リップル(XRP)|投資情報・リアルタイム価格チャート

07/03 (土)
国際決済銀行 仮想通貨銘柄別で投資家の教育・収入レベルなどを分析
BISがビットコインなど仮想通貨の、米国における投資傾向を分析するレポートを発表。新規投資家の流入や投資家の教育・収入レベルについても分析した。
07/01 (木)
マスターカード元役員、リップル社の欧州事業拡大を担当
米大手決済企業マスターカードの元役員Sendi Young氏はヨーロッパ事業拡大を率いる人物としてリップル社に採用された。
06/24 (木)
リップル裁判、今後のスケジュールは? 重要書類のアクセス権で進展
暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、Netburn裁判官はリップル社がSECの書類「内部トレーディングポリシー」の開示を求める申立てを認めた。
06/20 (日)
XRP保有者向けトークン配布、「配布量が減る提案」が撤回
フレアネットワークが18日に明らかにした暗号資産(仮想通貨)スパークトークン(FLR)の配布枚数を変更を検討する計画が白紙に戻ったことがわかった
06/18 (金)
XRP保有者向けトークン配布、配布量が減る可能性が浮上
仮想通貨XRP(リップル)にスマートコントラクト機能をもたらすFlare Networksがスパークトークン(FLR)の発行枚数変更を提案。今後の対応を今後コミュニティがガバナンス投票する見込みとなった。
06/16 (水)
アルゴランド上でボーダーレスな決済ネットワークがローンチ|起業家集団ペイパル出身者ら
決済サービスPayPalの元幹部は、新たに分散型ボーダーレス決済ネットワークをアルゴランドブロックチェーン上で立ち上げた。ステーブルコインを活用する。
06/16 (水)
リップル関連裁判で複数の進展
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐる裁判で、裁判所がリップルのロビー活動に関する文書を求める米SECの要求を却下。その他いくつか新たに判断をくだした。
06/14 (月)
【リップル裁判】米SEC、XRPの有価証券性めぐる文書開示で、夏までの期限延長申請  
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐる裁判で、米SECが、リップル社側からの証拠開示要求について、さらに2ヶ月提出期限を延長することを要求している。
06/08 (火)
仮想通貨XRPの分散型台帳に新たなユースケースを──リップル社CTO、サイドチェーンの実装を提案
仮想通貨XRPの分散型台帳XRPLに、サイドチェーンを追加する新しい機能が提案された。リップル社CTOが内容を説明しており、XRPLに新たにユースケースが生まれると期待されている。
06/08 (火)
【リップル裁判】「XRPの有価証券性」に関する証拠開示 米SECが返答期限を延長
SEC側は7日にリップル側が求める「XRPが有価証券に該当するとの主張に関する証拠開示」に対して、返答に関する期限延長の申し出をNetburn裁判官へ提出。
06/05 (土)
【リップル裁判】リップル社がSECへ有価証券主張の証拠を再度要求
リップル社は米SECに対し、仮想通貨XRPが「有価証券に該当する」との主張に関する証拠開示を要求。SECはこれまで書類開示の手続きに応じていない。
06/03 (木)
リップル社CEOら、オフショア仮想通貨取引所15社に書類協力要請──証券法違反への反論で
XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、リップル社のCEOと共同創設者はSECの主張に対して、新たなリーガルアクションを取っている。
05/31 (月)
【リップル裁判】裁判所が米SECの情報開示請求を却下
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐる訴訟で、裁判所は米証券取引委員会がリップル社に求めていた情報開示請求を却下した。
05/27 (木)
「XRP台帳上でNFT実装をサポート」リップル社チームが新機能提案
リップル社のチームが、XRP台帳でNFTをサポートするための追加機能を提案。手数料が安く環境にも配慮したNFTが可能になるとしている。
05/27 (木)
米リップル社CEOがコンセンサスに登壇「株式上場はSEC訴訟が落ち着いてから」
米リップル社のBrad Garlinghouse CEOがコンセンサス3日目に登壇。仮想通貨XRP(リップル)の販売を巡るSECとの訴訟や、将来的なIPO(株式上場)の可能性について語った。
05/21 (金)
国内チケット売買サイトの金券広場、仮想通貨BTC・XRPの支払い機能導入へ
チケットや金券の売買マッチングサイト「金券広場」で、仮想通貨ビットコイン(BTC)とXRP(リップル)での支払い機能が利用可能になった。イーサリアム(ETH)とバイナンスコイン(BNB)にも対応予定としている。
05/21 (金)
価格操作等へ対応か 米SEC委員長、金融市場の投資家保護を強調
米SEC(証券取引委員会)のゲンスラー委員長は投資家保護の観点から仮想通貨・他の新興技術における有害なものに対して法的措置を取る方針を示した。
05/20 (木)
リップルネットに新たな導入事例──エジプト国立銀行がUAEとの国際送金に利用
米リップル社が、リップルネットの新たな導入事例を発表。エジプト国立銀行がUAEとの送金に利用することを明らかにした。
05/19 (水)
中国の金融監視機関、金融機関等の仮想通貨扱い禁止を再度強調
中国国家インターネット金融協会など金融監視機関は仮想通貨投機活動への禁止方針を繰り返し声明した。
05/16 (日)
週刊仮想通貨ニュース|ソフトバンク孫会長がビットコインに言及で注目、テスラ社報道受け仮想通貨が下落
今週は、ソフトバンクグループの孫正義氏が仮想通貨投資について言及、記事に注目が集まった。市場では、テスラ社の報道などを受け全体が急落した。ほか、米マイクロストラテジー社がビットコインを追加購入など、一週間のニュースをまとめてお届けする。