Bitcoin [ビットコイン] BTC

09/01 (火)
米内国歳入庁、仮想通貨に係る新たな課税対象を公表
米内国歳入庁(IRS)が最新の行政文書(覚書)で、新たな仮想通貨課税対象を公表したことがわかった。1ドル以下の小額の報酬の受領など小額決済も、対象になると明確にした。
09/01 (火)
金融庁、令和2年度の金融行政方針を発表 仮想通貨(暗号資産)・ブロックチェーンにも言及
日本の金融庁が「金融行政方針」を発表。令和2事務年度の金融行政における重点課題に対し、どのような方針で取り組んでいくかを説明する中で、仮想通貨やブロックチェーンにも言及した。
09/01 (火)
北朝鮮ハッカー関連のビットコインが移動 米司法省が追う口座で
「Whale Alert」の投稿によると、北朝鮮のハッカーが所有するとされる仮想通貨アカウントから、12BTCが移動していた。これらの資金は米司法省が差押えの目的で目をつけている。
08/31 (月)
機関投資家がビットコイン先物ショート手仕舞い、暴騰のネムは一服、イーサリアムなど好材料に買い集まる
ビットコインCME先物ポジションで、機関投資家がショートポジションの大部分をクローズした。週末に暴騰したネム(XEM)が上昇一服した一方、イーサリアムが強く反発するなど、好材料を控えた銘柄に買いが集まりやすい地合いにある。
08/30 (日)
仮想通貨ネムの新通貨受取り表明日程、SBI FXの暗号資産CFDの取扱い予定|週間・仮想通貨重要ニュース
ネム保有者の新通貨XYMの受取り表明、SBI FXトレード株式会社の暗号資産CFDの取扱い予定などの重要なニュースを網羅。ジャクソンホール会議のパウエルFRB議長の講演や、過去最大規模のビットコインオプション満期日など重要な材料が投資家に注目された。
08/30 (日)
「BTCは金相場の荒い値動きに翻弄される」今週のbitbankビットコイン市況|金融市場の週間騰落率
今週の相場の動きは 株や貴金属を含めた各相場の週間・月間・年初来騰落率、CoinPostアプリ「クリプト指標」の最新情報、仮想通貨取引所bitbankアナリストによる週間ビット…
08/29 (土)
仮想通貨の技術的観点からみた、ビットコインの将来性と課題点
2020年に半減期を迎えたばかりの仮想通貨ビットコイン。技術的観点からみた優れている点と解決すべき問題点、今後の将来性について詳しく解説。
08/29 (土)
サトシの理念は今も受け継がれているのか? 金融庁長官 氷見野良三氏のスピーチ全文
新たに金融庁の長官に就任した氷見野良三氏が日本経済新聞社と金融庁主催のBG2Cに登壇し、「サトシ・ナカモト」の理念の意義について見解を披露した。「信頼」というテーマを深く語った。
08/29 (土)
ビットコイントレード初心者講座|ローソク足の基本「ピンバー」とは?
ビットコインなど仮想通貨相場のトレンド転換点を示唆するローソク足の「ピンバー」について、金融のプロが初心者にもわかりやすく図解する。
08/29 (土)
「報酬額は1億円相当のビットコイン」電気自動車大手「テスラ」へのハッキング未遂事件
大手自動車メーカー「テスラ」にハッキングの試みがあったことが判明。犯人は1億円相当のビットコインを従業員に支払い、代わりに同社システムへの侵入幇助を行うよう交渉していた。
08/29 (土)
ビットコイン価格は45倍に ウィンクルボス兄弟が見る優位性とは
米仮想通貨取引所Geminiを運営するウィンクルボス兄弟が、ビットコインの価格が長期的に50万ドル(約5200万円)に達する可能性があるとの見解を示した。他資産の問題点やその根拠を説明している。
08/28 (金)
国内初のFX専業会社参入、SBI FXトレードが暗号資産CFD取引サービス開始
国内初となるFX専業会社の暗号資産CFD取引サービス参入が発表された。SBI FXトレードは31日よりビットコイン、XRP(リップル)、イーサリアムの3種類のCFD取引を開始する。対円銘柄のほか、金融商品取引業者では初となる対米ドル(USD)銘柄の取扱いがある。
08/28 (金)
「アフリカの仮想通貨市場拡大へ」ナイジェリア取引所、大手ベンチャーキャピタルから資金調達
アフリカのナイジェリアを本拠地とする仮想通貨取引所Yellow Cardがa16zやPolychainなどから計150万ドルを調達した。アフリカでの仮想通貨市場拡大を見据えニーズに応える事業方針だ。
08/28 (金)
米NY証券取引所親会社設立のBakkt、ビットコイン先物取引量が過去最高記録
ジャクソンホール会議のパウエル議長発言は、ゴールドとビットコイン相場が乱高下するなど大きな影響を与えた。米ニューヨーク証券取引所の親会社が設立したBakktでは、ビットコイン先物取引量が過去最高を記録したことがわかった。
08/28 (金)
米司法省、北朝鮮ハッカーの仮想通貨口座を差押える意向
米司法省が、北朝鮮のハッカーが所有する仮想通貨アカウントの差し押えを行うため、訴訟を起こしたと発表。高度なマネロン技術を用いても、法執行機関は追跡できると強調している。
08/28 (金)
活況な仮想通貨デリバティブ市場、支えるのは「アジア系取引所」=スイスVC報告
スイスにあるブロックチェーンベンチャーキャピタルが最新の調査レポートで、95%以上の仮想通貨先物出来高はアジア系取引所に由来すると報告した。また、今後取引所間での買収案件が増えると予測した。
08/28 (金)
ビットコイン投信手掛けるGrayscaleの親会社、包括的なマイニング事業を展開へ
米最大手仮想通貨(暗号資産)投資ファンド「グレースケール」の親企業で、業界屈指の持株会社であるデジタルカレンシーグループ(DCG)が、包括的なマイニング事業の展開を開始する。
08/27 (木)
「3倍のビットコイン採掘速度へ」米ナスダック上場企業、最新型マイニングマシンを大量追加
米国のナスダックの上場企業Riot Blockchainがビットコインなどを対象とした採掘機器S19 Proマシンをさらに5100台追加購入すると発表した。ハッシュレートが3倍になる見通しだ。
08/27 (木)
過去最大規模のビットコインオプション満期日を明日控え相場急変動に警戒感、イーサリアム相関は再上昇
仮想通貨市場では、28日(金)に過去最大級となる約62,000BTC(約7億ドル)のオプションが満期日を迎えるため、ボラティリティの急上昇が警戒されている。
08/27 (木)
韓国ナンバー3の仮想通貨取引所に家宅捜索 出来高の99%を水増しか
ソウル地方警察庁が、仮想通貨取引の出来高を水増ししたとして、韓国の取引所Coinbitを捜査していることが分かった。Coinbitは韓国で3番目に規模の大きい取引所だ。