リップル(XRP)|投資情報・リアルタイム価格チャート

02/05 (金)
リップル社、RippleNetでSOC2認証を取得
リップル社は4日、総合送金ソリューション「RippleNet」でシステム・クラウドサービスの内部統制に関する外部監査の国際認証「SOC (System Organization Control) 」を取得したことを報告した。
02/05 (金)
仮想通貨市場、全体時価総額が過去最高値を更新 DeFi(分散型金融)分野も好調
仮想通貨市場の全体時価総額は再び過去最高値を更新。DeFi市場の活躍で時価総額の水準が大幅に引き上げられたようだ。
02/02 (火)
上昇続くバイナンスコイン新高値50ドル台へ、XRPは暴騰・暴落で巨大な上髭
仮想通貨市場ではXRP(リップル)が高騰、暴落と未曾有の乱高下。最大手取引所バイナンスの独自通貨バイナンスコイン(BNB)が過去最高値の50ドル台をマークした。高騰要因には複数の理由が挙げられる。
02/02 (火)
XRP(リップル)の価格乱高下事例に見る、個人投資家の警戒ポイント
仮想通貨XRP(リップル)が、1日夜から2日未明にかけて大幅な下落を記録した。XRP市場は、リップル社から提訴を受け低迷していたが、1月末より急動意。一時、高値77円台まで大幅反発していたが、日本時間8時に下落に転じると一転、高値から数時間で50%安を超えて急落した。
02/01 (月)
XRP(リップル)が50円台まで高騰、背景に米個人投資家グループの影
仮想通貨XRP(リップル)が一夜にして50円台まで高騰した。その背景には、ゲームストップ株騒動でヘッジファンドが大損失を被り社会問題化した海外SNSサイト「Reddit」など個人投資家グループによる一連の動きがある。
02/01 (月)
ビットコインマイナー売却量が過去最大に、コインベース・プレミアムは再び拡大傾向
SECへの反論材料を手がかりに仮想通貨(XRP)リップルが高騰するなか、イーロン・マスク砲で高騰したビットコインは全戻しに。過去最大のマイナー売却量が確認された一方、コインベースでは再び資金流入が観測されている。
01/31 (日)
週刊仮想通貨ニュース|イーロンマスク砲でビットコイン急騰、米グレースケールが新規銘柄の取り扱い検討
今週は、企業家のイーロンマスク氏がツイッターのプロフィールにビットコインを載せたことと前後して価格が急騰。仮想通貨市場ではインターネットミームを起源とするドージコインの暴騰も注目された。
01/30 (土)
リップル社、米SECの提訴に対する反論文書を提出
米リップル社は証券法違反で米SECに提訴されたことを受け、正式な反論文書を裁判所に提出。仮想通貨XRPの特徴や役割を説明し、XRPは有価証券には該当しないと主張した。
01/29 (金)
仮想通貨取引所Bitrue、FlareとGala Gamesとの提携を発表
仮想通貨取引所BitrueがFlareとGala Gamesとの提携を発表。ゲーム内アイテムのNFT取引などを目的に、GalaのセカンドレイヤーソリューションとしてFlareが導入される方針が明らかになった。
01/29 (金)
SBI決算説明会、「今後のSTO事業展開・リップル社との連携」など
SBIホールディングスは2021年第3四半期の決算を発表。活況な株式市況を受け、グループ全体の売上高は過去最高を記録した。また、セキュリティトークンについて2023年にも取引所で取り扱うとした。
01/28 (木)
リップル社に対し、XRP投資の損失訴える集団訴訟 米フロリダ州
仮想通貨XRPに関する未登録有価証券販売疑惑をめぐり、リップル社やBrad Garlinghouse CEOは新たな集団訴訟で提訴された。
01/27 (水)
リップル社CEO「SEC提訴後も15社と提携」 ビジネス面の進展を強調
リップル社のGarlinghouse CEOは2020年におけるリップル社の成長について言及する中で、SECが提訴したあとにも、15社のクライアントと契約を結んでいた点を強調している。
01/26 (火)
仮想通貨投資商品への資金流入、記録的な高水準へ=Coinsharesレポート
英仮想通貨ファンドCoinsharesが、ビットコイン投信などの投資商品における、先週1週間の資金流入額を算出したレポートを公開。銘柄別や商品提供企業に分けた流入額も算出している。
01/26 (火)
SparkトークンのIOU取引が「XRP価格を超えて」推移するワケ
Flare Networkのネイティブ仮想通貨FLRの借用証書取引で、IOU版FLRの価格が仮想通貨XRPを超えていることがわかった。その背景を考察。
01/24 (日)
仮想通貨取引所コインチェックとは|投資家向け3つのおすすめポイント
東証1部上場企業マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所コインチェックについて、投資家目線でオススメする3つの注目ポイントを紹介。ビットコインのほかリップル(XRP)やネム(XEM)など国内最多14種類のアルトコインを取り扱うなど、サービス充実度は目を見張るものがある。
01/21 (木)
リップル社、2021年の仮想通貨・ブロックチェーン業界を展望
SEC(米証券取引委員会)の提訴問題に揺れる米リップル社が、2021年の仮想通貨・ブロックチェーン業界の展望を紹介した。DeFi市場やCBDCなど業界のトレンドにも言及している。
01/21 (木)
アダルト動画配信大手Pornhub、決済手段に仮想通貨3銘柄を追加
世界最大規模のアダルトサイト「Pornhub」は有料配信サービスの支払いの手段に、仮想通貨BNB、DOGE(ドージコイン)などの3銘柄を追加したことが判明。ビットコインやXRP、ETHに加え現在計17銘柄に対応中だ。
01/20 (水)
ビットポイント、仮想通貨の全取扱銘柄で即時出金に対応
仮想通貨取引所を運営するビットポイントジャパンが、19日から全ての取扱銘柄で即時出金を開始。購入後すぐに他の取引所やウォレットに出金依頼することが可能になった。
01/19 (火)
バイデン次期大統領、SEC新長官を正式指名
バイデン米次期大統領は米商品先物取引委員会のGensler元会長をSEC新長官のポジションに正式に指名した。バイデン氏の就任式や内閣人事の上院公聴会スケジュールもまとめた。
01/17 (日)
次週注目ファンダ「米国の複数企業でXRP取引停止」|ビットコイン難易度調整は+10.79%
次週注目ファンダは、仮想通貨リップル(XRP)に関して複数の企業が取引停止を予定。ビットコインはマイニング難易度調整が行われ変動率+10.79%に。