CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨の最大手取引所バイナンス:西日本の洪水被害者へ1.1億円相当の寄付を表明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスが西日本の洪水被害者へ100万ドルの寄付を表明
バイナンスCEOのCZ氏は7月8日、ツイッター上で西日本の豪雨・洪水災害の被害者(被災地)に対しBTC、BNB、JPYなどで100万ドル(11億円相当)の寄付を表明しました。バイナンスは他のプロジェクトからの寄付も募っています。
今年に入り、仮想通貨プロジェクトの寄付事例が急増
2017年の仮想通貨市場高騰を受けて、豊富な資金を獲得したリップルなどの仮想通貨プロジェクトは自身のトークンを積極的に寄付しています。寄付先の中には仮想通貨に直接関係しないものも見られます。
寄付に仮想通貨が有効な理由
寄付に仮想通貨を用いることで、寄付のために高額な手数料を支払う必要がなくなります。また、世界中のどこからでも手軽に寄付ができるため、募金のハードルを下げることができます。
Binanceとは
Binance(バイナンス)は、2017年に急成長を遂げた「バイナンス(Binance)」は、世界最大級の取引量を誇る海外取引所。 取り扱い通貨は80種類以上。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

7月8日、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの代表であるCZ氏が、記録的な豪雨で西日本に発生している大規模な洪水被害に対して、100万ドル(1.1億円相当)の寄付を表明。

私たちの心は、西日本の被害者とともにある。

バイナンスは、100万ドル(1.1億円相当)の寄付をBTC(ビットコイン)、BNB(バイナンスコイン)、またはJPY(日本円)で始める予定だ。

私たちは、仮想通貨事業の提携先にも、友のための支援を呼びかけている。

バイナンスのCZ氏はさらなる寄付を募る

CZ氏はツイッター上で、さらなる寄付を呼びかけています。

CZ氏は、寄付をした仮想通貨プロジェクトに対して、将来バイナンスへ上場申請をする際に「ボーナスポイント」を与えると言及。

また、寄付をしたプロジェクトに関しては上場手数料をディスカウントする可能性についても示唆しました。

バイナンスを通しての寄付は、以下の手順で行うことができます。

仮想通貨プロジェクトの寄付事例

今回のバイナンスをはじめとし、過去にもいくつかの仮想通貨プロジェクトで仮想通貨を用いた寄付が実施されています。

リップル社は3月、DonorsChoose慈善基金を通じてアメリカの公立学校に約32億円分のXRPを寄付して、話題になりました。

また、6月には米リップル社は世界の17の大学に対して、約55億円分の寄付を行うことを発表しました。

この寄付は、米リップル社が技術提供や専門家の派遣を行い、大学と共同でブロックチェーンの研究・開発や人材育成などを目指すことを目的としています。

また、2016年に発生した熊本地震の際には、コインチェックが、ビットコインでの寄付を受け付けていました。

2017年の仮想通貨市場の高騰を受けて、リップルやバイナンスなどの仮想通貨プロジェクトは豊富な資金を獲得しており、大企業が行うような巨額の寄付などの社会貢献を行うことができるようになっています。

寄付に仮想通貨が有効な理由

仮想通貨は決済や投機としての需要が先行してきましたが、「寄付」に対しても非常に有効な手段であると言えます。

募金に仮想通貨を使えば、募金先のアドレスを公開するだけで世界中から簡単にお金を集めることができます。

また、通常は海外送金の際に為替などの問題で手数料が非常に高くなりがちですが、仮想通貨を利用すれば寄付のために支払わなければならない手数料を低く抑えることができます。

さらに、募金先のアドレスを簡単にたどることができるため、自分が寄付した仮想通貨が実際に寄付先に届いているかを確かめることができます。

これに加えて、非常に簡単に寄付ができるため、寄付の心理的障壁も低いと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

バイナンスが世界一の収益をあげる仮想通貨取引所になる見通し|2018年前期は純利益330億円
バイナンスは2018年前期の利益が約330億円であったことを明かしました。2018年の純利益は550億円から1100億円を見込み、世界一の収益を上げる仮想通貨取引所になる見通しです。
リップル社:世界17大学と提携|ブロックチェーンと仮想通貨の普及見据え約55億円寄付
リップル社は世界の有力大学との共同提携による「大学ブロックチェーンリサーチ構想(UBRI )」と呼ばれるプロジェクトを発表しました。同社は、このプロジェクトを通して、5千万ドル(約55億円)の資金を寄付すると表明しています。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。
09:55
ビットゴーがビットコインL2・仮想通貨「Stacks」と提携 sBTCも取扱い予定
ビットコインのレイヤー2Stacks(STX)は大手仮想通貨カストディ企業BitGOと提携。BitGOはStacksのトークンなどを取り扱う。
08:00
中国テンセントなど、ブロックチェーンデータ企業「チェーンベース」に23億円出資
チェーンベースは、大手テンセント・インベストメント・グループとマトリックス・パートナーズ中国が共同主導するシリーズAラウンドで1,500万ドル(23億円)を調達した。
07:40
WazirXの仮想通貨の盗難被害、北朝鮮が関与か
シバイヌトークンやイーサリアムなど200種類以上の仮想通貨360億円超相当が、インド大手取引所WazirXから盗まれた。同社は初期調査の結果を公表している。
07:00
マウントゴックスの債権者の一部はビットコイン保有を選択か=Redditの世論調査で
マウントゴックスの受託者アドレスの現在の残高は47,228 BTCのビットコインで、4,740億円に相当する。まだ大部分の仮想通貨BTCは債権者の元へ返されていない状況だ。
06:30
トランプ氏、ビットコイン会議で1席当たり1.3億円調達予定
米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、来週開催されるビットコイン会議「ビットコイン2024」の参加者に対し、円卓会議に参加するために84万4600ドルを支払うよう求めている
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア