは、現物ETFの承認を獲得する重要な二つの要因として、分散化のレベルと市場の需要を挙げ、独自の指標を用いて、アプトス(APT)を含む主要仮想通貨を分析し「ETF可能性スコア」を策定。

出典:GSR『Is Solana Next?』

先月承認されたイーサリアムがトップに、ソラナが2位、続いてNEAR、アバランチ(APT)、アプトス(APT)が上位5位を占めるという結果になっています。

アプトス(APT)に投資したい方はこちらをチェック

投資家5つの注目点

1. Microsoftとの提携でAzure OpenAI Serviceを統合

Microsoftとの提携により、アプトスはAzure OpenAI Serviceを統合。開発者はAIモデルを簡単にアプリケーションに導入でき、Web2.0からWeb3.0への移行が容易になります。大手投資企業と取り組んでいる「Aptos Ascend」の構築は、その一環です。Aptos Ascendは、レガシー金融と分散型金融の融合に焦点を当てており、現実資産(RWA)のトークン化とその流通、担保を必要としない融資などの機能を構築します。

2. Move:言語レベルで実現する高セキュリティ

アプトスは、Diemの技術的遺産である「Move」言語を採用。Moveは、資産の管理が厳密に定義されているため、安全性と効率性が高い。また、コードが再利用しやすく、保守も簡単に行える設計になっている。この特徴により、資産の二重支払いなどの問題を防止し、初心者でも扱いやすい言語となっている。

▶️Moveとは

MetaのDiemプロジェクトで開発された技術要素。安全性に重きを置いている。ディエムの仕様を引き継いでいるブロックチェーン(SUI、Linera)では、スマートコントラクトのコード記述に、「Move」言語またはMoveの流れを汲む言語が利用されています。

3. DeFiの拡大、AI + DeFiプロジェクト「Thala」がけん引

近年、アピトスのDeFiエコシステムに資本が集まり、利回りやポイントプログラム、エアドロップの機会などが提供されています。2024年Q1には、DEX取引量が512%、ステーブルコインの時価総額が96%、DeFiのTVL(Total Value Locked)が376%増加(Messari調べ)。

AI+DeFiを掲げる「Thala」は、USDYなどのステーブルコインを担保にMODを発行し、DEXやリキッドステーキング機能を備え、アプトスのTVLをリードしています。

4. ユーザー体験:Keyless&PasskeysやJamboPhone

アプトスでは、FaceIDやTouchIDのような、シンプルかつ安全な本人認証を可能にする「Passkeys」及び、Google、Apple、Githubアカウントを通じてWeb3ログインを可能にする「Keyless」が24年2月に実装されており、今後の普及が期待されます。

出典:JamboPhone

アプトスと連携したWeb3型スマホ「JamboPhone」は99ドル(約15,000円)で発売されており、新興市場(アフリカ、東南アジア、ラテンアメリカ)をターゲットにリーチを拡大しています。40カ国以上で販売されており、日本からの注文も可能です。ソラナ(SOL)のスマホのように人気を獲得できるか注目されています。

5.ゲーム分野の製品拡充

24年2月、Aptos Labsはゲーム開発者向けの包括的なワンストップ・ショップであるAptos GameStackを発表しました。これは、ブロックチェーン上でのゲーム構築をサポートするもので、Google Cloudと提携し、GoogleのMarketplaceを通じて提供されます。注目のパートナーには、メタバース企業Supervillain、NetmarbleのWeb3子会社MARBLEX、そしてインド市場向けのトレーディングカードゲームSTANがあります。

アプトス(APT)投資のリスク

アプトス(APT)への投資を検討する際には、以下のリスクも認識しておく必要があります

トークンのロック解除イベント

トークンのロック解除イベントでは、ロックが解除されたトークンを保有する投資家がそれらを市場で売却できるようになるため、売り圧力が生じる可能性があります。また、トークンの供給量が増えることで価値の希釈化が懸念されることもあります。

2024年第一四半期には、APTの価格が前四半期比76%上昇しましたが、供給の増加により流通時価総額は前期比127%増の66億ドルとなり、全トークンの中で22位にランクアップしています。

