XRP(エックスアールピー)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
07/14 (金)
リップル社への有利な判決を受けXRPがコインベースに再上場、ポリゴンMATICがPOLへリブランディングへ|14日朝の重要速報まとめ
仮想通貨XRPの裁判での部分的勝利は市場に好感され、XRPの価格は高騰し前日比約70%高。ポリゴンはPolygon 2.0の一環でMATICトークンのリブランディング提案を発表した。
CoinPost
07/10 (月)
米リップル社、不動産資産のトークン化で実証実験
米リップル社のCBDCアドバイザーは、リップル社が不動産資産のトークン化に力を入れており、香港政府が行うデジタル香港ドルの実証実験に参加し、いくつかの応用事例を検証すると述べた。
CoinPost
06/18 (日)
週刊仮想通貨ニュース|ブラックロックのビットコインETF申請に注目集まる、リップル裁判でヒンマン文書公開など
今週は、ブラックロックが仮想通貨ビットコインのETFを申請したニュースが最も多く読まれた。このほか、リップル裁判でヒンマン文書が一般公開されたことなど、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
06/15 (木)
GMOコイン、5月度の仮想通貨取引人気ランキングを発表
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所のGMOコインが、2023年5月度の仮想通貨取引人気ランキングを発表した。取引所ではリップル(XRP)がシェアを伸ばし、販売所ではビットコインが1位。ステーブルコインのDAIが4位に伸長した。
CoinPost
06/14 (水)
リップル裁判、 SECのヒンマン講演資料が5年越しに一般公開
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐり、米リップル社と米証券取引委員会の係争が続く中、ついに重要な焦点の一つであるSEC元高官の講演資料が一般公開された。
CoinPost
06/14 (水)
CPI通過で株指数上昇もビットコイン冴えず、大幅下落のBNBは急反発
CPI(米消費者物価指数)ではインフレ鈍化が確認され米国主要株指数は上に反応するも、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は冴えない。ヒンマン文章開示を受けたXRP上昇や大幅下落のBNBが急反発する場面があった。
CoinPost
06/13 (火)
バイナンスとコインベースのSEC訴訟|仮想通貨規制の現状と業界の反応を整理
SECがCoinbaseとBinanceを訴え、仮想通貨業界が規制リスクに晒されています。記事では訴訟の状況、証券として指摘されたトークンの種類やSECの主張、そして業界の反応を詳細に解説します。規制の波及効果についても注目です。
CoinPost
06/13 (火)
トロント大学、XRPレジャーのバリデータ立ち上げへ
米リップル社の大学ブロックチェーンイニシアチブ(UBRI)に、カナダの名門、トロント大学が参画することが明らかになった。トロント大学は、分散型台帳ネットワーク「XRPレジャー」のバリデーターの設置を計画している。
CoinPost
05/21 (日)
週刊仮想通貨ニュース|国内取引所の直接送金制限に注目集まる、テザー社がビットコインの継続購入を表明など
今週はビットバンクが、一部の交換業者への仮想通貨の直接送付が近い将来できなくなると告知を行ったニュースが最も多く読まれた。このほか、テザー社がビットコインの継続購入を表明したことなど、一週間分の情報をお届けする。
CoinPost
05/19 (金)
リップル社、CBDCとステーブルコインのプラットフォーム立ち上げ
リップル社は、CBDCとステーブルコイン開発のための新プラットフォームを立ち上げたと発表した。中央銀行デジタル通貨とステーブルコインを発行、管理、取引、償還することを可能とする。
CoinPost