リップルネット、中東2ヵ国から金融機関が新たに加入

UAEとカタールの金融機関が新加入

リップル社は20日、アラブ首長国連邦(UAE)を拠点とする国際送金会社アル・アンサリ・エクスチェンジがリップルネットに加入したことを発表した。

今月4日にはカタール国立銀行も加入を表明しており、中東地域からの新たな参加機関が続く格好となった。

アル・アンサリ・エクスチェンジは、リップル社のクラウドベースの金融ネットワーク技術リップルネット・クラウドを通じて、マレーシアの大手送金テクノロジー企業MoneyMatchと連携し、マレーシアへの即日送金を提供できるようになる。

リップルネットとは

リップル社の提供する国際送金ネットワーク。資金の送り手と受け手が直接取引可能であり、低コストでスピーディな送金を実現する。XRPをブリッジ通貨として使用するODL(オンデマンド流動性)も、リップルネットで使われる技術の一つ。

▶️仮想通貨用語集

このサービスは、まずマレーシアリンギット(MYR)での取引をサポートし、将来的にはブルネイドル(BND)やオーストラリアドル(AUD)にも対応する方針を示した。

MoneyMatchのAdrian Yap CEOは、次のように説明した。

アルアンサリ・エクスチェンジと提携して、マレーシアへのリンギット送金を促進できることを楽しみにしている。このパートナーシップにより、両社へのシナジー(相乗)効果が期待できる。

UAEで働くマレーシア人の方々にも、ぜひこのサービスを試していただきたい。

マレーシアからの移民労働者に、母国へ送金する手段を提供することも念頭に置いている模様だ。

リップルネットクラウドは、リップル社が2020年に立ち上げたクラウド基盤の送金ソリューション。インフラの保守やアップグレードなどはリップル社チームが行うため、銀行など金融機関は、ハードウェアを管理する負担なしで容易にリップルネットを利用できるようになる。

関連リップルネットクラウド公開 Ripple社が新サービス

カタール国立銀行が参加

今月4日には、UAEの近隣国カタールの国立銀行(QNB)も、リップルネットへの加入を発表していた。

QNBグループは中東・アフリカ地域で最大規模の金融機関で、子会社や関連会社を通じて、31か国以上に進出。1,000か所の拠点で約2,000万人の顧客にサービスを提供している。

まず、トルコのQNB Finansbankとの間でリップルネットを試験的に導入し、将来的には他国への送金経路にも拡大する計画で合意した。

トルコへの海外送金は、近年高水準で推移していることが背景にあることが伺える。

リップルネットに加入しているオンライン送金企業Azimoも今月5日、トルコへの送金経路を開設したばかり。その際、同社運営責任者Dora Ziambra氏は、「トルコには、海外で働く労働者が約700万人おり、送金業者にとっては素晴らしい市場だ」と述べていた

Ziambra氏は、送金需要がある一方で送金コストは高い状況が続いていること、送金企業のチャンスがあると示唆していた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します