リップル(XRP)|投資情報・リアルタイム価格チャート

XRP/JPY チャート

24H7D30D180DMAX

XRP 基礎情報

リップル(XRP)は「価値のインターネット」を目指す国際送金ソリューションで、アメリカに本拠地を置くリップル社が開発・運営しています。国際間送金、特に銀行間送金における速度と安さを追求している仮想通貨で、国際間の送金・両替におけるハブ的存在になることを目標に活動しています。すでに銀行間の送金に採用される実例があります。

XRP関連ニュース

04/16 (金)
仮想通貨取引所Huobiの「Huobi Eco Chain(Heco)」XRPとのクロスチェーン接続に成功
取引所フォビ(Huobi)が開発を主導するパブリックブロックチェーンのHuobi Eco Chain(HECO)は、リップル(XRP)のクロスチェーンがHECOチェーンに接続されたと発表した。
04/16 (金)
トルコ中央銀行、4月末より仮想通貨決済を全面禁止へ=報道
トルコの中央銀行は4月30日より、仮想通貨による決済を全面禁止する方針だ。FXStreetなどの海外メディアが報道した。
04/15 (木)
米SEC、Gensler氏が新長官に就任へ──上院の承認を受け
米証券取引委員会(SEC)の新長官として指名されたGary Gensler氏は米時間14日、上院における議場投票にて承認された。
04/14 (水)
マイアミのナイトクラブ、ビットコインやXRPなど仮想通貨決済を導入へ
仮想通貨先進都市を目指す米フロリダ州のマイアミ市で、とあるナイトクラブがビットコインなどの仮想通貨を決済手段として導入する予定だ。
04/14 (水)
ビットコイン約1ヶ月ぶりの新高値、全面高でXRPは一時200円台に
コインベース株NASDAQ上場目前で投資家の関心集まる中、仮想通貨市場ではビットコインが過去最高値を更新。XRP(リップル)は、好材料を背景に一時200円台まで高騰している。
04/14 (水)
リップル訴訟に関する国内外仮想通貨取引所・ファンドのXRP対応一覧
米証券取引委員会(SEC)のリップル社提訴を受け、XRPを取り扱う国内・国外仮想通貨取引所、ファンド、マーケットメイカーの対応をまとめた。
04/14 (水)
XRPの上場投資商品(ETP)、欧州の大手証券取引所に上場へ
英大手仮想通貨投資企業CoinSharesは、XRP(リップル)の上場投資商品(ETP)のローンチを発表した。スイスの証券取引所SIXに上場予定。
04/12 (月)
米仮想通貨投信大手グレースケールの運用資産額が5兆円を突破
仮想通貨に特化した投資運用会社最大手のグレースケール社の運用資産総額が461億ドル(約5兆580億円)に達したことがわかった。
04/12 (月)
ビットコインの強気継続を裏付けるデータに関心、最高値のバイナンスコイン(BNB)は高騰止まらず
先週末、過去最高値の61200ドルに迫る水準まで高騰した仮想通貨ビットコインを裏付けるオンチェーンデータを考察。アルト市場では、XRP(リップル)やバイナンスコイン(BNB)の高騰が続く。
04/12 (月)
仮想通貨XRP(リップル)でDeFi利用可能に、Wanchain導入によりエコシステム拡大へ
中国系の相互運用性プロジェクトWanchainが仮想通貨XRP(リップル)を導入する方針を発表した。DeFi活動において、仮想通貨XRPを活用できることになる。
04/10 (土)
米SECが提訴したリップル社裁判の進展と今後のスケジュールまとめ
【随時更新】仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐり、米SECがリップル社を提訴した裁判の行方について、これまでの経緯と今後のスケジュール、相場に影響する関連記事をまとめた。
04/10 (土)
リップル裁判に進展、裁判官がSECの一部要請を棄却
仮想通貨XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で、裁判官Sarah Netburn氏が米9日に、SECの一部の要請を認めない判断を下したことがわかった。
04/09 (金)
リップル社と豪上場企業が提携、RippleNetの新たな活用事例
豪決済企業のNovatti社が仮想通貨XRP(リップル)を活用するRippleNetの活用を開始したことを発表。オーストラリアからフィリピンへの高速送金が可能になった。
04/08 (木)
XRP(リップル)の分散型台帳に新たな開発ツール誕生──Pythonのライブラリ提供へ
仮想通貨XRP(リップル)の分散型台帳XRPレジャーについて、Pythonベースの開発ツールがローンチされたことが分かった。利用者が多いプログラミング言語のため、XRPレジャーの普及拡大が期待される。
04/07 (水)
XRP(リップル)高騰で3年ぶり水準の120円台、個別銘柄への資金流入強まる
米SEC訴訟で低迷していたXRP(リップル)が高騰、18年3月以来の120円台を記録した。裁判の進展など複数の材料がが好感された。仮想通貨の個別銘柄への資金流入が加速している。
04/07 (水)
リップル訴訟に進展、裁判官がSEC(米証券取引委員会)に証拠開示手続きを要求
仮想通貨XRPの有価証券問題をめぐる証拠開示手続きの裁判審議で、SEC側の主張に難色が示されるなど、リップル社に有利な進展が見られた。
04/06 (火)
仮想通貨の全体時価総額2兆ドルの大台に、ETHやXRPなどアルトシーズン再来で
仮想通貨市場の時価総額が2兆ドルの大台に達した。リップルが一時100円まで急騰したほか、PayPalのUSDC決済思惑でイーサリアムが高騰。アルトシーズンが再来している。
04/06 (火)
XRP(リップル)高騰、前日比+50%で一時100円台に 背景は?
仮想通貨XRP(リップル)が一時前日比+50%の102.9円台まで高騰。SECとの裁判が続く中、好感された材料とは?
04/05 (月)
XRP(リップル)高騰で2ヶ月ぶりに年初来高値更新、ビットコインは6万ドルの壁を超えられず
仮想通貨XRP(リップル)が一時前日比+17%の77円台まで高騰、2ヶ月ぶりに年初来高値を更新した。一方、ビットコインは6万ドル超えられず大幅下落している。
04/04 (日)
重要データからみる仮想通貨市場、DeFi総預入額は一時5兆円超に|CoinPost週次レポート
4月第1週の仮想通貨市場の動向をビットコインやイーサリアムのオンチェーンデータから紐解く。DeFi(分散型金融)の預入額の変遷やマイナー(採掘業者)の収益率も分析。