直近では、アプトスは6月12日に1,131万トークン(流通供給量の2.59%)、1億ドル(約156億円)相当をロック解除しました。

アプトス(APT)の供給状況

APTのインフレ率は年間7%から始まり、毎年1.5%ずつ減少して最終的に3.5%に達する予定です。このレートは初期総供給量10億APTを基にしています。

2024年第1四半期末までに初期供給の約31%が分配され、前四半期比32%の増加となりました。

「State of Aptos Q1 2024」より引用:Messari

第2四半期に解除されるジェネシス供給:第1四半期末のAPT価格に基づき、3億2900万ドル相当のAPTが第2四半期にコア貢献者に解除されます。2億3300万ドル相当のAPTがプライベート投資家に解除され、これは第1四半期末のAPT流通供給の3.5%に相当します。

アプトス(APT)の買い方・取引所の特徴早見表

おすすめ
取引所
おすすめポイント アプリの特徴 現物取引 レバレッジ取引 投資サービス 取引所手数料
(BTC参考)
最低取引単位
(BTC参考)
入金手数料 出金手数料 出庫手数料
(BTC参考)
備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
SBIグループの100%子会社
最高水準のセキュリティ
口座で保持するだけ
ステーキングが便利
販売所 積立・ステーキング
レンディング
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:0.0001 BTC
取引所:0.000001 BTC
無料 無料 無料
2
仮想通貨取引所 OKCoinJapan
OKCoinJapan
狭いスプレッドと
高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫 販売所
取引所
レンディング Maker:~0.07%
Taker:~0.14%
販売所:0.00001 BTC
取引所:0.0001 BTC
無料 400円~1,320円 0.2~0.5APTの範囲内
顧客自身で設定
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合

アプトス(APT)を取り扱う取引所の詳細

大手上場企業SBIグループ傘下の「SBI VCトレード」
東証プライム市場に上場しているSBIホールディングス傘下、SBIグループにおいて「SBI証券」という名は、国内最大手のネット証券として広く知られる。SBIVCトレードは、これまでに培った金融ノウハウを活かし、安心感に定評のある取引所として位置づけられる。手数料の低さなど、個人投資家から高い支持。
最高水準のセキュリティによる取引環境を提供
ドージ、シバイヌなど注目度の高い銘柄を取り扱う
貸暗号資産、ステーキングなど投資サービスが充実
SBI VCトレードの主なスペック
取扱い通貨 23種類
取引方法 販売所・取引所・レバレッジ
最低取引単位 販売所:0.001 APT
投資サービス 貸暗号資産/積立暗号資産/ステーキング
各種手数料 出庫手数料無料。取引所にて、市場形成に寄与する注文方法(メイカー取引)に対して、手数料分を収益として得られる「マイナス手数料」を採用
アプリの使い勝手 現物/レバレッジ取引がスムーズにできる
現物取引所で豊富な取引ペアを提供「OKCoinJapan」
国際的な規模で暗号資産交換所およびブロックチェーンビジネスを展開する OK Groupの日本法人。ユーザーの資産は100%コールドウォレットで管理されるなど、高いセキュリティを維持。板取引において取り扱い銘柄の豊富さが特徴で、国内で先駆けてアプトス(APT)、スイ(SUI)も取り揃う。
万全なセキュリティとサポート体制
狭いスプレッドと高い流動性
スピーディーな入出金・入出庫
OKCoinJapanの主なスペック
取扱い通貨 41種類
取引方法 販売所・取引所
最小注文数量 0.1 APT(取引所)
投資サービス Flash Deal/積立/ステーキング
各種手数料 Maker:~0.07%、Taker:~0.14%
30日間の取引量100 万円未満
Lv1の場合
アプリの使い勝手 値動きと板の注文状況を確認しながら取引できる

アプトス(APT)の買い方ガイド

1. 口座開設

本人確認書類の提出方法は3種類あるため自身に合った方法を選択しましょう 出典:SBI VC トレード

まずは購入の前に、交換業者への登録手続きを行なって口座を開設することが必要です。口座開設は主に以下のステップで進んでいきます。

  1. メールアドレスを入力して登録用のURLを受信
  2. 必要事項を入力
  3. 本人確認書類を提出

まずは、自身が使用するメールアドレスを交換業者の専用ページに入力します。その後は入力したメールアドレス宛に登録用のURLが届くので専用のページを開き、多くの場合ここでパスワードの設定を行います。

次は氏名や住所、投資目的などの情報を入力。口座開設には本人確認が必要なため、必要書類をアップロードしたり、郵送したりする手続きが必要です。その後に審査が行われ、通過すればアプトスを購入できるようになります。

