大手暗号資産取引所バイナンス、ウクライナの人道支援で11億円寄付へ 仮想通貨クラウドファンディングサイトも開設

ウクライナの子どもと避難民支援へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは28日、ウクライナへの人道支援で11億円相当(1,000万ドル)をUNICEF(ユニセフ)などに寄付することを発表した。

バイナンスの慈善・寄付部門であるバイナンス・チャリティー財団を通じて、1,000万ドルの寄付を行う方針が明らかになった。子供の命と健康に焦点を置く国連総会の補助機関であるUNICEF(国際連合児童基金)や避難民支援を行うUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)など支援団体に寄付を行う。

上記の国連2機関に加え、ポーランドに拠点を置く正しい情報発信に注力するInternational Strategic Action Network(iSans)と移民問題に特化する非営利NGOのPeople in Need(PIN)も対象。ウクライナ国内の避難民や子どもとのその家族の近隣国への移動を支援する格好だ。

仮想通貨のクラファンサイトも開始

バイナンスでは、仮想通貨を利用したクラウドファンディングページも開設した。「ウクライナ金融支援基金」と称し、同国の避難民や子どもに食料や燃料などの物資を提供することを目的とする。

執筆時点で、155BTCに相当する6.7億円(586万ドル)相当の寄付が集まっている。

バイナンスのチャンポン・ジャオ(CZ)CEOは非政治的である点を強調。ウクライナ現地での物資支給や国内避難民のビザ確保などを支援していくと述べた。

バイナンスは2018年夏に発生した「西日本豪雨」の際にもバイナンス・チャリティーを通じて総額5700万円(当時換算)の寄付を集めた経緯がある。ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)のほか、ERC-20トークンで寄付を募ったほか、バイナンス側も100万ドルの寄付を表明した。

関連:バイナンス:西日本の洪水被害者へ1.1億円相当の寄付を表明

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します