日米主要国、ロシアをSWIFTから排除へ 追加制裁強める

ロシア経済の弱体化図る

欧州委員会(EC)と米国などの主要国政府らは27日、ロシアを国際銀行決済システムSWIFTから排除する声明を発表した。

経済制裁を課したのは欧州委員会とフランス、ドイツ、イタリア、イギリス、カナダとアメリカの主要国。ウクライナ侵攻を実行したプーチン大統領の決断を批判し、プーチン氏などに経済制裁を既に課した点を強調した。

ウクライナの首都キエブへの攻撃の手を緩めないことを受け、ロシア経済をさらに孤立化するためにSWIFTからロシア銀行を排除する決断を表明した。

また、日本の岸田首相も追加制裁への参加を発表。政府関係者も国際決済ネットワークのSWIFTから締め出す形となる。

SWIFTは国際銀行間通信協会の略称。世界各国の銀行が加盟する通信ネットワークで、ロシア銀行の排除は「国際金融システム」への参加が不可能となることを示す。

SWIFTとは

銀行間の国際送金を可能にする通信ネットワークを提供する非営利法人。世界200ヵ国以上に存在する11,000以上の金融機関を接続しており、40億以上の金融口座に送金サービスを提供している。

▶️仮想通貨用語集

また、SWIFTからの排除の他にも、ロシアの中央銀行であるロシア銀行による外貨準備金の利用やロシア政府の協力者への市民権の販売を禁止する。

ロシアへの経済制裁

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、米政府は25日にプーチン大統領とラブロフ外務大臣への制裁措置を発表したばかり。前日にはロシアへの大規模な経済制裁を発令しており、ロシア経済の8割の資産を管理する大手銀行が米経済へのアクセスを遮断されていた。

関連:米財務省、プーチン大統領らへの制裁措置を発表

関連: 米政府、ロシアに大規模な経済制裁を発令|緊迫続くウクライナ情勢

NATO(北大西洋条約機構)加盟国から経済制裁が厳格化する中、SWIFTからの排除などの声明を受け、プーチン大統領はロシア軍の核抑止部隊に高度な警戒体制に移行するよう指示したことを公表した。

ウクライナへの支持

一方、ウクライナへの支持は仮想通貨界隈で強まっており、ウクライナ側に暗号資産 (仮想通貨)を利用して寄付を募る動きも加速化している。

25日にはウクライナ軍を支援するNGO(非政府組織)に1つのアドレスから300万ドル相当(約3.4億円)のビットコイン(BTC)が寄付されたことが確認された。また、大手取引所バイナンスはウクライナでの人道支援をサポートすべく、ユニセフなどの支援団体に11億円相当を寄付することを発表した。

関連:バイナンス、ウクライナの人道支援で11億円寄付へ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します