2.入金方法

口座開設が完了したら、次にアプトスを購入するために円の入金を行います。円の入金方法は、対応している銀行などが交換業者によって異なるので、必要に応じて事前に確認しておくことをお勧めします。

入金では、主に以下のような方法で最初に円を交換業者の口座に預け入れます。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキングから入金
  • コンビニから入金

入金後、自身の口座に円の残高が反映したら、その資金を使ってアプトスの購入が可能。取引所か販売所を選んで、必要事項を入力して購入手続きを行います。

3.アプトス(APT)の買い方(参考例:SBI VCトレード)

「販売所」では、同社が設定した価格でアプトス(APT)の売買が行えます。購入は提示された買取価格で、売却は売り価格で行われ、操作が直感的で初心者にも理解しやすいです。しかし、購入価格と売却価格の間にスプレッド(価格差)があるため、短期トレードには不向きな点は覚えておきましょう。

販売所の利用画面 出典:SBI VCトレード

アプトス(APT)の購入画面(OK CoinJapanの例)

OK CoinJapanの「取引所」では、参加者同士が直接価格と数量を提示して取引します。自分の望む価格で購入または売却を希望し、それに応じた相手がいれば取引が成立します。この方式では、指値注文や成行注文を利用して取引を行うことができます。

取引所の利用画面 出典:OK CoinJapan

SBI VC トレードではアプトス(APT)のステーキングが便利

ステーキング実績(2024年4月)出典:SBI VC トレード

ステーキングのメリットは、長期保有予定の仮想通貨を預け入れて放置しているだけで、株の配当のようなパッシブインカム(受動的収入)を得られる点にあります。

SBI VCトレードにおいては、5月15日(水)からアプトス(SOL)の取扱いが開始されました。口座に預けるだけで、ステーキングサービスの対象となり、毎月資産が増加します。アプトスのステーキングの想定年率は、約6.0%とされています。

SBI VCトレードのステーキングサービスを利用するための特別な申し込みや手続きは必要ありません。平均保有量に基づき、SBI VCトレードの口座内で毎月自動的に報酬が支払われるシステムです。このサービスはいつでも解約が可能で、資産の引き出しも自由に行えます。

アプトス(APT)に投資したい方はこちらをチェック

アプトス(APT)に関する税金について

仮想通貨取引で生じた利益は原則「雑所得」として取り扱われます。日本円との売買で得た利益だけではなく、仮想通貨同士を交換したときに生じた利益や貸暗号資産などで得た報酬も課税対象となります。

なお、雑所得に分類される仮想通貨取引での所得は、給与所得などの他の所得と合算した金額に対して税率がかけられます。税率は、所得が多いほど高くなる「累進課税」が適用され、下表の通り5%から45%の7段階に分かれています。住民税も合わせると最大で約55%の税率が課されます。

出典:国税庁

アプトス(APT)を購入する上での注意点

最後に、アプトス(APT)を買う上で考慮した方が良い重要ポイントを紹介します。

まずは、少額から投資し始めることを検討してみてください。仮想通貨は株式などと比べると少額で投資することが可能です。アプトス(APT)は注文あたり0.0001 APT(Okcoin japan の取引所)から購入することができますので、まずは慣れることから始めるのも1つの方法です。

次に、投資は余剰資金で行いましょう。これは仮想通貨に限らず、資産運用のポイントとしてよく挙げられています。生活に必要なお金や将来使う予定のある資金ではなく、当面は使う予定のないお金で投資するようにしてください。

仮想通貨にも、手元の資金よりも大きな利益を狙える「レバレッジ(証拠金)取引」という投資手段もありますが、大きな利益を狙える分、損失のリスクも大きくなります。投資金額を増やしたり、レバレッジ取引をしたりする前に、まずは余剰資金を使って少額投資を行うことから始めることをお勧めします。

記事の監修者

各務 貴仁各務 貴仁
株式会社CoinPost 代表取締役CEO、株式会社SUDACHI Tech 代表取締役、一般社団法人WebX実行委員会 理事。
2017年に日本最大(2024年現在)の暗号資産・Web3メディアCoinPost、2023年よりグローバルカンファレンスWebXを立ち上げる。また、次世代テックを活用した福祉事業Wave3やWeb3に特化した開発支援事業SUDACHI Techも展開する。
2024年には、経済産業省「Web3.0・ブロックチェーンを活用したデジタル公共財等構築実証事業」にて有識者委員として選任される。

アプトス(APT)に投資したい方はこちらをチェック

関連記事

銘柄別 テーマ別
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