Avalanche(AVAX)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
02/24 (土)
アバランチ、ネットワーク障害発生でブロック確定停止 約6時間後に解決を報告
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
CoinPost
02/24 (土)
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
CoinPost
02/15 (木)
金融大手シティ、プライベート・エクイティ・ファンドのトークン化を検証 概念実証に成功
米金融大手のCitiは、米投資管理会社Wellington Managementと米資産運用会社WisdomTreeの協力の下、プライベート・エクイティ・ファンドのトークン化に関する概念実証に成功したと発表した。
CoinPost
02/14 (水)
暗号資産ロックアップ解除の最新トレンドと市場影響 Token Unlocks
約100種類の暗号資産(仮想通貨)に渡る600件のトークンロックアップ解除イベントを分析。トークン配分の傾向、市場環境、投資家の反応について詳細な洞察を提供。トークン価格への影響を平均化する。
CoinPost
02/03 (土)
ロックアップ期限切れ資産、2月は総額1,300億円に スイ、サンドボックス、アプトスなど
2月には暗号資産(仮想通貨)プロジェクトで8億7,000万ドル超のトークンアンロックが予定。スイ、サンドボックス、アプトスを筆頭に国内上場銘柄も多い。ロックアップ期限切れによる過去の市場影響についてまとめる。
CoinPost
01/29 (月)
2023年の仮想通貨ユーザー数獲得でポリゴンが躍進、イーサリアムに迫る勢い
オンチェーン分析会社Flipside Cryptoは、仮想通貨ユーザーの動向を分析したレポートを発表。主要な8つのブロックチェーンについて、2023年のトレンドを総括し、2024年の予測を行った。
CoinPost
01/27 (土)
アバランチ、新たなスケーリング技術「Vryx」を発表 10万TPS実現へ
仮想通貨アバランチを開発するAva Labsは、新たなスケーリングソリューションVryxを紹介。Vryxは1秒間に10万トランザクションを処理できるとされる。
CoinPost
01/24 (水)
アバランチのミームコイン購入計画「Culture Catalyst」、資格要件が明らかに
暗号資産(仮想通貨)アバランチ(AVAX)のファウンデーションがコミュニティを活性化するための「Culture Catalyst」計画の詳細を発表。ミームコイン購入を通じてブロックチェーンの創造性とエンゲージメントを強化することを目指す。
CoinPost
01/13 (土)
香港HKVACの仮想通貨インデックス、XRP・TRXなど取り除かれSOL・INJなど追加
香港の民間仮想通貨レーティング組織「HKVAC」は、仮想通貨インデックスの組成銘柄入れ変えを行った。現在の市場環境を新たに反映する狙いのようだ。
CoinPost
12/30 (土)
アバランチ財団のミームコイン購入計画発表で一部の銘柄が暴騰
昨日、仮想通貨AVAX関連のアバランチ財団がミームコインを購入すると発表したことを受け、アバランチブロックチェーン上の一部のミームコインの価格は高騰した。
CoinPost

Avalanche(AVAX)の概要

2020年9月に正式ローンチしたAvalanche(AVAX)は、アバランチ財団のAVA Labsが開発する次世代の高速ブロックチェーン。メインネットのローンチ以来、計220以上のプロジェクトに対応している。

Avalancheは、秒間4,500超のトランザクションを処理できるとされており、トランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間は2秒以下という高速性を売りにしている。

機能

独自発行するネイティブトークンであるAVAXは、Avalancheプラットフォーム内でさまざまなタスクを果たし、ユーザーの報酬および支払いシステムとしても機能する。国外の主要な仮想通貨取引所にて取り扱い中で、時価総額も常に高水準を維持している。

AvalancheのコンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフオブステーク)が採用されており、クロスチェーン機能とイーサリアムとの互換性を持つ。スマートコントラクトプラットフォームとして、カスタマイズされたブロックチェーンを立ち上げたり、dappsを構築することが可能なほか、NFTエコシステムにも注力しており、様々なNFTキャラクターやゲームも展開中だ。

Avalanche Bridge

また、他のネットワークと接続する機能を果たす「Avalanche Bridge」もローンチしており、クロスチェーンでの仮想通貨スワップをサポートしている。すでにSushiSwapやCurve、AaveなどのDeFiプラットフォームにも採用されている。

Avalanche Bridgeは、ウォレットやエクスプローラーといった他のツールをシームレスに統合できるように設計されており、AEBを経由してきた資産をAvalanche Bridgeに移動することも可能な上、その資産をAvalanche Bridgeを使ってイーサリアムのネットワークに戻すことも可能になるという。

Avalancheは過去に、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やPolychain Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資も受けており、注目度の高いブロックチェーンだ。