アラブ通貨基金、リップルネットをCBDCの代替策として言及

アラブ通貨基金がCBDCに関するレポート発表

アラブ通貨基金は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)についてのレポートを発表。その中で、リップルネットや暗号資産(仮想通貨)XRPを、CBDCの代替策の一つとして挙げている。

アラブ通貨基金(AMF)とは

1976年設立、アラブ首長国連邦のアブダビに本拠地を置く。アラブ諸国への国際収支援助、通貨協力、アラブ金融市場の促進、貿易の円滑化などに取り組んでいる。

▶️仮想通貨用語集

レポートは、世界的なCBDC検討の潮流の中で、アラブ諸国の中央銀行もCBDCの研究を行っていることを背景として発行されたもの。加盟国の意思決定を支援するため、CBDCの利便性や課題など様々な側面から情報を提供している。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

リップルネットやXRPも代替案として言及

レポートは、CBDCのリスクについて、「デジタル・ドルが台頭するリスク、法定通貨が国際的に果たす役割への影響」などに言及。また、非居住者に対してCBDCを発行する場合には、為替レートのボラティリティ(変動の大きさ)や、資本フローなどが変化する可能性も挙げた。

レポートは、CBDCの利点やリスクを挙げた上で、CBDCの代替として考えられるものについても紹介している。

この表では、まず「メッセージプロトコルを改善しており、受取国にある銀行を利用して資金を送信できるシステム」の例として、SWIFTの提供する決済システム、送金サービスTransferwise、フィンテックアプリRevolut、リップルネットなどを挙げた。

また代替案には「パブリック分散型台帳上の仮想通貨」という項目もある。ここでは、「価値が変動し、法定通貨に裏付けられていない。一般に、仮想通貨は決済手段というよりも、投機的な価値の貯蔵手段として利用されてきた」と指摘。その上で、XRPについては「主に決済のために設計された最初の仮想通貨である」と評価している。

他の代替案としては、「既存のリアルタイム決済システムを相互運用すること」を挙げており、具体例としてSWIFT、欧州の決済インフラEBAクリアリング、米国清算機関の相互接続に言及した。

一方でレポートは、代替案の多くには限界があるため、様々な中央銀行がCBDCの研究や実験を続けているとも述べている。

関連日米主要国、ロシアをSWIFTから排除へ 追加制裁強める

中東地域での導入事例

リップル社は「MENA(中東・アフリカ地域)は、当社にとって非常に重要な地域」であるとして、この地域でも展開を進めているところだ。

2021年10月には、アラブ首長国連邦(UAE)の国際送金会社アル・アンサリ・エクスチェンジとカタール国立銀行がリップルネットに加入。

関連リップルネット、中東2ヵ国から金融機関が新たに加入

同月には、XRPをブリッジ通貨として利用する送金サービスODL(オンデマンド・リクィディティ)についても、中東地域のブロックチェーン企業Pyypl社が導入を発表している。

関連リップル社、中東地域で初のODL導入へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します