Avalanche(AVAX)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
12/05 (月)
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のアバランチ(AVAX)など上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
CoinPost
12/03 (土)
アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
CoinPost
11/08 (火)
アバランチ、GMXに約6億円のAVAXインセンティブ提供へ
アバランチ財団は、現在注目される分散型取引所GMXに約6億円のAVAXインセンティブを付与する予定だ。
CoinPost
11/04 (金)
国内取引所bitbank、アバランチ(AVAX)の取扱開始
国内の仮想通貨取引所bitbankはアバランチ(AVAX)の取り扱い開始を発表。bitbankの提供銘柄は17種類となる。上場を記念して、取引手数料無料キャンペーンも実施する。
CoinPost
10/28 (金)
国内ソシャゲ大手グリー、アバランチ(AVAX)基盤のWeb3ゲーム開発へ
国内ソーシャルゲーム大手のグリーは新設した子会社「BLRD」を通じて仮想通貨アバランチの開発を行うAva Labsとの戦略的パートナーシップを締結。2023年にWeb3ゲームをリリースし、ノード運用も行なっていく。
CoinPost
10/27 (木)
SBI VCトレード、ポリゴン上のMATICが日本初上場
国内暗号資産取引所SBI VCトレードは26日、新たに2銘柄の新規取り扱いを開始した。MATICはポリゴン版として日本初上場。
CoinPost
10/22 (土)
NFT電子市場「Zaif INO」、近日中にローンチへ
カイカフィナンシャルは、ブロックチェーンゲーム専門NFT電子市場「Zaif INO」の提供を近日開始と発表。新規プロジェクトの立ち上げ時などに活用できるサービスを目指す。
CoinPost
10/21 (金)
800万ユーザーの独モバイル銀行N26、200銘柄以上の仮想通貨取引を提供へ
ドイツ発のモバイル銀行N26は欧州で200銘柄以上の仮想通貨の取引を顧客に提供へ。まずはオーストリアから始まる。
CoinPost
10/19 (水)
アバランチのBanffアップグレード、実装完了 サブネットのステーキングなど可能に
高速ブロックチェーンのアバランチ(AVAX)は事実上のハードフォークとなったBanffアップグレードの実装を完了。アバランチから派生するサブネットにおける管理機能が拡大した。
CoinPost
10/18 (火)
バイナンスとCMC、10銘柄の均等型指数をローンチ
バイナンスの「Binance CoinMarketCap」は17日、上位10銘柄のパフォーマンスをトラッキングする新指数をローンチした。ドルコスト平均法利用のプロダクトに導入される予定。
CoinPost

Avalanche(AVAX)の概要

2020年9月に正式ローンチしたAvalanche(AVAX)は、アバランチ財団のAVA Labsが開発する次世代の高速ブロックチェーン。メインネットのローンチ以来、計220以上のプロジェクトに対応している。

Avalancheは、秒間4,500超のトランザクションを処理できるとされており、トランザクション確定(ファイナリティ)に要する時間は2秒以下という高速性を売りにしている。

機能

独自発行するネイティブトークンであるAVAXは、Avalancheプラットフォーム内でさまざまなタスクを果たし、ユーザーの報酬および支払いシステムとしても機能する。国外の主要な仮想通貨取引所にて取り扱い中で、時価総額も常に高水準を維持している。

AvalancheのコンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフオブステーク)が採用されており、クロスチェーン機能とイーサリアムとの互換性を持つ。スマートコントラクトプラットフォームとして、カスタマイズされたブロックチェーンを立ち上げたり、dappsを構築することが可能なほか、NFTエコシステムにも注力しており、様々なNFTキャラクターやゲームも展開中だ。

Avalanche Bridge

また、他のネットワークと接続する機能を果たす「Avalanche Bridge」もローンチしており、クロスチェーンでの仮想通貨スワップをサポートしている。すでにSushiSwapやCurve、AaveなどのDeFiプラットフォームにも採用されている。

Avalanche Bridgeは、ウォレットやエクスプローラーといった他のツールをシームレスに統合できるように設計されており、AEBを経由してきた資産をAvalanche Bridgeに移動することも可能な上、その資産をAvalanche Bridgeを使ってイーサリアムのネットワークに戻すことも可能になるという。

Avalancheは過去に、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)やPolychain Capitalといった著名なベンチャーキャピタルから出資も受けており、注目度の高いブロックチェーンだ。